在日の祭典・四天王寺ワッソ2004 (1)

日本の風物詩である「ワッショイ」というお祭りの掛け声も、どうやら大阪の在日の人に言わせるとウリナラ起源らしいです。

こういう祭りがあるとやはり大阪は「大阪民国」という言葉がこれほどしっくり来る事はない。

大阪府には全国の都道府県で最多の15万人超の在日コリアンが住んでいる(在日本大韓民国民団HPによる)。

その大阪の在日韓国朝鮮人などが中心となって、古代朝鮮風のみこしが舞う「四天王寺ワッソ」が平成2年より毎年開催されていたのだが、在日系金融機関だった関西興銀の破綻で2001年からの3年間開催不可能となり、2004年の「四天王寺ワッソ」は規模を縮小した復活開催だという。ちなみに大阪・天王寺区の「四天王寺」で開催されるわけではない。
で、古代朝鮮お祭り会場はこちら。

韓流&阪流や!HANRYU

のっけから「韓流&阪流や!HANRYU」というのぼりが並んでいて笑った。
やっぱりここは日本じゃねえよ。

各賛同団体の一覧

会場の入口付近には各賛同団体の一覧が張り出されている。朝日や毎日はわかるが産経新聞社まで入っていたのは意外。

ポスター

2004年四天王寺ワッソのポスター。

韓流スターもワッソを応援しています

韓流スターも応援してるニダ!ちなみにこの年のワッソには韓国タレントのキム・ジェウォンが参加していたそうだが、どこに居るのかよくわからずに見逃してしまった。

「ワッソ」の開催には大阪を中心とした在日商工界の人々が協力しているわけだが、とりわけ大きく寄与しているのが青木定雄ことユ・ボンシク氏が会長を務めるMKグループの金融機関「近畿産業信用組合」だろう。破綻した関西興銀の業務を引き継ぎ、現在は普通銀行転換を目指して動いている。

韓国料理

「韓流&阪流広場」と名付けられた広場には、日韓両国の屋台料理が所狭しと並んでいる。せっかくだから韓国料理も食べていこうではないかといくつか試しに行ってみた。

ヘムルジョンゴル

ヘムルジョンゴル。海鮮鍋。海鮮はだしに出ているだけで身がほとんど入っていなかった。

トッポギ

トッポギ。韓国の餅(トック)を甘辛い唐辛子ソースで煮込んだものですね。これはまあまあ。

韓国食品

まさに、難波宮跡公園がそのまんま「鶴橋商店街」に変わってしまったみたい。
そうこうしているうちに、お祭り会場は騒がしくなってまいりました。

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.