この記事を人に教える

味園ビルだけじゃない。千日前の激昭和レトロラウンジ「ミス大阪」もめちゃカッコええ

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

大阪ミナミ千日前、この土地には「昭和」の盛り場の風情がこびりついていて何気に凄い訳ですが、そんな昭和遺産的な物件をいくつか当たってみようと思ってこの界隈をふらふら歩いてみました。

中央区 千日前

まず千日前と言えば有名過ぎる「味園ビル」が第一に思い浮かびますわな。ここも「ユニバース」という大型キャバレーがあったが2011年3月に惜しくも閉店、今では貸ホールになっていて、特に二階の飲食街なんかはアングラサブカル路線のバーやライブハウスが続々入居してもはや関西サブカル界の聖地と化している。

中央区 千日前

そりゃ味園ビルは超が着くほど有名だが、何も千日前は味園ビルだけではおまへんで!という光景があるんですよ。味園ビルからスッと難波寄りに戻ったところの筋を北へピャーっと入ってもらえまへんかね。ほらなんかありますよ。

中央区 千日前

そこにあるのはこれまたとんでもないド派手な外観を持つ大型キャバレー「ミス大阪」の建物なのであった。味園ビルのユニバース亡き今、大阪ミナミで現役で昭和スタイルを貫き営業し続けている生きた化…いや、老舗中の老舗なのだ。

中央区 千日前

しかも周囲を見てもらえれば分かるが「ミス大阪」以外にも系列店の建物がここら一帯にひしめいていて「ミスパール」だとか「ザ・フレッシュ」といった店もある。ミスパールなんか見て下さいよ。看板が真珠貝か帆立貝か知らんけど貝殻の形になってますやん。凝り過ぎですよ。

中央区 千日前

このミス大阪、戦前の昭和12(1937)年創業、戦後は千日前のこの場所に移転し現在まで70年以上にわたってミナミの夜を見守り続けてきた。高度経済成長期には連日満員御礼で札束が飛び交いまくっていたという。2フロア300坪という規模の大型キャバレーは全国でも珍しくなっている。

中央区 千日前

どこがフレッシュやねんとツッコミを入れたくなる気持ちも分からないでもないがネーミングセンスがレトロ過ぎて涙が出そうになる「ザ・フレッシュ」。激安路線で現役続行中だそうで何とも景気が良さそうですね。

中央区 千日前

ミス大阪の建物一階にはお花屋さんもあります。長年夜の街と共に生き続けてきた花屋もたまたま前を通りがかったのが正月前だったのでシャッター降ろしていました。でもシャッターの絵が妙にツボにはまる件。擬人化したチューリップさんが「花屋でーす」とベタにアピール。

中央区 千日前

ミス大阪、ミスパール、ザ・フレッシュの三店舗はいずれも「鳥よしグループ」が経営しているようで、大宴会場、和食と鳥料理の「鳥よし本店」も隣接しとります。

中央区 千日前

そして、やっぱりこういうお店は夜が本番なので日が落ちてから見に来なあきまへんがな。レトロ感半端ない「ミス大阪」のネオン看板が七色に光っている。テンション上がらずにはいられません。

中央区 千日前

もはやこのような昭和スタイルを貫く大型キャバレーは全国的にも無くなりつつある絶滅危惧種。東京に行って銀座や新宿で同じような場所を探そうとしても該当する箇所がない。そんな中でこれだけのネオンサインを轟かせている場所はもはや大阪千日前のここだけしかない気がする。その意味では貴重だし、無くなる前には一回くらい店にお邪魔したいですよね。なかなか大阪まで出向く機会がないのが歯がゆい所です。


The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

トップへ戻る