「 路地裏 」一覧

全21件中 1〜15件目を表示

【東成区中道】戦後のドサクサ感漂う「森之宮駅前商店会」を見る

【東成区中道】戦後のドサクサ感漂う「森之宮駅前商店会」を見る

大阪城公園を北西方向に望む「森ノ宮駅」。JR大阪環状線に加え、大阪市営地下鉄中央線および長堀鶴見緑地線と3つの路線が使える事もあり、昨今の都心回帰現象に伴って、...

>記事全文を読む

【梅田の隣】韓国人観光客が急増!大阪市北区「中崎町」がガチなコリアタウンである理由

【梅田の隣】韓国人観光客が急増!大阪市北区「中崎町」がガチなコリアタウンである理由

大阪の中崎町と聞いて思い浮かぶのは「梅田のすぐ隣」という以外に、最近になって古びた長屋がリノベーションされてオサレカフェや女子ウケの良さそうな雑貨屋とかがメキメ...

>記事全文を読む

近鉄布施駅前に残る廃墟と化した私娼窟「寿三郎横町」があまりに壮絶でした

近鉄布施駅前に残る廃墟と化した私娼窟「寿三郎横町」があまりに壮絶でした

東大阪市の布施という場所は、昭和42(1967)年に合併して東大阪市になる前は「布施市」という単独の市でもあり、その街の中心が近鉄布施駅周辺という事になる。この...

>記事全文を読む

姫路駅前小溝筋の脇道に残る戦後の酒場路地裏…「勤労スタンド」ってなんぞこれ…

姫路駅前小溝筋の脇道に残る戦後の酒場路地裏…「勤労スタンド」ってなんぞこれ…

大河ドラマ化された軍師黒田官兵衛と白く塗りすぎ「白すぎ城」こと国宝で世界遺産の姫路城でお馴染み兵庫県播州地方の中心都市姫路市にやって参りました。JRの新快速で神...

>記事全文を読む

大阪ミナミ「千日前一丁目」の如何わし過ぎる路地裏と壮絶廃墟横丁 (全2ページ)

大阪ミナミ「千日前一丁目」の如何わし過ぎる路地裏と壮絶廃墟横丁 (全2ページ)

大阪ミナミ千日前の繁華街、まあ本当に色んな店が密集しまくってますが、とりわけ今回は千日前通から北側の「大阪市中央区千日前一丁目」に的を絞ってこのへんの路地裏を探...

>記事全文を読む

ドヤ街西成区太子「松乃木大明神」とコアな路地裏風景。そして伝説の好事家旅館 (全2ページ)

ドヤ街西成区太子「松乃木大明神」とコアな路地裏風景。そして伝説の好事家旅館 (全2ページ)

大阪市西成区、日本最大のドヤ街「釜ヶ崎」を抱える最強最悪のスラム…だなんていつもこういう汚れ役をさせられている不遇の街だが、コアなドヤ街や三角公園やあいりん労働...

>記事全文を読む

戦後大阪の残照、謎のボットン便所!数々の文学作品に描かれた伝説の「アパッチ部落」を見る (全2ページ)

戦後大阪の残照、謎のボットン便所!数々の文学作品に描かれた伝説の「アパッチ部落」を見る (全2ページ)

戦時中、アジア最大規模と言われた軍事工場「大阪砲兵工廠」があった現在の大阪城公園東側一帯。終戦前日、昭和20(1945)年8月14日に行われた米軍による集中爆撃...

>記事全文を読む

福知山の盛り場・中ノ町飲食街内「浮世小路」の看板に描かれた花魁がやけに艶かしい件

福知山の盛り場・中ノ町飲食街内「浮世小路」の看板に描かれた花魁がやけに艶かしい件

京都観光なんて聞くと定番過ぎて欠伸が出そうなくらい聞き飽きたネタだったりするのだが、逆に京都市以外の京都府の街というのはいたってマイナーで、特に日本海側まで「京...

>記事全文を読む

NO IMAGE

阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (2) しょんべん横丁

十三駅西口トミータウンから「旧波平通り」の反対側、北側の路地を入っていくと「しょんべん横丁」と呼ばれる飲食店街が広がっている。ここいらにある居酒屋は駅至近距離...

>記事全文を読む

野田阪神新橋筋商店街と戦後のドサクサ横丁「地獄谷」 (全2ページ)

野田阪神新橋筋商店街と戦後のドサクサ横丁「地獄谷」 (全2ページ)

大阪には「野田阪神」という地名があり地元民には何の違和感もなく使われている訳であるがそれは阪神電車本線の野田駅前の事を指している。阪神野田駅はJR大阪環状線の野...

>記事全文を読む

NO IMAGE

湖東随一の遊郭跡・八日市「延命新地」と商店街を歩く (5)

滋賀県湖東地方における主要都市の一つである八日市、その街中に残る延命新地という元遊郭地。時代に取り残され徐々に廃墟化が進む色街、一方で街で独り勝ちの料亭「招福楼...

>記事全文を読む

NO IMAGE

湖東随一の遊郭跡・八日市「延命新地」と商店街を歩く (4)

滋賀県東近江市八日市は戦前まで陸軍の八日市飛行場があり、軍隊関係者がこぞって遊びに繰り出したのがこの延命新地遊郭だったそうだ。しかし戦後は軍隊も居なくなり赤線に...

>記事全文を読む

NO IMAGE

湖東随一の遊郭跡・八日市「延命新地」と商店街を歩く (3)

滋賀県東近江市八日市の「延命新地」遊郭跡を見に来た取材班、その前に寂れた本町商店街界隈を寄り道してしまった訳だがそろそろ正面きって遊郭跡に入っていく事とする。 ...

>記事全文を読む

角田ファミリーも常連だった尼崎市杭瀬のDEEP過ぎる呑み屋街「五色横丁」を訪ねる (全2ページ)

角田ファミリーも常連だった尼崎市杭瀬のDEEP過ぎる呑み屋街「五色横丁」を訪ねる (全2ページ)

大阪市西淀川区から川一つ隔てて隣接する尼崎市の杭瀬地区。先日お茶の間を騒がせた凶悪大量怪死事件ですっかり悪い方に有名になってしまった場所ではあるが大阪市内同様ベ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

滋賀県大津市長等・柴屋町遊郭跡を歩く (3)

大津市長等三丁目にある柴屋町遊郭跡は江戸時代から延々と続く色里として、そして戦災を免れた街並みに残る妓楼や路地が今も艶めかしさを留めている。 先程の長屋の路地...

>記事全文を読む

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

DEEP案内シリーズ全文検索

DEEP案内シリーズ全サイトから記事の検索ができる便利な機能です。

トップへ戻る