天王寺レトロ最後の聖域「天王寺駅前阪和商店街」 (1)

阿倍野再開発事業で誕生するショッピングモール、そして近鉄の超高層ビル計画、そして次々と街から追い出されるホームレスと売春婦。急速に街が漂白されていく感のある大阪第三のターミナル「天王寺」。
106-200.jpg
天王寺駅北口に降り立つ。もはや昭和の残滓は殆ど消え掛かったこの街だが、それでも戦後の面影をしぶとく残すアーケード商店街が目の前に口を開けている。
「天王寺駅前阪和商店街」である。


106-155.jpg
天王寺駅北口の谷町筋、玉造筋に囲まれた区画が天王寺駅前商店街となっているが、その内側の路地に張り巡らされたアーケードが阪和商店街となる。阪和線のホームに近いためこの名前がついた。
106-152.jpg
現在は居酒屋が控えめに立ち並んでいる程度の商店街だが、戦後の闇市が発祥というだけあって雰囲気が凄い。すっかり黄ばんだアーケードの屋根から漏れる光が、いつも商店街の中を黄土色に染めている。
106-150.jpg
中には何十年もほったらかされたかのような雀荘の廃墟が崩落防止用のネットを被せられてそのままになっていたりとカオスっぷりが凄い。
106-147.jpg
鶴橋駅前の商店街に近いノリだがこちらは嘘みたいに寂れてしまっており死にかけの老人のようなテンションである。だが取り壊しが進められる事もなく、時が止まったままの姿を長く留めているのだ。
106-145.jpg
数ある居酒屋の中でもポスター貼りまくりでインパクトの強い「種よし」。場所柄にぴったり収まった立ち飲み居酒屋。種子島のポスターがあるのは店名と関係あるのだろうか。
106-207.jpg
夜になると控えめに赤提灯が吊り下げられ、ここが飲み屋横丁となっている様が見られる。場末のマニアックな酒場ばかりかと思いきや、酔虎伝というチェーン系居酒屋もある。
106-143.jpg
車も通れぬ細い路地裏のようなアーケード街は途中で微妙に蛇行しながら谷町筋へと抜ける。
106-142.jpg
たまたま正月に来たのでゴーストタウンさながらだったが、いつもであれば夕方には学校帰りの学生が、晩には仕事帰りに一杯やりたいサラリーマンが、夜更けには一発やれるお客を探す外人ポン引きババアが通り過ぎる。
106-141.jpg
立ち食いそば屋の脇が谷町筋側の入口。傍目に見るだけでは入りづらい闇の世界である。
106-209.jpg
谷町筋へ出ると、そこは四天王寺への参拝者で賑わう天王寺駅前商店街となる。昼は健全そのものだが、夜となると熟女売春のメッカになるという裏事情は昔も今もそれほど変わっていない。向かいには茶臼山町のホテル街が立ち並ぶ。

Sprout
Sprout

posted with amazlet at 11.04.13
Libra Record (2010-12-15)売り上げランキング: 3244
I・N・G
I・N・G

posted with amazlet at 11.04.13
SHINGO★西成 昭和レコード (2010-11-10)売り上げランキング: 13751
トップへ戻る