廃墟一覧

【尼崎市】アマの北の外れ、武庫之荘八丁目に取り残された昭和のマーケット「尼宝市場」

尼崎市北西部に位置する街「武庫之荘」を南北に貫き、尼崎市内と宝塚市を結ぶ兵庫県道42号「尼宝線」沿いに廃墟寸前状態になっている市場が存在すると聞いて現地を訪れた。

記事を読む

【鉄ヲタ歓喜】鶴見区の激寂れ商店街「横堤本通り商店会」と団地の前の駅名標コレクション

1990年に開通した大阪市営地下鉄七番目の路線「長堀鶴見緑地線」、その終着駅である門真南駅の近くには日曜限定の中国人朝市やかつての中国残留孤児の子孫が多く暮らす門真団地なんかもあって香ばしいエリアなのだが、その途中にある鶴見区の「横堤」とい...

記事を読む

大阪市が税金126億円を投じた巨大温泉施設がまるごと廃墟に!東住吉区矢田「ラスパOSAKA」が酷すぎる

大阪市と言えば全国屈指の生活保護率の高さに加え、かつての放漫行政で莫大な税金を投じた上でのハコモノ乱開発、職員厚遇問題、度重なる同和行政の不祥事といった「負の遺産」を数多く抱える自治体でもあり、その爪痕が今も市内各所に誰も見向きもされないま...

記事を読む

【近鉄南大阪線】南河内の香り漂う大阪市最南端の下町・東住吉区「矢田」を歩く

梅田・難波に次ぐ大阪第三のターミナル駅「天王寺」の一角を成す大阪阿部野橋駅を始発駅とし、大阪府南東部・南河内地域や奈良の橿原や吉野地方を結ぶ「近鉄南大阪線」はどこかしらマイナー感ドギツく、沿線住民でもなければあまり乗る機会もない路線の一つで...

記事を読む

神戸有馬街道の隠れ里・兵庫区平野町天王谷筋西服「砂防ダム際集落」を見る

関西には他地方の人間が想像の及ばないような生活環境で暮らしている人々の「集落」がいくつもある。京都府亀岡市の限界ニュータウン「茨木台」だってその一例だし、京都市北区衣笠開キ町の「砂防ダム内集落」もそうだ。しかし、そんなエクストリームな住環境...

記事を読む

忘れ去られた神戸の下町!兵庫区「平野商店街」とその周辺の激渋っぷりは異常

「B面の神戸」などと称される神戸の下町、新開地が属する「神戸市兵庫区」や隣の長田区界隈には神戸という街が常々他地域の人間に先入観を抱かれている「オシャレな街」といったイメージを根底から覆す下町庶民文化がゴロゴロと転がっている。しかし今回お伝...

記事を読む

大阪の玄関口「新大阪駅」の目の前なのに寂れた団地と廃墟がいつまでも放置されている「日之出地区」について

毎日大勢の旅行者や出張族、または帰省客などで混雑する大阪市の玄関口「新大阪駅」。最近では首都圏のJR東日本に追いつけ追い越せとばかりに「エキナカ事業」が充実してきて、駅構内が一つの街であるかのような「発展」を見せている。東海道新幹線開業時か...

記事を読む

これはリアル和歌山ブルースか!和歌山市に残る末期的状態の赤線地帯「天王新地」を往く

戦前の遊郭の流れを汲み平成の世に生き続ける関西独特の「新地」、とりわけ大阪の飛田や松島は有名どころだが、関西の陸の孤島と言われる紀州和歌山にも天王新地という場所がある。ここも戦前から存在していたのは間違いなく、現在では殆どが廃業しつつもまだ...

記事を読む

近鉄布施駅前に残る廃墟と化した私娼窟「寿三郎横町」があまりに壮絶でした

東大阪市の布施という場所は、昭和42(1967)年に合併して東大阪市になる前は「布施市」という単独の市でもあり、その街の中心が近鉄布施駅周辺という事になる。この界隈は近鉄鶴橋駅からたったの二駅という大阪市からの地理関係の近さもあってほぼ大阪...

記事を読む

和歌山・雑賀崎の生ける廃墟ホテル「七津別館 七洋園」に泊まったら想像以上の昭和空間だった

和歌山県の観光と聞いて今時では何を思い浮かべるかというと、南紀白浜、那智勝浦といった県の南側ばかりで、それはやはり南紀白浜空港の存在に依る所も大きいのだろう。鉄道は依然として在来線しかなく関西の他の都市からも離れた地理上、やはり和歌山県自体...

