京都府

京街道・橋本遊郭跡を訪ねる (3) 橋本湯

橋本遊郭のメインストリートだった街道筋に出る。現在はごく普通の住宅街と化しているが時折古い妓楼の建物がそのまま使われている箇所が残っている。 淀川沿いの旧京阪国道に出るT字路から銭湯橋本湯の近くまでおよそ300メートル程の距離が該当する。...
京都府

京街道・橋本遊郭跡を訪ねる (2) 橋本小金川

京阪橋本駅の京都方面改札を降りて正面を20メートルほど進むと曲がり角の付近に早速遊郭時代の妓楼が現れる。 橋本遊郭跡は既にここから始まっている。妓楼の建物はその多くが現役で個人宅に使われている事が多く、売防法施行後半世紀が過ぎた今でも取り...
京都府

京街道・橋本遊郭跡を訪ねる (1) やをりき食堂

大阪から京都へ抜ける「京街道」、この街道に概ね沿った形で走っているのが現在の京阪本線だが、ちょうど大阪府と京都府の境目にある「橋本駅」の真ん前に物凄い規模で遊郭建築が残っているという話を聞き、一度訪れたいと思っていたが先日念願が叶った。 ...
守口市

【守口市】千林商店街の裏手にひっそり残る、小さな料亭街「滝井新地」を見る

京阪千林駅にも程近い守口市側の住宅街にひっそり佇む「滝井新地」はマイナーながらも現役の新地の一つとして知られている。常に買い物客でごった返す千林商店街も、夜更けともなれば人の姿はまばら。
大阪市旭区

大阪下町の台所「千林商店街」 (7) 京阪電車のガード下

千林商店街界隈をうろうろしまくった大阪DEEP案内取材班、最後は京阪電車のガード下を潜った反対側に出てみる事にした。 戦前の街並みが残る千林らしく、京阪電車の千林ガードも戦前からのもので相当古臭い。ここを渡ると住所は旭区清水。そのまま道な...
大阪市旭区

大阪下町の台所・千林商店街の路地裏迷宮「千林じゃんじゃん横丁」(Not 新世界)

大規模アーケード商店街やレトロ長屋だけが千林ではない。非戦災地区だったため区画整理とは全く無縁の街だった千林の駅前には「千林じゃんじゃん横丁」(Not新世界)なる路地裏迷宮ワールドが存在している。
大阪市旭区

大阪下町の台所「千林商店街」 (4) レトロ長屋住宅

千林商店街のアーケードを外れ、再度トポス跡のパチンコ屋まで戻ってきた。 このパチンコ屋の周辺も戦災を受けていないエリアなので戦前から残る家屋が多く、見応えのある街並みが随所に残る。 パチンコ屋の建物をぐるりと北側に回り込むと同じくパチ屋の...
大阪市旭区

大阪下町の台所「千林商店街」 (3) 今市商店街

スーパー「ダイエー」創業の地、千林。 安売り王と呼ばれた男・中内功氏の伝説の地も、いまやパチンコ屋がデーンと建っているというお粗末な状況に堕しているのが平成日本における千林商店街の現状。 そのパチンコ屋の正面から今市商店街というもう一つの...
大阪市旭区

大阪下町の台所「千林商店街」 (2) ダイエー創業の地

大阪を代表する下町商店街「千林商店街」、テレビでおばちゃんのインタビューに出てくる事では有名だが、もう一つ有名なのがスーパー「ダイエー」創業の地であるという事。 ダイエー創業者・中内功氏が千林駅前に初めて「主婦の店ダイエー薬局」を昭和32(...
大阪市旭区

大阪下町の台所「千林商店街」 (1) 一十百千せんばやし

京阪電車の千林駅で降りる。そこは大阪市旭区と守口市の境目にあり、大阪屈指の巨大商店街「千林商店街」が目の前に広がる素の下町ゾーン。 各駅停車しか止まらない千林駅。久しぶりに来てみたら駅の看板やら電車やらが全てリニューアルされてしまい京阪電...
門真市

パナソニックの企業城下町だった…大阪府下最悪の貧困が襲う街「門真」を歩く(2011年)

