【人権ウォーク】丘の上に“旧奈良監獄”がそびえる、日本最初のハンセン病療養施設があった「奈良市東之阪町」を訪ねる

1300年の歴史を誇る日本の古都・奈良という土地、その積み重なった歴史は表も裏も分厚い事だけは間違いがない。奈良の一大観光名所として世界的に知られる世界文化遺産・東大寺の裏手一帯には、古都ならではの業の深さが垣間見えるダークスポットが数々存在している。その代表的なものが、かつて奈良少年刑務所として使用されていた「旧奈良監獄」。

今回はこの旧奈良監獄のすぐそばにある「奈良市東之阪町」を訪れるのが目的だ。ここにははるか昔の鎌倉時代に日本で最初にハンセン病(癩病)患者を保護していたとされる「北山十八間戸」という史跡が存在している他、歴史的にも色々とあった土地である。日本社会における古来からの“人権感覚”を学ぶのにうってつけの場所でもあり、一度訪れてみたかったのだ。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.