大阪市阿倍野区

阿倍野再開発地区 (2)

阿倍野再開発地区で建設された主要な施設をさらっと紹介していこう。 阿倍野再開発事業の最初の目玉となった「あべのベルタ」。昭和62年(1987年)に完成。 地上2階、地下2階部分が商業施設として、各種テナントが入っていて、付近の住民の...
大阪市阿倍野区

阿倍野再開発地区 (1)

古くから、南大阪・奈良・和歌山から大阪都心への鉄道アクセスの拠点となっていた、天王寺駅・あべの橋駅周辺。多くの河内人・泉州人・奈良人・はたまた紀州人が往来する、大阪の南の玄関口である。 その天王寺駅の南西側に広がる「金塚地区」一帯(...
大阪市北区

新梅田シティ・梅田スカイビル

大阪駅から北西方面を見ると、変わった形の超高層ビルが建っているのが目に入るだろう。上の部分が繋がっているツインタワー。 「梅田スカイビル」、屋上には展望台、地下には飲食街、ビルの前の広場はいつも何か催し物が行われていてなかなか面白い場所な...
大阪市北区

梅田ホームレス事情

大阪最大のターミナル駅梅田。一日の乗降客数は85万人とも100万人近いとも言われる、大都会の大動脈、と呼べるべき街だが、そこはまた、住む家を失った路上生活者のターミナル駅でもある。 普段この街を歩き、日常の暮らしの中で無意識に目に入る彼ら...
大阪府

石切ミステリー・阪本昌胤 (2)

石切大天狗の横にある一角には、やはり何を思って置いたのかよくわからない怪しげな石碑が置かれていて「個人の生命は短く民族の歴史は永い」とか書かれている。 旧和歌山藩士、勲五等正六位、四世阪本昌胤。石切参道でこれ見よがしに自己顕示欲の限りを...
大阪府

石切ミステリー・阪本昌胤

ところで、石切参道内を巡っていて、何よりも"怪しい石切ワールド"の電波を発信していた存在が、占いの館でももぐさの店でも健康食品の店でもなく、「阪本昌胤」という人物名がキーワードの、謎の物件の数々である。
大阪府

よもぎ料理大和屋のよもぎうどん

関西スピリチュアルミステリースポット「石切」のグルメと言えばここ。 よもぎ料理で有名な大和屋は、テレビで紹介されてます!と店の表に自慢たらしく書かれているように、石切参道商店街に古くから店を構えている名店だ。
大阪府

石切神社と参道商店街

石切神社と言えば、見逃すことができないのが、神社へ続く参道の商店街である。そこはまさに、関西スピリチュアルの聖地(笑) のっけから「ようこそ石切さんへ」とお出迎えの言葉が書かれた門が置かれていて風情を漂わせる。石切参道商店街である。...
大阪府

石切神社上之宮

生駒山の麓に広がるまるごと宗教タウン、石切。 その信仰拠点である「石切劔箭神社」からさらに山を登っていくと、石切神社の上之宮があるのはご存知だろうか。 ミステリーゾーン石切マニアなら、是非ともこちらも行っておいた方が良い。少しだけ案内するこ...
大阪府

石切夢観音

関西スピリチュアルの殿堂(笑)東大阪市・石切特集。「でんぼの神様」でお馴染み、石切神社が建立した謎の「夢観音堂」へ参拝しました。毎月1日と毎週日曜日しか開いていないレア営業。お越しの際はご注意を。
タイトルとURLをコピーしました