大阪・京橋から京阪電車に乗って門真市にやってきた。門真市は大阪近郊にある都市で、市の面積は大阪市内の区とそれほど変わらない小規模な自治体ではあるが、これまで松下電器(現パナソニック)の企業城下町として栄えた工業都市でもある。
大阪市都島区

【アパッチ族】戦後の残滓・毛馬桜之宮公園沿いの不法占拠バラック村「古鉄街」在りし日の姿

戦後のドサクサ風景が未だに楽しめる大川沿いの毛馬桜之宮公園一帯。在日コリアンの祈祷場「龍王宮」は姿を消したがその南側一帯の土手沿いに広がる廃品回収業者の建物はまだまだ健在。その様子を見に行く事にする。
大阪市都島区

戦後の残滓・毛馬桜之宮公園内の砂利採取工場

大阪の都心に程近く、淀川の支流として中之島に流れ注ぐ大川沿いには今も「戦後」を思わせる不法占拠バラック村が残っていたりして香ばしいエリアがいくつもある。 特に桜ノ宮周辺はアパッチ族の末裔ではないかと思われる在日コリアンの祈祷場「龍王宮」や廃...
香芝市

【夜の奈良ドリームランド】西名阪道「香芝インター」前のド派手なホテル街を見物する

大阪と名古屋を最短で繋ぐ大動脈、西名阪自動車道に乗って大阪から奈良方面に走ると奈良県側に入って最初のインターチェンジが香芝インターである。 ここで降りても近所に法隆寺があるくらいでとりわけ珍しいものがあるわけでもないが、それ以上に気に...
奈良県

生駒宝山寺新地を訪ねる (8) 生駒聖天宝山寺<後編>

「生駒の聖天さん」と呼び親しまれ、今なお関西の商売人を中心に厚い信仰を集める宝山寺。ちょうど正月の初詣シーズンに訪れたのもあって境内は人でごった返していた。 惣門を潜り奥に右手にある瓦葺きの本堂には宝山寺の本尊である不動明王像が祀られてい...
奈良県

生駒宝山寺新地を訪ねる (7) 生駒聖天宝山寺<前編>

大阪の奥座敷、奈良県生駒市にある知られざる大人の秘境・宝山寺新地。その旅館街やケーブルカーが作られたのは、何よりもそこに「宝山寺」があるからだ。延宝6(1678)年創建、真言律宗大本山寺院。「生駒聖天」とも呼ばれ、神仏習合の色彩が強い独特の...
奈良県

生駒宝山寺新地を訪ねる (6) 断食道場静養院

生駒聖天宝山寺の門前町、参拝者の精進落としの場として長らく歴史を刻んだ宝山寺新地も、いざ訪れてみると廃墟かと見紛うような寂しい状態で初めて来た人間にとっては面食らう事もあるだろう。 石段の参道から一歩外れると、そこは廃墟のオンパレード。か...
生駒市

【生駒市】生駒山中腹、宝山寺参道の石段に広がる旅館街「宝山寺新地」を歩く(2011年)

ケーブルカー宝山寺駅を降りて少し歩くと、宝山寺参道の聖天通りに差し掛かる。ここから石段と旅館が立ち並ぶ独特な風景が続いているが、この場所こそが知る人ぞ知る「宝山寺新地」。
奈良県

生駒宝山寺新地を訪ねる (3) ここは大阪奥座敷

生駒ケーブルに乗って生駒山地の中腹・宝山寺駅まで足を延ばすとそこはもう日常から隔絶された世界だ。 正月には初詣客が忙しなく行き来する宝山寺駅。臨時の駅員なども沢山いてガヤガヤと騒がしいのだが普段は人通りもまばらな静寂とした空間。駅を降りて...
奈良県

生駒宝山寺新地を訪ねる (2) 生駒ケーブル

生駒の街の麓から生駒山地の中腹に位置する宝山寺を経て生駒山上遊園地に至るケーブルカー「生駒鋼索線(通称生駒ケーブル)」に乗り、しばし下界を離れる事にする。 ケーブルカーは初詣シーズンには臨時便の発着があり、普段使われない2番ホームから我々...
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました