レトロ一覧

NO IMAGE

湖東随一の遊郭跡・八日市「延命新地」と商店街を歩く (2)

西武グループ堤一族を生んだ近江商人のふるさと滋賀県湖東地方の中心都市・八日市にやってきた我々取材班。延命新地遊郭跡を見に来たつもりが隣の寂れた商店街が気になってしょうがない。 遊郭跡は後の楽しみに取っておいて、もう少しの間商店街をうろつい...

記事を読む

NO IMAGE

湖東随一の遊郭跡・八日市「延命新地」と商店街を歩く (1)

滋賀県に八日市という街がある。ただでさえ三重の四日市や千葉の八日市場と間違えそうになるわ「どこそれ?」扱いされそうなマイナーな場所なのだが、現在は市町村合併で「東近江市」という聞き慣れない市名に変わっていて、延命新地という遊郭があり、昔はそ...

記事を読む

NO IMAGE

草津駅前の地下に昭和30年代アリ「ばんから横丁」

JR草津駅東口は人口急増を続ける草津市の玄関口としてそれなりの体裁の駅前風景が広がっている。近鉄百貨店まであったりするのがご立派なのだが、百貨店の向かいに「エルティ932(草津を語呂合わせにした数字 笑)」なる市の第三セクターが運営する複合...

記事を読む

NO IMAGE

和歌山ぶらくり丁商店街 (2) 北ぶらくり丁

和歌山を代表する一大繁華街「ぶらくり丁」界隈を歩き回る事にした取材班だが、商店街の余りの寂れっぷりに涙が止まらない。 ぶらくり丁アーケードの北側に並行する「北ぶらくり丁」のアーケードに入ってみる。 それにしても、ネイティブ和歌山人が知り合...

記事を読む

NO IMAGE

天王寺レトロ最後の聖域「天王寺駅前阪和商店街」 (2)

「あべの銀座商店街」が消えてしまった今、天王寺駅前に唯一残る昭和の残滓「阪和商店街」の内部を引き続き散策する。 谷町筋方面から入ると南北二本のアーケード街が50メートル程並行している。現役の店はすべからく居酒屋ばかりだが、本来は菓子問屋や...

記事を読む

NO IMAGE

天王寺レトロ最後の聖域「天王寺駅前阪和商店街」 (1)

阿倍野再開発事業で誕生するショッピングモール、そして近鉄の超高層ビル計画、そして次々と街から追い出されるホームレスと売春婦。急速に街が漂白されていく感のある大阪第三のターミナル「天王寺」。 天王寺駅北口に降り立つ。もはや昭和の残滓は殆ど消...

記事を読む

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (4) レトロ長屋住宅

千林商店街のアーケードを外れ、再度トポス跡のパチンコ屋まで戻ってきた。 このパチンコ屋の周辺も戦災を受けていないエリアなので戦前から残る家屋が多く、見応えのある街並みが随所に残る。 パチンコ屋の建物をぐるりと北側に回り込むと同じくパチ屋の...

記事を読む

NO IMAGE

梅田の隣「中津」 (4) 中津商店街

梅田の隣にありながら発展とは程遠い存在にある中津の街。阪急中津駅の北側、中津三丁目の界隈は奇跡的に空襲を受けずに済んだ古い下町が残っている。 街の真ん中を南北に貫く「中津商店街」。かなり間口も狭く、うっかりすると通り過ごしてしまいそうな存...

記事を読む

”自由の学風”で中核派の根城になってます!これが関西の最高学府「京都大学」です!

京都と言えば関西随一の文教都市である。その中でも関西きっての最高学府である「京都大学」の存在は誰もが知るところだ。日本において東京大学に次いで二番目に創設された国立大学である。

記事を読む

関西のサブカル宮殿と化した大阪ミナミの魔窟・千日前「味園ビル」

大阪ミナミへ来るとどうしても道頓堀や吉本に目が行ってしまいがちであるが、ミナミの歓楽街でもはや忘れ去られてしまったかのような佇まいを見せるビルがある。かつてはミナミを代表するナイトスポットだった「レジャービル味園」である。

記事を読む

NO IMAGE

下町遺産・西天下茶屋 (3) お好み焼き

下町遺産「西天下茶屋」の栄枯盛衰...路地裏には廃屋、シャッターが閉まったままの店舗、道行く老人と介護施設ばかりが目立つオールドタウン。ふと入ったお好み焼き屋でマナカナに出くわす。朝の連ドラ「ふたりっ子」の街。

記事を読む

NO IMAGE

下町遺産・西天下茶屋 (2) 超レトロ商店街

日本屈指の下町「西天下茶屋」の商店街。昭和のど真ん中を生き抜いた街がそのままの姿で残っている。商店の廃墟、錆付いたシャッター、創業七十四年の謎の喫茶店、英語の綴りがおかしいたこ焼き屋...下町世界遺産の全てを堪能してくれ。

記事を読む

NO IMAGE

下町遺産・西天下茶屋 (1) ふたりっ子

釜ヶ崎ばかりが西成ではない。大阪市西成区は日本屈指の下町遺産ゾーン。忘れ去られたかのような南海汐見橋線の電車に揺られて降りたのはNHK朝ドラのロケ地にもなったレトロな下町。西天下茶屋の魅力を写真多めでお伝えします。

記事を読む

これぞ日本の朝鮮!大阪を代表するコリアタウン「鶴橋商店街」の闇市っぷりをご覧下さい 

日本最大のコリアタウン、日本の朝鮮「大阪市生野区」。鶴橋商店街を徹底レポート。駅の改札を降りるとそこがもう韓国。キムチと焼肉の香りが一年中漂っている、戦後の闇市を今の時代に残す場所。

記事を読む

トップへ戻る