この記事を人に教える

大正ディープサウス リトル沖縄・平尾商店街

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

リトル沖縄「大正区」で舌鼓
「大阪の沖縄」大正区ネタで引っ張っていきます。
人口の4分の1が沖縄系という、大阪市大正区。
大正駅前にも確かに沖縄料理の店も多いのだが、やはり真髄は大正ディープサウス「平尾」。沖縄系な店がそこかしこにあり、異国情緒漂う…と思いきやコテコテの大阪の下町、という場所だ。
大正駅前から市バスに乗ってレッツゴーである。
戦前からの古い下町で、大正年代に多くの沖縄人が「ソテツ地獄」と呼ばれる深刻な飢餓が発生した当時の琉球から、豊かな生活を求めて大阪に大勢移住してきて出来たのが、この平尾商店街を中心とする「リトル沖縄」である。
平尾の町には「大正沖縄会館」をはじめとして、ウチナーンチュのコミュニティを形成する施設がいくつも存在する。


大阪沖縄会館
そこは日本の、それも大阪の中にある沖縄。大正年代に移住してきた沖縄の人々は、近代工業化の先端を行く大阪の工業地帯、とりわけこの大正区や尼崎市に多く住むようになった。
だが移住者を待っていたのは、よそ者に送られる軽蔑の眼差しと、干拓地を埋め立てた大正区独特の治水状態の悪さで大雨や台風のたびに浸水被害が起こる事だった。そういった被差別の歴史もあって、他の在日韓国朝鮮人などのマイノリティ文化とオーバーラップする点が見受けられる。
大正区にはマイノリティ食文化として特徴的なソウルフードである「ホルモン焼き」の屋台がとても多い。
平尾商店街
大正区南部の庶民の台所、平尾商店街にやってきました。
八百屋に行けばゴーヤなどの沖縄野菜が並べられ、肉屋も沖縄テイスト。スーパーにはスパム缶が並べられ、おやつにサータアンダギーを揚げる店がある、まあ、そういう所である。観光地化していないため、ただただそこは沖縄系大阪人の日常の生活が垣間見える場所になっているのだ。
まるしん食堂
そんな平尾商店街の外れにある「まるしん食堂」で昼ごはんを頂くことにした。見た目どこにでもある大阪の大衆食堂だ。でもしっかりと沖縄料理を出しています。
ゴーヤチャンプルー
基本中の基本すぎてすまぬが、ゴーヤチャンプルーと沖縄そばを頂いた。肉厚に切ったゴーヤとスパムを卵と炒めた、定番料理。やはり本場の味だった。私のようなヤマトンチューが見よう見まねで作る「なんちゃってチャンプルー」ではこの歯ごたえと風味は出せないなあ。
沖縄そば
沖縄そばもだしがよく聞いていて本当においしい。泡盛でも一杯煽りたい気分になったが車で来ていたので諦めた。なんだかレポートを書いててお腹が減ってきました。

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

トップへ戻る