NO IMAGE

伏見稲荷大社 千本鳥居

新年明けましておめでとうございます。 大阪DEEP案内取材班も、取材の無事を祈って人並みに初詣に出かけた訳でございます。 2010年の...

記事を読む

神戸市長田区六番町、新湊川沿いの廃墟長屋住宅群が壮絶すぎる

2007年の暮れに長田区を訪問した時に発見した、六番町の廃墟住宅群。それは震災の爪痕なのか、それとも再開発計画による立ち退きなのか、詳し...

記事を読む

NO IMAGE

新開地商店街 一丁目・二丁目

大阪のDEEPは散々行き尽くしてきたが、神戸のDEEPと言えばやはり「新開地」を外してはならない。そもそもこの地名からして飛田や松島の「...

記事を読む

NO IMAGE

トンネル会社と呼ばれて「神戸高速鉄道」

神戸市は人口150万人規模の大都市であり、地下鉄も走っているわけだが、市内に走っている市営地下鉄の他にも「神戸高速鉄道」という鉄道会社が...

記事を読む

NO IMAGE

元町高架下商店街「モトコー」 (3)

さらにアンダーグラウンドな高架下商店街を進む大阪DEEP案内取材班。7番街まで続く「モトコー」の端まで歩き尽くして来た。 ガラクタ屋だ...

記事を読む

NO IMAGE

元町高架下商店街「モトコー」 (2)

JR元町駅から神戸駅までの高架下部分がまるまる商店街と化している「元町高架下商店街」を訪問。そこには震災にも負けず昔ながらの佇まいをその...

記事を読む

NO IMAGE

元町高架下商店街「モトコー」 (1)

神戸を代表する観光地・南京町中華街や元町商店街などがある元町駅周辺。観光客や買い物客の流れは一向にそちらの方にばかり集中する訳であるが、...

記事を読む

NO IMAGE

三宮高架下「文明堂薬局」 双頭鹿の剥製

神戸元町高架下にDEEPでカオスな空間あり!自称「元町高架下の世界遺産」、謎の「双頭の鹿」の剥製が置かれている文明堂薬局に突撃。

記事を読む

関西のサブカル宮殿と化した大阪ミナミの魔窟・千日前「味園ビル」

大阪ミナミへ来るとどうしても道頓堀や吉本に目が行ってしまいがちであるが、ミナミの歓楽街でもはや忘れ去られてしまったかのような佇まいを見せ...

記事を読む

【パラダイスシリーズの始祖】念願の訪問「淡路島ナゾのパラダイス・立川水仙郷」

神戸から明石海峡大橋を越えたすぐ向こう、大阪湾に浮かぶ「淡路島」へ渡ってきた。淡路島は関西人にとってもっとも馴染みのある島であり、淡路島...

記事を読む

NO IMAGE

大阪市営住宅探訪 (2) 八幡屋住宅

古くは漁村、戦前は大阪随一の繁華街、戦後は港湾労働者の街として栄え、今では寂れるに任せる状態のベイエリア下町・大阪市港区。このエリアにも大量の市営住宅が存在するが、そのうちの一つ「八幡屋住宅」を案内する。

記事を読む

NO IMAGE

大阪市営住宅探訪 (1) 馬渕生活館

高度経済成長期に数多くのブルーカラー労働者を受け入れる為に夥しい数の市営住宅を建造した大阪市。時代は過ぎ、その市営住宅の建物は老朽化し続け、そこに暮らす住民も高齢化し、今にも枯れようとしている。ドヤ街釜ヶ崎にも近い浪速区恵美須東の「馬渕生活館」を訪れた。

記事を読む

NO IMAGE

下町遺産・西天下茶屋 (3) お好み焼き

下町遺産「西天下茶屋」の栄枯盛衰...路地裏には廃屋、シャッターが閉まったままの店舗、道行く老人と介護施設ばかりが目立つオールドタウン。ふと入ったお好み焼き屋でマナカナに出くわす。朝の連ドラ「ふたりっ子」の街。

記事を読む

NO IMAGE

下町遺産・西天下茶屋 (2) 超レトロ商店街

日本屈指の下町「西天下茶屋」の商店街。昭和のど真ん中を生き抜いた街がそのままの姿で残っている。商店の廃墟、錆付いたシャッター、創業七十四年の謎の喫茶店、英語の綴りがおかしいたこ焼き屋...下町世界遺産の全てを堪能してくれ。

記事を読む

NO IMAGE

下町遺産・西天下茶屋 (1) ふたりっ子

釜ヶ崎ばかりが西成ではない。大阪市西成区は日本屈指の下町遺産ゾーン。忘れ去られたかのような南海汐見橋線の電車に揺られて降りたのはNHK朝ドラのロケ地にもなったレトロな下町。西天下茶屋の魅力を写真多めでお伝えします。

記事を読む

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.