【生ける廃墟】宅見組組長射殺事件の舞台…「新神戸オリエンタルシティ」の現在がエグすぎる【ダイエー遺産】

今回やって参りましたのは「新神戸」…ここは神戸市における唯一の新幹線駅がある、街の玄関口。三宮から市営地下鉄で一駅ぶん離れた場所にあり、特に新幹線で神戸に来ることもなければそうそう訪れる機会もないし、新快速で三宮まですぐ来られる関西圏の人間であれば尚更ここへ来るような用事も思い浮かばない。

しかしこの新神戸駅前には、かつてヤクザの抗争で白昼堂々銃撃事件が発生し、無関係な一般人が巻き添えを食らって死ぬという身も凍る程に悲惨な出来事が起きた施設が存在しており、その現場をひと目見に来たい衝動に駆られていた。それでいざ訪れてみたわけなのだが、とうに時代が過ぎ、もはやその施設自体が“生ける廃墟”とも形容できるヤバい事態に陥っていた。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.