NO IMAGE

下町遺産・西天下茶屋 (2) 超レトロ商店街

日本屈指の下町「西天下茶屋」の商店街。昭和のど真ん中を生き抜いた街がそのままの姿で残っている。商店の廃墟、錆付いたシャッター、創業七十四年の謎の喫茶店、英語の綴りがおかしいたこ焼き屋...下町世界遺産の全てを堪能してくれ。

記事を読む

NO IMAGE

下町遺産・西天下茶屋 (1) ふたりっ子

釜ヶ崎ばかりが西成ではない。大阪市西成区は日本屈指の下町遺産ゾーン。忘れ去られたかのような南海汐見橋線の電車に揺られて降りたのはNHK朝ドラのロケ地にもなったレトロな下町。西天下茶屋の魅力を写真多めでお伝えします。

記事を読む

2009年・阪神なんば線開業記念乗車レポ

2009年3月20日、阪神なんば線開通。大阪市内を走る公共交通網に劇的な変化をもたらすと共に、三宮と奈良を直結する新たな足が人の流れを一...

記事を読む

【大阪民国×在日】大阪某所の朝鮮総連系在日コリアン寺院にお参りしてきた【境内にベルリンの壁】

大阪ディープサウスサーミナル「天王寺」界隈を特集。天王寺駅から歩いていける個性的でディープなお寺巡りはいかが?ラブホ街の奥にある在日韓国寺院「統国寺」の境内には本物のベルリンの壁が展示されていた!

記事を読む

NO IMAGE

大阪裏ターミナル「上六・谷九」 (1) 戦後のドサクサ

近鉄電車の本社がある町、伊勢・名古屋からの大阪の玄関口であるはずのターミナル駅・上本町は想像以上にダークでディープな街でした。戦後の闇市から復興した「うえほんまちハイハイタウン」はじめ、上六トルコの跡を捜し求めて歩き回った。

記事を読む

NO IMAGE

西成の歩き方 (19) ディスカウント人生編

僅か500メートル四方の土地に2万、3万もの人口がいると言われる西成釜ヶ崎。 東京都心ですら及ばぬ人口過密地域だ。 そんな釜ヶ崎には様...

記事を読む

NO IMAGE

西成の歩き方 (18) ドヤあれこれ編

数ある大阪DEEP案内のレポートの中で西成釜ヶ崎は最も多くのアクセスが今でもある。 これまで何度も現場に訪れて、そこに住まう労働者や身寄...

記事を読む

NO IMAGE

関西学研都市ダメポツアー (3) 私のしごと館

特にゾーンIで目立つのが、部屋の中央に並ぶ巨大な構造物の存在。その構造物の入口付近で、またしても暇そうに立ち尽くしている職員の女性2人が...

記事を読む

NO IMAGE

関西学研都市ダメポツアー (2) 私のしごと館

ハコだけ作って人集まらず、関西学研都市のダメポな現状を引き続きお伝えして参ります。 次は「私のしごと館」。学研都市の中枢エリア、精華・西...

記事を読む

NO IMAGE

関西学研都市ダメポツアー (1) 国立国会図書館

大阪だけじゃなくて、関西2府4県にお住まいの方々へ。 「関西文化学術研究都市」には、行った事はございますでしょうか? 茨城県つくば市に...

記事を読む

NO IMAGE

神戸ルミナリエ2007

年の暮れも迫って参りました。皆様如何お過ごしでしょうか。 クリスマスイベントも相まって、毎年、関西ではこの時期になると各所でイルミネーシ...

記事を読む

NO IMAGE

大阪の商業集積地・船場

大阪都心部、南北に碁盤の目状に広がる街路。それは古くからの「天下の台所」大阪の象徴でもある商いの中心地「船場」。江戸時代、豊臣秀吉が平野...

記事を読む

NO IMAGE

神戸ディープ・長田区 (2) 元祖平壌冷麺屋

神戸の下町・長田区。そこは兵庫県最大級のコリアタウンでもある。 大阪の生野区や西成区などと同じように、この街に戦前から多くの移住者が仕事...

記事を読む

NO IMAGE

神戸ディープ・長田区 (1) 神戸の履き倒れ

晩秋の三連休、私は大阪を少し離れ、神戸市長田区にやってきていた。 余談になるが、あちこち歩き回っているので靴の底の減り方がやけに早いの...

記事を読む

DQNが飛び込めないようにリニューアルした道頓堀川「戎橋」渡り初め(2007年)

2003年、阪神タイガースが18年ぶりのリーグ優勝を収めた時に、ミナミの道頓堀川に大量の野次馬が集結し調子付いたファンもといDQN連中が...

記事を読む

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.