「 商店街 」一覧

全74件中 46〜60件目を表示

NO IMAGE

天理教教会本部・宗教都市「天理」巡礼 (7)

天理教キューピーや天理教キティなどの宗教キャラクターや様々な土産物にうつつを抜かしながらもアーケード商店街をくぐり抜け天理駅方面に向かう。 再びアーケード商店...

>記事全文を読む

NO IMAGE

天理教教会本部・宗教都市「天理」巡礼 (6)

天理教総本山、宗教都市天理のメインストリート「天理本通」には聖地おぢばを訪れる参拝者向けに沢山の土産物屋が軒を連ねている。 お世辞にも繁盛しているとは言えない...

>記事全文を読む

NO IMAGE

天理教教会本部・宗教都市「天理」巡礼 (5)

天理駅から天理教教会本部までを結ぶ全長約1キロのアーケード商店街「天理本通商店街」に沿って天理駅方向に歩いて行く。 天理本通の中でも天理教教会本部に近い三島町...

>記事全文を読む

NO IMAGE

天理教教会本部・宗教都市「天理」巡礼 (4)

天理教教会本部の施設を一巡してきた訳だが、せっかくこの地にやってきたのであれば信者達の祈りの場である神殿・教祖殿だけに限らず神殿南側から眺める景色を是非とも堪能...

>記事全文を読む

NO IMAGE

梅田の隣「中津」 (4) 中津商店街

梅田の隣にありながら発展とは程遠い存在にある中津の街。阪急中津駅の北側、中津三丁目の界隈は奇跡的に空襲を受けずに済んだ古い下町が残っている。 街の真ん中を南北...

>記事全文を読む

NO IMAGE

長田番町 (1) 長田区のコリアタウン

神戸DEEPゾーンと言えば、新開地に続いて見逃してはならないのが「長田区」の存在である。日本のケミカルシューズ産業の集積地である長田区は古い木造家屋が密集する下...

>記事全文を読む

NO IMAGE

新開地商店街 一丁目・二丁目

大阪のDEEPは散々行き尽くしてきたが、神戸のDEEPと言えばやはり「新開地」を外してはならない。そもそもこの地名からして飛田や松島の「新地」と同じ意味を成して...

>記事全文を読む

NO IMAGE

元町高架下商店街「モトコー」 (3)

さらにアンダーグラウンドな高架下商店街を進む大阪DEEP案内取材班。7番街まで続く「モトコー」の端まで歩き尽くして来た。 ガラクタ屋だらけの4番街を抜けると次...

>記事全文を読む

NO IMAGE

元町高架下商店街「モトコー」 (2)

JR元町駅から神戸駅までの高架下部分がまるまる商店街と化している「元町高架下商店街」を訪問。そこには震災にも負けず昔ながらの佇まいをそのまま残す昭和レトロ全開な...

>記事全文を読む

NO IMAGE

元町高架下商店街「モトコー」 (1)

神戸を代表する観光地・南京町中華街や元町商店街などがある元町駅周辺。観光客や買い物客の流れは一向にそちらの方にばかり集中する訳であるが、大阪DEEP案内はそうい...

>記事全文を読む

NO IMAGE

梅田の隣「中崎町」 (4) 突撃!魚屋のカレー

梅田のすぐ隣にあるとは思えない、独特の時間が流れるミステリアスな商店街「天五中崎通」。その一角になんとも怪しげで謎の店がある。 「よしや」というカレーライスの店...

>記事全文を読む

NO IMAGE

下町遺産・西天下茶屋 (3) お好み焼き

引き続き、西天下茶屋の商店街から。 商店街周辺は戦前から市街化しているためモータリゼーションを全く考慮していない。そのため車で入ると一方通行や行き止まりで往生...

>記事全文を読む

NO IMAGE

下町遺産・西天下茶屋 (2) 超レトロ商店街

西成区がDEEPなのは何も釜ヶ崎や飛田あたりだけを見て言っている訳ではない。西天下茶屋の銀座商店街はじめ、この界隈の下町のレトロ具合は半端ではないのだ。 やは...

>記事全文を読む

NO IMAGE

下町遺産・西天下茶屋 (1) ふたりっ子

阪神なんば線が開通した一方で大阪には未だに「南海汐見橋線」という超ローカル路線が細々と運行し続けていて、都会の喧騒とは無関係に忘れ去られたかのような佇まいを残し...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪港DEEP・八幡屋商店街

天保山ハーバービレッジ、海遊館で有名な大阪市港区。 現在のように観光地化される前は、港湾労働者が多く住む下町だった。 大阪港の中心が南港に移ってからは、労働者の...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

大阪DEEP案内へようこそ

2007年7月からサイトを運営しております。関西二府四県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る