アーケード街

豊中市

【豊中市】阪急宝塚線のB面・楽しくてしょうないド下町「庄内WEST商店街」とその周辺

大阪梅田を起点に宝塚まで伸びる阪急宝塚線。戦前から阪急の沿線開発で高級住宅街が郊外に作られ、宝塚歌劇団のイメージもあって「セレブ路線」として扱われる事も多い路線なのだが大阪に近い側はおしなべて貧民街揃いで、豊中市の南部あたりもその傾向は変わ...
尼崎市

尼のリトル奄美・尼崎市「杭瀬」の市場と商店街を歩く

阪神杭瀬駅から国道2号を跨いで北側に出ると結構な規模の商店街が広がっている。工業都市尼崎の中でもとりわけ鹿児島・奄美出身者が多い杭瀬の街は「リトル奄美」と呼ばれているらしく、商店街にはそれらの地方の特産品を売る店舗も多い。
和歌山市

【和歌山市】昭和の時代は娯楽の街だった…寂れたアーケード街「東ぶらくり丁」とその周辺(2011年)

JR和歌山駅と南海和歌山市駅の中間地点に存在する、県庁所在地和歌山市の中心市街地「ぶらくり丁」の寂れ具合が半端ない件だが、その中でも最も東側に位置する「東ぶらくり丁」界隈はかつて和歌山における新世界もしくは浅草に位置付けられる歓楽街的要素の...
大阪市天王寺区

天王寺駅前・昭和レトロ最後の聖域「天王寺駅前阪和商店街」

阿倍野再開発事業で誕生するショッピングモール、そして近鉄の超高層ビル計画、そして次々と街から追い出されるホームレス。急速に街が漂白されていく感のある大阪第三のターミナル「天王寺」。
大阪市旭区

大阪下町の台所「千林商店街」 (3) 今市商店街

スーパー「ダイエー」創業の地、千林。 安売り王と呼ばれた男・中内功氏の伝説の地も、いまやパチンコ屋がデーンと建っているというお粗末な状況に堕しているのが平成日本における千林商店街の現状。 そのパチンコ屋の正面から今市商店街というもう一つの...
大阪市旭区

大阪下町の台所「千林商店街」 (1) 一十百千せんばやし

京阪電車の千林駅で降りる。そこは大阪市旭区と守口市の境目にあり、大阪屈指の巨大商店街「千林商店街」が目の前に広がる素の下町ゾーン。 各駅停車しか止まらない千林駅。久しぶりに来てみたら駅の看板やら電車やらが全てリニューアルされてしまい京阪電...
天理市

天理教教会本部・宗教都市「天理」巡礼 (5)

天理駅から天理教教会本部までを結ぶ全長約1キロのアーケード商店街「天理本通商店街」に沿って天理駅方向に歩いて行く。 天理本通の中でも天理教教会本部に近い三島町側は名称が三島本通り商店街になるようだ。いささか活気に欠ける気がしないでもないが...
大阪市北区

梅田のすぐ隣にある濃厚下町アーケード「天五中崎通商店街」(2007年)

梅田から谷町線に乗ってたったのひと駅の「中崎町」をご存知だろうか。梅田にかなり近いのに、戦災を免れたために今でも古い長屋が多く残っていて、大都会に隣接するレトロな下町という特徴が若者を中心にウケていて、最近になって、再開発の進む茶屋町方面か...
大阪市北区

天神橋筋商店街

「くらしの今昔館」から見える、果てしなく続く商店街のアーケード。 南北2.6キロに連なる「天神橋筋商店街」は日本一長い商店街である。 そんな商店街のごく一部を紹介しよう。
大阪市浪速区

大阪新世界のコテコテアーケード街「ジャンジャン横丁・南陽通商店街」(2007年)

新世界の南東部、アーケードのついた横幅2.5メートルの細い道に飲食店や将棋クラブや麻雀クラブがひしめきあう「ジャンジャン横丁」(南陽通商店街)。観光地化強まる新世界においてなお、労働者庶民の下町の色彩が色濃く残るエリアである。
タイトルとURLをコピーしました