【尼崎市】韓国民団も朝鮮総連もいる「南武庫之荘」の市営住宅のコリアタウンぶりを見る

尼崎市北西部にある武庫之荘地域、一般的には尼崎の中でも高級住宅街として当初は開発された上に阪急神戸線の沿線にある事から「割と品が良い地域」のイメージで持たれている。しかしそんなイメージを根底から覆すのが「南武庫之荘十~十二丁目」という場所。

かつては守部と呼ばれていたこの土地に今も残る市営住宅群「南武庫之荘改良住宅」…そこには昭和の時代より続いてきたマイノリティが息づいてきたガチな歴史が存在する。その一つの側面が「コリアタウン」としての姿だ。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.