「 商店街 」一覧

全83件中 46〜60件目を表示

NO IMAGE

和歌山ぶらくり丁商店街 (1) 和歌山一の大都会

大阪DEEP案内取材班がこれまで訪れた事すらない関西2府4県中最強の秘境県「和歌山」の県庁所在地、和歌山市。鉄道は南海線とJR阪和線の2路線が大阪から直結しては...

>記事全文を読む

NO IMAGE

金魚田と遊郭跡の「大和郡山」 (5) 近鉄郡山駅

JR郡山駅から洞泉寺町の遊郭跡を眺めつつ昔の街そのままな道幅の狭い県道を縫うように歩いていくと、1キロくらいの距離で近鉄郡山駅に辿りつける。 近鉄郡山駅は橿原...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (7) 京阪電車のガード下

千林商店街界隈をうろうろしまくった大阪DEEP案内取材班、最後は京阪電車のガード下を潜った反対側に出てみる事にした。 戦前の街並みが残る千林らしく、京阪電車の...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (6) じゃんじゃん横丁<後編>

下町の路地裏迷宮ワールド・千林じゃんじゃん横丁界隈を引き続き探索する。 路地の横道のそのまた路地裏にも居酒屋の店舗が残っている。なにやら古めかしい「キリン生ビ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (5) じゃんじゃん横丁<前編>

大規模アーケード商店街やレトロ長屋だけが千林ではない。非戦災地区だったため区画整理とは全く無縁の街だった千林の駅前には「千林じゃんじゃん横丁」(Not新世界)な...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (4) レトロ長屋住宅

千林商店街のアーケードを外れ、再度トポス跡のパチンコ屋まで戻ってきた。 このパチンコ屋の周辺も戦災を受けていないエリアなので戦前から残る家屋が多く、見応えのあ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (3) 今市商店街

スーパー「ダイエー」創業の地、千林。 安売り王と呼ばれた男・中内功氏の伝説の地も、いまやパチンコ屋がデーンと建っているというお粗末な状況に堕しているのが平成日本...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (2) ダイエー創業の地

大阪を代表する下町商店街「千林商店街」、テレビでおばちゃんのインタビューに出てくる事では有名だが、もう一つ有名なのがスーパー「ダイエー」創業の地であるという事。...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (1) 一十百千せんばやし

京阪電車の千林駅で降りる。そこは大阪市旭区と守口市の境目にあり、大阪屈指の巨大商店街「千林商店街」が目の前に広がる素の下町ゾーン。 各駅停車しか止まらない千林...

>記事全文を読む

パナソニックの企業城下町だった…大阪府下トップクラス貧民街「門真」を歩く (全3ページ)

パナソニックの企業城下町だった…大阪府下トップクラス貧民街「門真」を歩く (全3ページ)

大阪京橋から京阪電車に乗って門真市にやってきた。 門真市は大阪近郊にある都市で、市の面積は大阪市内の区とそれほど変わらない小規模な自治体ではあるが、これまで松...

>記事全文を読む

NO IMAGE

天理教教会本部・宗教都市「天理」巡礼 (7)

天理教キューピーや天理教キティなどの宗教キャラクターや様々な土産物にうつつを抜かしながらもアーケード商店街をくぐり抜け天理駅方面に向かう。 再びアーケード商店...

>記事全文を読む

NO IMAGE

天理教教会本部・宗教都市「天理」巡礼 (6)

天理教総本山、宗教都市天理のメインストリート「天理本通」には聖地おぢばを訪れる参拝者向けに沢山の土産物屋が軒を連ねている。 お世辞にも繁盛しているとは言えない...

>記事全文を読む

NO IMAGE

天理教教会本部・宗教都市「天理」巡礼 (5)

天理駅から天理教教会本部までを結ぶ全長約1キロのアーケード商店街「天理本通商店街」に沿って天理駅方向に歩いて行く。 天理本通の中でも天理教教会本部に近い三島町...

>記事全文を読む

NO IMAGE

天理教教会本部・宗教都市「天理」巡礼 (4)

天理教教会本部の施設を一巡してきた訳だが、せっかくこの地にやってきたのであれば信者達の祈りの場である神殿・教祖殿だけに限らず神殿南側から眺める景色を是非とも堪能...

>記事全文を読む

NO IMAGE

梅田の隣「中津」 (4) 中津商店街

梅田の隣にありながら発展とは程遠い存在にある中津の街。阪急中津駅の北側、中津三丁目の界隈は奇跡的に空襲を受けずに済んだ古い下町が残っている。 街の真ん中を南北...

>記事全文を読む

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

DEEP案内シリーズ全文検索

DEEP案内シリーズ全サイトから記事の検索ができる便利な機能です。

トップへ戻る