NO IMAGE

阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (7) 東口商店街

これまで計6編に分けて十三のしこたま胡散臭い街並みをレポートしたがすっかり堪能してもうお腹いっぱいとは言わせない。だいたいこれまで十三...

記事を読む

NO IMAGE

阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (6) 高架下商店街

十三筋の西側に伸びる「十三フレンドリー商店街」。数ある商店街の中でも目抜き通り的存在で、割りと小綺麗なアーケード街になっている。すぐ脇...

記事を読む

NO IMAGE

阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (5) アルサロふうりゅう

阪急十三駅西口、栄町商店街の南側一帯は、かなり昭和の香りが残った歓楽街の街並みが見られる。先日大阪公演中だったエアロスミスのスティーブ...

記事を読む

NO IMAGE

阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (4) サカエマチ商店街

やはり十三で一番の繁華街と言えば駅前から十三筋を跨いだ向かい側に広がる「十三栄町商店街」(サカエマチ商店街)の存在であろう。んもう、昼...

記事を読む

NO IMAGE

阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (2) しょんべん横丁

十三駅西口トミータウンから「旧波平通り」の反対側、北側の路地を入っていくと「しょんべん横丁」と呼ばれる飲食店街が広がっている。ここいら...

記事を読む

NO IMAGE

阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (1) トミータウン

梅田から淀川を挟んで目と鼻の先にある「十三」。ここは阪急電車の主要路線である神戸線・宝塚線・京都線の三線が一同に集うターミナル駅「十三駅...

記事を読む

相変わらず異国過ぎてヤバい!再訪・大阪市鶴見区「中国人朝市」(2013年版)

大阪市鶴見区安田の中央環状線沿いの一画に、毎週日曜日朝だけ開かれる「中国人朝市」の存在については当サイトでは以前から取り上げてきた。近く...

記事を読む

NO IMAGE

全長1キロ巨大高架下建築「船場センタービル」とケンカ商法の激安衣料店はいま

  「天下の台所」「東洋のマンチェスター」「商都大阪」などと日本の代表都市として大阪はその時代ごとに誇らしげな異名で呼ばれ続けてきたが三...

記事を読む

韓流バブルで観光地化が進む鶴橋コリアタウン観察・2013年版 

数年ぶりに訪れた大阪のコリアタウン鶴橋。思えば我々DEEP案内取材班の街歩きの原点ともなった場所である。戦後の闇市時代から残る駅前の濃密...

記事を読む

阪急十三駅前の著作権違反ストリート・波平通りから「鉄わん波平」が消えてしまった件

大阪の十三(じゅうそう)という街は阪急梅田駅から電車ですぐの位置にある下町であり歓楽街。神戸線、宝塚線、京都線と阪急の主要三路線が3つに...

記事を読む

野田阪神新橋筋商店街と戦後のドサクサ横丁「地獄谷」 

大阪には「野田阪神」という地名があり地元民には何の違和感もなく使われている訳であるがそれは阪神電車本線の野田駅前の事を指している。阪神野...

記事を読む

激安過ぎる大阪地卵の10円自販機

大阪と言えば庶民の町であり貧民街、デフレ経済の最先端もまた大阪から始まる。激安と名のつくものは大阪ではすなわち正義であり、たちまち大阪の...

記事を読む

梅田のすぐ隣、福島駅前!売れても占い商店街「福島聖天通」とその界隈 

今回訪れたのはJR大阪駅(梅田)の隣にある「福島駅」。東北新幹線に乗らなくても大阪環状線でたったの一駅で辿り着ける福島である。昔も今も大...

記事を読む

【日本版バッカスおばさん】大阪・天王寺の闇!「あべちか」にたむろする高齢売春婦の謎に迫る

大阪の天王寺と言えばいっちょまえのターミナル駅でありながら全体的に胡散臭さの際立つ街なのは昔ながらの事。新世界や飛田新地や釜ヶ崎が最寄り...

記事を読む

NO IMAGE

湖東随一の遊郭跡・八日市「延命新地」と商店街を歩く (5)

滋賀県湖東地方における主要都市の一つである八日市、その街中に残る延命新地という元遊郭地。時代に取り残され徐々に廃墟化が進む色街、一方で街...

記事を読む

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.