この記事を人に教える

【近鉄南大阪線】南河内の香り漂う大阪市最南端の下町・東住吉区「矢田」を歩く

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

梅田・難波に次ぐ大阪第三のターミナル駅「天王寺」の一角を成す大阪阿部野橋駅を始発駅とし、大阪府南東部・南河内地域や奈良の橿原や吉野地方を結ぶ「近鉄南大阪線」はどこかしらマイナー感ドギツく、沿線住民でもなければあまり乗る機会もない路線の一つである。この南大阪線の各停電車に乗って大阪阿部野橋駅からチンタラ走ると、大和川の手前、大阪市内最南端にあたるのが「矢田」という駅だ。

矢田は大阪市東住吉区に属する街で、天王寺まで片道10分で出られる事に加え、大阪芸術大学など近鉄南大阪線沿線に大学キャンパスも多数あるという事から若い学生がワンルームアパートをお安く借りられて、しかも通学も便利という「良い評判」もあるにはある一方、大阪市内でも特にガラが悪い地域だと「悪い評判」も高い。矢田から先は大和川を跨いで大阪市外に出る事になる。松原市、藤井寺市、羽曳野市といった南河内のアクの強い街が続いているのだ。

近鉄矢田駅前に降りるとのっけからこれ。「明るい社会は円満な家庭から」「防ごう非行 助けよう立ち直り」…さぞかし荒れた地域であろうと匂わせる啓発看板が目につく。グーグル先生も例に漏れず「大阪 矢田」と聞いてみると「治安」「危険」「矢田事件」「大阪矢田連合」といったファンキーなワードを容赦なく返してくる、そういう地域である。

駅前はあまり栄えていない近鉄矢田駅

各停電車しか止まらない矢田駅前、どちらかと言うと駅の東側の商店街が栄えている印象があるが、隣の針中野に賑やかなアーケード商店街があるのに比べるとどうにも見劣りする。目の前の「矢田駅前商店街(振)」と看板が掲げられた古ぼけたアーケードがあるのでそこに足を踏み入れると…

そこは見事なまでのシャッター通りでしかなく、通行人はひたすら素通りする事しかできない。この先もちょこちょこっと食い物屋やスーパーはあるが、我々が今回目的にしていた取材先が駅の西側にあったので、とっとと来た道を引き返す。

駅の西側は商店街とも呼べる程の規模もないほど微妙な佇まいで、くたびれた個人経営の喫茶店やお好み焼き屋が多い。駅前一等地に空き地や廃墟アパートがちらほらあるのも気になる。それでも本屋の一軒くらいあるのが、一応学生も住む街ならではの救いどころか。

駅西口を出て最初の交差点の角に「壱番館」なる土着喫茶が一軒あり、グーグルマップの口コミではなぜか元旦から店を開けていて「お正月特別メニュー」を提供している変な喫茶店らしい。

香港人が中古マンションを下見もせず350万で買っちゃう街、東住吉区矢田

どう見てもしょぼくれた街並みにしか思えない矢田駅周辺だが、一応ながら駅からの徒歩圏には大阪芸術大学短期大学部、大阪城南女子短期大学といった大学キャンパスがあり、ワンルームマンションに学生が結構な割合で住んでいる。

首都圏に住んでいる人間には信じられないだろうが、矢田の街では駅徒歩10分以内でも2万円台で借りられるマンションがゴロゴロある。買うとしても大抵500万円以内である。

あとこれは蛇足だが、どこぞのテレ東の番組で7歳になる娘に何故か矢田のワンルームマンションを下見もせずに350万で買って「香港じゃこんな値段で不動産は買えないよ!同じ広さで10倍以上するよ!」と驚き混じりに言っていた香港人のお父さんを取材していたのをたまたま見たが、将来娘を日本に留学される気があれど、果たして当人はそれで喜ぶのだろうか。

廃墟アパートがめちゃくちゃ多いんですけど

天王寺から電車で僅か10分…本来不動産需要もそれなりに出そうなはずの街であるはずなのにやたらめったらと廃墟化したボロアパートを見かけるのが大阪市最果ての街・矢田なのである。昔は色々とあった土地である事は確かで、今でもイメージの悪さがつきまとう故にこうなってしまうのだろうか。

駅徒歩0分でもこんな光景が見られる場所があるのが東住吉区矢田の特徴である。中古マンションですら一室500万以内で買える街なのだから、こうしたボロアパートの残骸には値段すら付かない勢いなのかも知れない。

矢田駅南西側の市営住宅の多いエリア、矢田六丁目付近は特に廃れたアパートが多く目につく。昭和の貧しさを引きずるような「文化住宅」然としたアパートもそこかしこに現存。よくよく見ると住民もおらず、既に廃墟化しているものと思われる。

その廃墟アパートの二階部分にある、ヤクザが蹴破れば一発で壊れそうな程にもろく見える玄関ドアのガラス窓を目隠しする形で塞いだベニヤ板をよく見ると…

「LOVE みか 岡田准一 LOVE」と書かれているのがうっすらと確認できた。ジャニーズタレントはこんな下町の外れでも愛されているようです。

矢田とは一言で言えども非常に広範囲である。大阪市が126億円もの税金を叩いて建てたものの1999年の開業から11年で潰れた温浴施設「ラスパOSAKA」がある府道26号から西側も「公園南矢田」という地域。長居公園の南側なのでこの地名だが、公園南矢田四丁目は全然公園から遠い。で、案の定文化住宅やボロアパートの宝庫である。

公園南矢田四丁目まで行ってしまうと、もう完全に時が止まったような街並みしか現れないのでお察し下さいとしか言えないのである。あとは駅の東側にも照ケ丘矢田、住道矢田といった地名があるが、なんで全部後に「矢田」なんでしょうかね。

同じ矢田エリアでも大和川沿いに行けば行くほど廃れているが、長居公園通寄りの大阪芸術大学短期大学部付近は多くの買い物客で賑わうスーパー万代なんかがあったりして生活感もそれなりに出てくるので無難に学生が暮らすのなら駅の北側が良いのではないかと思われる。

某俳優との疑惑の相手、17歳女性の地元が矢田だった件

ゲスな話で申し訳ないが、数ヶ月前、某俳優と関係を持ったと週刊誌にすっぱ抜かれた相手の17歳女性の地元がこの矢田で、ネット上ではその本人のツイッターや実母とされる女性のFBアカウントが晒されて騒ぎになっていた。それを見て、この界隈を歩き回ってみたい衝動に駆られていたのだ。もっとも、その一家は矢田だけではなく大阪じゅうを転々としていたそうだが…

その一家が事あるごとに「タクシーを使って」食べに行っていたと言うのが恐らく長居公園通り沿いの「スシロー東住吉店」。見るからに客層がヤバそうな立地なんですが、噂によると実母は生活保護を受けていたりするなど色々言われていて、この一件からしても大阪の闇の深さを思い知った事だろう。元大阪市民として断っておくが、さすがのDQNの宝庫である大阪市内でも、あのレベルのクオリティは殆ど見かけない。


The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

トップへ戻る