万博公園エキスポランド (4)

もう一つ、エキスポランドで見逃してはならないものがあった。
事故を起こした「風神雷神II」と双璧を成す、目玉のジェットコースターである「オロチ」がどうなっているかだ。
吊り下げ型で、足が宙ぶらりんになる「インバーテッド・コースター」。

オロチ

休止?

一見、客が来ないので今日は運転をやめているのかと思ったが、そんなことはなかった。

車体上昇中

ガタンゴトンとオロチの車体がコース頂上に引き上げられていく。
しばらくは自粛するのかと思ってたら全く違ってました。

回ってます

回ってます

回ってます

そして急降下しながらグルグルと回りだす「オロチ」。2人だけだが、お客がしっかり乗っている。
事故のこととか頭になくって、猛烈な絶叫マシーンマニアだったりしてね。

私事だが、昔ジェットコースター好きの友人に富士急ハイランドに行く1泊2日のバスツアーに誘われたことがあった。大阪から富士吉田まで何キロあるねんと。「絶叫マシーンマニア」って、そこまでして行きたいものなのか。

蛇の鎌首のようなコース

園内一周ライド「ビスタライナー」から見えるオロチのコース。まさに蛇のような鎌首形。
実は高校生の時に嫌々誘われて一度乗りましたが、下半身に充血を起こして貧血状態に。後で吐きました。

最後に、気になる「風神雷神II」の事故現場を見に行った。
やはり事故現場付近は報道関係者が勢揃いしていた。お昼のニュースに向けて各局がスタンバイをしている最中に出くわした。

ギャドラーの逆襲

ちなみに、事故現場の向かいにあるのは「ギャドラーの逆襲」。

ふれあい動物の森

ついでに、事故現場のまん前にある「ふれあい動物の森」。こちらは廃止となっている。

呪いの館

そして事故現場の真後ろにあるのが「ザ・ダーク 戦慄・呪いの館」。

呪いの館

リアル過ぎて、どう返答していいやらわかりません。

事故現場以外はどうにもなっていないからと、エキスポランド側は取り壊すつもりもないのだろうか。
事故では一人の犠牲者だけではなく、多数の怪我人、それから事故現場を目撃した大勢の客がいたのだ。
あまりの惨状を目の当たりにして、未だに精神的なショックが残る人も多いと言われる。
それは、わずか3ヶ月の休園による減収よりもはるかな損害である。

ドラキュラ伯爵

ドラキュラ伯爵の出番じゃないから、ここ。

>次のページへ

関連記事
エキスポランド – Wikipedia
livedoor ニュース – 「大阪エクスポランド・ジェットコースター事件」記事リンク集

トップへ戻る