記事を読む

明石市の西端・土山にプチ九龍城砦状態のズタボロ飲食街ビルを発見!

明石市と言えば現地では玉子焼きと呼ばれる明石焼きだったり、日本の標準時子午線が通る街だの明石海峡大橋(厳密には神戸市垂水区にある)だの、それから原付ユーザーにとっては復活が望まれるたこフェリー(明石淡路フェリー)だのが有名な街だが、明石市単...

記事を読む

廃墟化して崩落の危険で大迷惑!非常に有難くない淡路島の「世界平和大観音」とは

兵庫県の離島「淡路島」…大阪湾を隔てて神戸市や大阪市とも接する、この関西を代表する離島は明石海峡大橋の開通以降、阪神地域から日帰り旅行が出来るレジャー観光の島になった。ところがどっこい、この島には廃墟と化したまま気の毒な姿を晒した日本屈指の...

記事を読む

ボロボロの橋脚、公団住宅を貫く駅舎!これぞ昭和遺産!「姫路モノレール」軌道跡を歩く

兵庫県播磨地方の中心都市である姫路市に、半世紀近くも前にモノレールが走っていて、未だに橋脚などが残されている…まあ有名っちゃ有名な「姫路市営モノレール」の存在なんですが、今までまともに見に行った事が無かったので、無くなる前にせめて見れればと...

記事を読む

忘れ去られた幻のフェリー乗り場…「弁天埠頭ターミナルビル」の置き去り放置プレイ状態が凄まじい件

全国各地、フェリーの定期航路が次々廃止されていく世知辛い世の中だが、大阪には現在も南港のフェリーターミナルを発着する定期便があり、飛行機や新幹線が大手を振るっている中、未だに多くの利用者がいる。しかし一方で定期航路が全て廃止されてしまったま...

記事を読む

大阪から一番近い無人島…旧陸軍要塞と廃墟旅館の島「友ヶ島」上陸記

近年、軍艦島クルーズだとか何だとか、廃墟離島観光が一部世間の脚光を浴びているようで、長崎の軍艦島もそうなんだけど、関東では横須賀沖にある猿島とか、観光客向けに随分整備されて綺麗になって、ボキャブラリーの貧困なニワカ廃墟系女子なんかがキャッキ...

記事を読む

ボロボロのアーケード、レトロ喫茶の残骸、もはや絶滅寸前か…出屋敷中通り商店街

兵庫県尼崎市…大阪市に隣接し、阪神工業地帯の一角を成していながらもそこは大阪府ではない隣の県の都市…この尼崎と言えば最近はめっきり角田美代子のイメージばかりになってしまっている訳ですが、たまには他の話のネタもないものかと考えていたんですがね...

記事を読む

大阪ミナミ「千日前一丁目」の如何わし過ぎる路地裏と壮絶廃墟横丁

大阪ミナミ千日前の繁華街、まあ本当に色んな店が密集しまくってますが、とりわけ今回は千日前通から北側の「大阪市中央区千日前一丁目」に的を絞ってこのへんの路地裏を探検してみようかなという趣旨です。

記事を読む

尼崎連続不審死事件の主犯格「角田美代子」の生い立ちと若かりし頃の痕跡を訪ねる

二十数年間もの長い間、出会った人々を相手に巧みに人心を支配し己のマインドコントロール下に置き、複数の家族の人生を意のままに操っては収奪しては壊し、少なくとも10人以上の人物を死に至らしめた戦後日本屈指の凶悪犯罪「尼崎連続不審死事件」の主犯格...

記事を読む

NO IMAGE

阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (9) 渋すぎるホテル群

駅前から淀川通りを越えて南側、淀川沿いの一帯は...まあなんというかここもアレですね。いささか年代物のホテルが密集していて味わい深い一画である。国道176号線(十三筋)を挟んだ両側がこんな状態になってる。ちなみに橋下徹大阪市長の出身校であ...

記事を読む

NO IMAGE

湖東随一の遊郭跡・八日市「延命新地」と商店街を歩く (5)

滋賀県湖東地方における主要都市の一つである八日市、その街中に残る延命新地という元遊郭地。時代に取り残され徐々に廃墟化が進む色街、一方で街で独り勝ちの料亭「招福楼」は日本料理店としてのブランドを築き上げたという二極化現象...それが延命新地の...

記事を読む

トップへ戻る