【もうすぐ見納め!】神戸市の外れにある街・垂水駅前商店街と超絶レトロ空間「垂水廉売市場」を見物する

神戸市

兵庫県の阪神地域から姫路までの都市部に掛けて、特に下町エリアなんかに結構な割合で残っている昭和風情満載の「市場」の数々。とりわけ目立って多いのが工業地帯の尼崎市なのだが、神戸市内でも兵庫区・長田区だとかでも多く存在していて、以前紹介した「名倉市場」のような廃墟寸前の物件まであって、なかなか奥深いんですけれども…

そこで今回やってきたのが神戸市内の鉄道沿線では最も西側に位置している垂水区の中心市街地「垂水」駅前である。ここにも「垂水廉売市場」という、それはそれは老舗もいいところの超絶レトロ市場がございまして、再開発のために近いうちに閉鎖されると言われているところだ。ここ、大阪からだとちょっと遠いながらも気になってしょうがなかったので、街の様子を見にきたわけだが…

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

タイトルとURLをコピーしました