「 商店街 」一覧

全79件中 31〜45件目を表示

NO IMAGE

楽しくてしょうないド下町・阪急「庄内」界隈 (5)

まだまだしぶとく庄内界隈を歩き回る大阪DEEP案内取材班。無駄にレポートが長くなったがお付き合いくださいませ。最後は再び庄内駅西口のウエスト商店街に戻ってきた。...

>記事全文を読む

NO IMAGE

楽しくてしょうないド下町・阪急「庄内」界隈 (4)

関西のセレブ路線などと言われる阪急宝塚線も大阪市に近い豊中の庄内あたりはまるっきりベタな下町風景。宝塚歌劇とかにはもっぱら縁遠い庶民が暮らす庄内の街並みをまだま...

>記事全文を読む

NO IMAGE

楽しくてしょうないド下町・阪急「庄内」界隈 (3)

阪急宝塚線庄内駅の周辺をうろうろ探索中の我々取材班、駅東口に残る怪しい飲食店街を見物した後は駅の西側を見て回る事にした。相変わらずどこを見ても雑多でぐっちゃぐち...

>記事全文を読む

NO IMAGE

楽しくてしょうないド下町・阪急「庄内」界隈 (2)

阪急宝塚線庄内駅の周辺は意外にも繁華街めいた一画が残っていたりして昼夜問わず人の姿が多く賑わっている。狭い道路に通り掛かる人波、そして自転車に乗ったままふらふら...

>記事全文を読む

NO IMAGE

楽しくてしょうないド下町・阪急「庄内」界隈 (1)

大阪梅田を起点に宝塚まで伸びる阪急宝塚線。戦前から阪急の沿線開発で高級住宅街が郊外に作られ、宝塚歌劇団のイメージもあって「セレブ路線」として扱われる事も多い路線...

>記事全文を読む

尼のリトル奄美・尼崎市「杭瀬」の市場と商店街を歩く (全3ページ)

尼のリトル奄美・尼崎市「杭瀬」の市場と商店街を歩く (全3ページ)

阪神杭瀬駅から国道2号を跨いで北側に出ると結構な規模の商店街が広がっている。工業都市尼崎の中でもとりわけ鹿児島・奄美出身者が多い杭瀬の街は「リトル奄美」と呼ばれ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

滋賀県の県庁所在地・大津市浜大津界隈

長い夏休み期間中、ネット上では大津市のいじめ自殺報道がらみで随分騒がしくなっておりますが我々はそんな渦中の大津市を訪れていた。中学校や加害生徒の地元を見に来たの...

>記事全文を読む

NO IMAGE

和歌山ぶらくり丁商店街 (5) 中ぶらくり丁と銀座通

和歌山の繁華街、ぶらくり丁のアーケード商店街を引き続き歩き回る事にする。ほんまち通りのフォルテワジマ(旧丸正百貨店)から始まるアーケード街をずずーっと東に向けて...

>記事全文を読む

NO IMAGE

和歌山ぶらくり丁商店街 (4) 真田堀通りバラック

和歌山随一の繁華街「ぶらくり丁」の一角にある真田堀通りは商店街と居酒屋・スナックなどの飲食店が入り交じる、夜の街的な風情が漂う場所。 我々取材班が全然知らない...

>記事全文を読む

NO IMAGE

和歌山ぶらくり丁商店街 (3) ぶらくり丁大通り

和歌山一の繁華街「ぶらくり丁」の真ん中を築地通りがぶち抜いている。この築地通りに面した部分はぶらくり丁大通りと呼ばれていて、中心市街地の目抜き通り的な風情を残し...

>記事全文を読む

NO IMAGE

和歌山ぶらくり丁商店街 (2) 北ぶらくり丁

和歌山を代表する一大繁華街「ぶらくり丁」界隈を歩き回る事にした取材班だが、商店街の余りの寂れっぷりに涙が止まらない。 ぶらくり丁アーケードの北側に並行する「北...

>記事全文を読む

NO IMAGE

和歌山ぶらくり丁商店街 (1) 和歌山一の大都会

大阪DEEP案内取材班がこれまで訪れた事すらない関西2府4県中最強の秘境県「和歌山」の県庁所在地、和歌山市。鉄道は南海線とJR阪和線の2路線が大阪から直結しては...

>記事全文を読む

NO IMAGE

金魚田と遊郭跡の「大和郡山」 (5) 近鉄郡山駅

JR郡山駅から洞泉寺町の遊郭跡を眺めつつ昔の街そのままな道幅の狭い県道を縫うように歩いていくと、1キロくらいの距離で近鉄郡山駅に辿りつける。 近鉄郡山駅は橿原...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (7) 京阪電車のガード下

千林商店街界隈をうろうろしまくった大阪DEEP案内取材班、最後は京阪電車のガード下を潜った反対側に出てみる事にした。 戦前の街並みが残る千林らしく、京阪電車の...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪下町の台所「千林商店街」 (6) じゃんじゃん横丁<後編>

下町の路地裏迷宮ワールド・千林じゃんじゃん横丁界隈を引き続き探索する。 路地の横道のそのまた路地裏にも居酒屋の店舗が残っている。なにやら古めかしい「キリン生ビ...

>記事全文を読む

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

DEEP案内シリーズ全文検索

DEEP案内シリーズ全サイトから記事の検索ができる便利な機能です。

トップへ戻る