外国人に属する記事の一覧

【京都市】中国残留孤児が寄り添う「向島ニュータウン」のチャイナ団地っぷりを見る

京都市の最南端、宇治市との境に広がる巨椋池(二の丸池)の広大な干拓地を開発して生まれた「向島ニュータウン」。1999年にあった「てるく...

記事を読む

【ダークサイド堺】南大阪最大のネオン街も今は廃れて…「翁橋町」の昭和でアウトローな街並み

人口約83万人、大阪府第二の政令指定都市に昇格したにも関わらず、古墳とサカイ引越センターの本社があること以外は特に存在感のない街「堺市...

記事を読む

【東大阪市】既にチャイナ団地化が始まっていた「鴻池新田の府営住宅」を見物する

大阪市の東隣、中小零細企業の町工場がひしめき合う街「東大阪市」の最も北西部に位置する街、JR学研都市線(片町線)「鴻池新田」…このマイナ...

記事を読む

河内のリトルサイゴンと化す街・八尾市のベトナム人集住地域「安中地区」について

大阪府八尾市にはかつてインドシナ難民として日本に流れ着いたベトナム人とその子孫がおよそ千人近く住んでいる、関西屈指のベトナム人コミュニテ...

記事を読む

【西成区】ドヤ街からバックパッカーの街に変貌を遂げる「釜ヶ崎」のいま

日本最大級のドヤ街であり、日本全国から住所不定者・流れ者・お尋ね者が流れ着く特殊地域「あいりん地区」こと釜ヶ崎エリア。地下鉄御堂筋線動物...

記事を読む

関西にもあった!「姫路市のベトナム難民コミュニティ」を訪ねる

1975年のサイゴン陥落以後、それまで20年もの長きに渡って続き泥沼状態にあった「ベトナム戦争」の最中、ボートピープルとも呼ばれた、小舟...

記事を読む

外国人観光客が殺到するドヤ街釜ヶ崎のすぐ隣、民泊から変死体が発見される街「西成区花園北」を歩く

大阪市西成区に所在するドヤ街「釜ヶ崎」、行政的には「あいりん地区」とも呼ばれている簡易宿泊所が密集するこの一帯は概ねJR線、地下鉄堺筋線...

記事を読む

【ニシヨドスタン】大阪市西淀川区「千船」に濃厚ムスリムコミュニティが爆誕していた件【大阪マスジド】

日本の多国籍化が止まらなくなって久しいが、首都圏に遅れて日本第二の巨大な都市圏を抱える関西でもその傾向は顕著なものとなりつつある。我々は...

記事を読む

高級住宅街・芦屋のすぐ隣に南米タウンが!神戸市東灘区「深江」を歩く

関西の数ある街の中で「住みたい街ランキング」の上位に登場する神戸市東灘区の阪急神戸線岡本駅や、関西屈指の高級住宅街の代名詞となっている「...

記事を読む

【アイヤー!】大阪・日本橋が新興チャイナタウン化している件【日本橋改め中国橋】

中国やら韓国、それに東南アジア諸国からやってきた外国人観光客に人気ナンバーワンとなっている大阪・ミナミの繁華街。インバウンド効果でウハウ...

記事を読む

【インバウンド効果】天下の台所・大阪名物「黒門市場」がアジア系外国人観光客だらけになっている件

日本国内、2020年開催の東京五輪に向けて外国人観光客の誘致に余念がない昨今で、近年はどこの地方都市に行っても外国人観光客の姿を見かける...

記事を読む

【門真市】中国残留孤児の子孫が多く住む関西屈指のチャイナ団地「門真団地」を歩く

大阪市鶴見区の中央環状線沿いに毎週日曜日に店を構える「謎の中国人朝市」についてはかなり前に当サイトでレポートをしている。当初は路上を不法...

記事を読む

コテコテの大阪を体現するテッパン観光地「道頓堀商店街」 (2007年)

大阪の代表的な「観光地」になってしまっている、道頓堀商店街。あまりにベタすぎる場所なので今更このページで紹介するのもなんだが、一応はやっ...

記事を読む

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.