この記事を人に教える

大阪市無駄物件図鑑「夢舞大橋」

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

大阪湾に浮かぶ、3つの人工島。それらを橋とトンネルで結び、新都心を作り出そうと大阪市が総額2兆2千億円もの公費を投じて推し進めた、世界に類を見ない規模のプロジェクト「テクノポート大阪計画」。
その一環として進められた、2008年大阪五輪招致活動は失敗に終わり、新都心計画は事実上破綻、大阪ベイエリアは赤字遺産が立ち並ぶ、見るも無残な姿を晒している。
3つの人工島のうち、夢洲と舞洲を結ぶ巨大な橋がある。
その名前は「夢舞大橋」。その名のごとく夢に舞う人間は決して大阪市民ではない。
マイカーを持たず電車にしか乗らない世帯が多い大阪市民の一体どれだけの人が、この橋の存在を知っているのだろうか。
夢舞大橋
総工費664億4千万円。664億って言うても664円置くんとちゃうでえ、というコテコテ大阪ギャグも全く持って通じない存在の、税金無駄遣い真骨頂の超豪華浮体式可動橋。人口ゼロの舞洲と人口ゼロの夢洲を結ぶ、夢も希望もへったくれもない橋、それが「夢舞大橋」。


大阪市のホームページには誇らしげに「美と技術の結晶、世界初のベイブリッジ」と書かれていたのだが、いつの間にか削除されていました(笑)
この先の「夢洲」はまだまだ造成途中でコンテナヤード施設がある以外はひたすら空き地が続いており、大阪市営の路線バスも運行されていない。
ちなみに有料道路でも何でもないので往来はどなたでも自由である。
ただ夜間は通行禁止。ゼロヨン族やらツーリング族対策の為だろう。
渡りきった先には...
橋を渡り切ったその先はコンテナヤード施設に続く脇道に繋がってるだけで、
一般車両は先には進めない。進めないなら引き返すしかない。
夢洲
大阪第三の人工島「夢洲」。予定では2008年大阪オリンピックの選手村になる場所だった。
定住人口45000人の人工都市を作る計画はとっくに破綻。夢の島どころか不毛の島である。
しかし、オリンピック誘致失敗で開発計画が頓挫してしまったこの島へ続く地下鉄と海底トンネルが、もうすでに南港側から伸びてきている。
現在夢洲にあるのは唯一人工建造物として存在するコンテナヤード施設のみ。
夢洲(ゆめしま)という、お花畑でも広がってそうな能天気な名前の島にはとても似つかわしくない殺伐とした風景である。
自転車・歩行者は通行できません
歩道橋は封鎖
歩道側からの夢舞大橋の入口は「自転車・歩行者 通行できません」との注意看板が立っているのだが、実際見てみると歩行者用通路が鉄柵で封鎖されていて、確かに歩行者と自転車は柵を越えるかしないとこの先を行く事が出来ない。
歩道
車で橋の途中まで行き、そこで降り立った。緑色に塗られた歩道の先にも後にも人影はない。
ネームプレート
橋の中ほどには「夢舞大橋」の名を示す銘板プレートがどっしり居座っていた。
下の3つの図には、この橋は固定された普通の設計の橋ではないという説明がなされている。
開橋図3
タグボートが出動して橋桁の部分をエンヤコラサッサと押していって、舞洲側へ橋を開くのである。
緊急時、大型船舶を通すために橋自体を90度回転させて航路を作ることができる、ということだが、橋が出来て以来ただの一度も実用的な目的で使われていない。年に一度、大阪市が設備維持というか意地のために開橋訓練を行うのだが、油圧装置の異常を起こして2年連続で失敗というお粗末な事態。
施工者の名前が書かれたプレート
ゼネコンどもが夢の跡。
海釣り公園状態
夢舞大橋の下は、地元のおじさん達の海釣り公園として活用されている。
おそらくはこの橋の建設にどれだけの費用を市が注ぎ込んだかも知らずに。
開橋時の軸
これが橋が開く時の軸となる「回転ピン」の部分。まるで軍艦のようである。あまりに巨大すぎてびっくりする。
ちなみに大阪湾ではいろんな魚が釣れます。
大阪も大都会ですが昔より水質は改善されたし、舞洲あたりならあんまり海も汚くなさそうです。
さすがに釣った魚を食べる気まではしないですが…
それにしても超豪華な海釣り公園を作ったもんだな大阪市は。
勝手に海釣り公園になってしまっているが本来は「立ち入り禁止」区画。
ゴミは持って帰りましょう
さすがゴミのマナーは天下一品の大阪。釣りのゴミは持ち帰らずに、鉄柵に等間隔にゴミ袋を括り付けぶらさげて、好き勝手にゴミをほかしている。サビキ漁で使うレンガ(オキアミの冷凍したもの)の使い残しまでも廃棄しているので、それらが腐ってしまいとんでもない匂いを発している。
こういう無神経さが大阪民国らしい。
参考記事
大阪の橋の地図:夢舞大橋(ゆめまいおおはし)
【社会】”世界初の旋回式浮体橋”看板倒れ 「夢舞大橋」全く動かずまた訓練中止…大阪

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る