商店街に属する記事の一覧

NO IMAGE

阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (1) トミータウン

梅田から淀川を挟んで目と鼻の先にある「十三」。ここは阪急電車の主要路線である神戸線・宝塚線・京都線の三線が一同に集うターミナル駅「十三駅...

記事を読む

韓流バブルで観光地化が進む鶴橋コリアタウン観察・2013年版 

数年ぶりに訪れた大阪のコリアタウン鶴橋。思えば我々DEEP案内取材班の街歩きの原点ともなった場所である。戦後の闇市時代から残る駅前の濃密...

記事を読む

阪急十三駅前の著作権違反ストリート・波平通りから「鉄わん波平」が消えてしまった件

大阪の十三(じゅうそう)という街は阪急梅田駅から電車ですぐの位置にある下町であり歓楽街。神戸線、宝塚線、京都線と阪急の主要三路線が3つに...

記事を読む

野田阪神新橋筋商店街と戦後のドサクサ横丁「地獄谷」 

大阪には「野田阪神」という地名があり地元民には何の違和感もなく使われている訳であるがそれは阪神電車本線の野田駅前の事を指している。阪神野...

記事を読む

梅田のすぐ隣、福島駅前!売れても占い商店街「福島聖天通」とその界隈 

今回訪れたのはJR大阪駅(梅田)の隣にある「福島駅」。東北新幹線に乗らなくても大阪環状線でたったの一駅で辿り着ける福島である。昔も今も大...

記事を読む

NO IMAGE

湖東随一の遊郭跡・八日市「延命新地」と商店街を歩く (2)

西武グループ堤一族を生んだ近江商人のふるさと滋賀県湖東地方の中心都市・八日市にやってきた我々取材班。延命新地遊郭跡を見に来たつもりが隣の...

記事を読む

NO IMAGE

湖東随一の遊郭跡・八日市「延命新地」と商店街を歩く (1)

滋賀県に八日市という街がある。ただでさえ三重の四日市や千葉の八日市場と間違えそうになるわ「どこそれ?」扱いされそうなマイナーな場所なのだ...

記事を読む

絶滅寸前ほぼ廃墟マーケット「黄檗新生市場」

京都府宇治市と言えば「ウトロ」しか頭に浮かんでこない大阪DEEP案内取材班です。今回やってきたのは京阪宇治線の黄檗駅。お寺巡りが好きな方...

記事を読む

酒処女どころ・伏見区「中書島」の遊郭跡を訪ねる 

京都伏見の中書島というのは秀吉が建てた伏見桃山城の城下町で、坂本龍馬が襲撃された「寺田屋事件」の舞台、それに月桂冠、黄桜といった清酒メー...

記事を読む

【豊中市】庄内ウエスト商店街の中にある激寂れ市場「庄内センター通り」

まだまだしぶとく庄内界隈を歩き回る大阪DEEP案内取材班。無駄にレポートが長くなったがお付き合いくださいませ。最後は再び庄内駅西口のウエ...

記事を読む

【豊中市】阪急庄内駅の目の前「庄内駅前東商店街」にあった昭和の色街の痕跡

阪急宝塚線庄内駅の周辺は意外にも繁華街めいた一画が残っていたりして昼夜問わず人の姿が多く賑わっている。狭い道路に通り掛かる人波、そして自...

記事を読む

【豊中市】阪急宝塚線のB面・楽しくてしょうないド下町「庄内WEST商店街」とその周辺

大阪梅田を起点に宝塚まで伸びる阪急宝塚線。戦前から阪急の沿線開発で高級住宅街が郊外に作られ、宝塚歌劇団のイメージもあって「セレブ路線」と...

記事を読む

尼のリトル奄美・尼崎市「杭瀬」の市場と商店街を歩く

阪神杭瀬駅から国道2号を跨いで北側に出ると結構な規模の商店街が広がっている。工業都市尼崎の中でもとりわけ鹿児島・奄美出身者が多い杭瀬の街...

記事を読む

NO IMAGE

滋賀県の県庁所在地・大津市浜大津界隈

長い夏休み期間中、ネット上では大津市のいじめ自殺報道がらみで随分騒がしくなっておりますが我々はそんな渦中の大津市を訪れていた。中学校や加...

記事を読む

【アッー!】大阪市内きっての超有名観光地「新世界」がものすごく発展している件

今回は初心に帰って大阪のアンテナ的存在でベタな観光地となってしまった新世界界隈をもう一度ぶらぶらしてみる事にした。

記事を読む

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.