この記事を人に教える

楽しくてしょうないド下町・阪急「庄内」界隈 (4)

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

関西のセレブ路線などと言われる阪急宝塚線も大阪市に近い豊中の庄内あたりはまるっきりベタな下町風景。宝塚歌劇とかにはもっぱら縁遠い庶民が暮らす庄内の街並みをまだまだ貪欲に見て行きましょう。

庄内駅前から西側に入るとアーケード商店街「庄内WESTショッピングストリート(庄内本通商店街)」の入口がある。商店街の名前が長ったらしいのでウエスト商店街と呼ぶことにする。周囲は雑居ビルやら何やらが乱立していて雑然としているがアーケード自体は真新しい印象がある。さあ入ってみますかね。



ウエスト商店街の中は案の定下町全開なアーケード街、道幅狭いですがチャリンコは乗ったまま走るのがデフォでございます。なかなかエキサイティングでんな。ぶつかられても謝らないのもデフォ。邪魔だと思われると容赦なくベルが鳴らされます。歩行者優先?なにそれって感じ。

そんなアクの強い商店街にはアクの強い中華料理屋があるというもの。広東料理ハマムラ。レトロな佇まい。
ハマムラというのは関西ローカルで京都発祥の中華チェーン店でシンボルマークが中華帽を被ったオッサンの横顔の輪郭が「ハマムラ」になってる秀逸なものなのだがこの店はそういうのが見当たりません。無関係なんでしょうかね。珉珉や力餅食堂もそうだけどこの手の老舗食堂は謎が多すぎる。

全長200メートル程の庄内ウエスト商店街は昔からの個人商店がメインだが高齢化著しい大阪の下町の例に漏れず介護関連の店がちょいちょい目に入る。あと公明党のポスターも目に入る。完全に大阪市内と変わらん。

そりゃ「楽しくて、庄内」なんて大阪弁丸出しでしょーもないダジャレの一つくらい吐きたくなるのでしょうか、いや、我々取材班は下町大好きなのでとっても楽しいですよ。

そのまんまアーケードを抜けてその先の庄内幸町も見てみましょうね。商店街らしき街並みはアーケードが途切れてからもだらだら続いている。

でもしばらく歩くとシャッターが閉まったままの店ばかりで寂れっぷりが目立ってくる。何しにこんな外れまで歩いて来ているのかというと庄内からも程近い尼崎市戸ノ内町の取材があったからだ。

庄内らへんはまだ郊外と呼べる程の街ではないので駅から離れても延々と貧乏臭いアパートや住宅街やらがぎっしり立ち並んでいる訳だが土地が余っていないのか知らんが屋根上に無理矢理ガーデニングの土台を作っている家を発見。無茶するよなあ…

未だに風呂なしアパートも多い土地柄なので銭湯も客が大入りになっている。庄内幸町の播磨温泉。銭湯でも「温泉」と名乗るのは関西仕様。

さらにこのへん一帯の住宅街を見渡すとこんな素晴らしい佇まいの「文化住宅」が山ほど見つかるはずだ。地図でも確認すると至る所に「○○文化」と書かれたアパート物件が転がっている。

文化住宅の宝庫たる豊中の庄内、大阪市内が市営住宅だらけなのに対してこのへんは民間地主のボロアパートが主体となっている。戦後の高度経済成長期にこのへんの農地がまるっきり文化住宅に建て替えられてこうなった。

ボロアパート街につきものの銭湯とコインランドリー。庄内ではまだまだ現役稼働中。24時間営業なのも時間を選ばず働く労働者には心強いみなさまの「太陽」。

狭いながらも一通りの設備は整ったコインランドリー内部。それは決して昭和のノスタルジーじゃなくて、ここ庄内では一般生活の一部なんです。

壁に貼られた注意書きの張り紙。「ズック靴」「地下足袋」といった語句の数々に庶民の暮らしっぷりを感じる事が出来る。それはいいけど「犬猫のマット」って…そんなにペットを飼ってる人が多いのだろうか。汚れるからみんな使用禁止ですよ。

こんなに駅から外れた場所にも居酒屋がちょくちょくある訳ですが「ちょっと一杯 またきて屋」…(笑)いやあ大阪らしさ全開でしょーないですね。

ウォーカームック  豊中吹田ウォーカー2011年版  61803‐29 (ウォーカームック 227)
角川マーケティング(角川グループパブリッシング) (2011-01-28)
売り上げランキング: 325318
力王 足袋 力王スパイク地下たび 大コハゼ8枚 spk8 黒 25.5cm
力王 (2012-07-05)
売り上げランキング: 12612
The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る