この記事を人に教える

金魚田と遊郭跡の「大和郡山」 (3) 洞泉寺町<後編>

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

大和郡山市洞泉寺町の遊郭跡を探索するため訪れた大阪DEEP案内取材班。
非常に小さな一画だが、往時の遊郭の面影をこれ以上濃密に残している場所を他に見た事がない。
歴史は古く、元和7(1621)年には「士風に悪影響あり」として遊郭が全て取り払われたという話がある。その後大火に遭い、いつの間にか復活して、江戸時代から昭和33年までたいそう色街として栄えたという。つまり足掛け400年近い歴史がある。
109-26.jpg
大和郡山市が買い取り保全している旧川本家住宅の建物を後にして、今度は洞泉寺や源九郎稲荷神社がある方面に行く。


109-25.jpg
大信寺墓地から遠目に見える妓楼の屋根上。「中山」という文字と家紋らしき絵柄が刻まれた瓦が見えた。かつての妓楼の所有者を意味するものだろうか。
109-27.jpg
町内の路地を反時計回りに廻る事になる。その途中の家並みも普通の一軒家ばかりとなっていて風情に乏しいが、突き当たりにもう一軒立派な妓楼が見えている。
109-28.jpg
他の妓楼と同じく細縦格子に覆われた貫禄ある建物だ。こちらは現役で人家として使われていて、玄関前あたりは結構所帯染みた感じがする。この右隣が洞泉寺と源九郎稲荷神社となる。
109-31.jpg
慎ましやかな雰囲気の勝手口。周囲の漆喰壁は殆ど剥がれ落ちて地肌が丸見えになっている。
109-29.jpg
格子の内側に隠された遊郭の歴史、想像するだけでモヤモヤしてしまいそうだが部外者なのであくまで外から見るしかできない。旧川本家住宅の内部見学は機会があれば是非参加したいものだ。
109-30.jpg
一見棟続きにも見えるが同じ2階建ての妓楼が2軒並んでいる。遠目に見てもなかなか壮観な光景だ。
109-35.jpg
左隣の元妓楼も一般の民家。電気工事業者らしい看板が玄関脇に掲げられている。
109-32.jpg
町名ともなっている洞泉寺は町内で最も広い面積を持つ。しかし玄関が閉じられてしまい中には入れなかった。
109-33.jpg
その隣にある源九郎稲荷神社。何という事もない普通の街の神社、といった印象しかないが日本三大稲荷の一つに数えられるらしく、源義経にゆかりがあって様々な伝説がある。何気に凄い場所だ。
109-34.jpg
妓楼の裏側と稲荷神社の間に隠れた路地。緊急避難通路の看板が掛かっている。火事にだけはなって欲しくないものだな。
109-36.jpg
大和郡山市洞泉寺町の一画は「昔の遊郭が忠実に残されている」点では日本屈指の存在であると思わせるに充分な、非常に貴重な空間だった。
これだけのものを作る技術のある大工や建具職人も時代の流れで現在では跡継ぎがおらず、何かの拍子に取り壊されたら文化ともども消え行く運命にある。遊郭建築とは決して陽の目を見る事のない儚い裏建築遺産なのである。

花街・色街・艶な街 色街編
上村 敏彦
街と暮らし社
売り上げランキング: 376671
赤線跡を歩く―消えゆく夢の街を訪ねて (ちくま文庫)
木村 聡
筑摩書房
売り上げランキング: 41947
さかなクン金魚飼育セット40cm(フレームレス)
コトブキ
売り上げランキング: 3684
The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る