この記事を人に教える

大阪下町の台所「千林商店街」 (5) じゃんじゃん横丁<前編>

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

大規模アーケード商店街やレトロ長屋だけが千林ではない。非戦災地区だったため区画整理とは全く無縁の街だった千林の駅前には「千林じゃんじゃん横丁」(Not新世界)なる路地裏迷宮ワールドが存在している。
105-110.jpg
千林じゃんじゃん横丁は京阪電車の千林駅を降りてすぐそこ。ただでさえ狭苦しい路地の多い千林界隈でもここら一帯は建物の密集率も半端なく、さらに曲がりくねった路地がいくつも絡み合っている。


105-111.jpg
あの通天閣下の「新世界」からインスパイヤされたような印象を受ける千林のじゃんじゃん横丁、その名の通りに居酒屋や飲食店がメインの商店街で、迷路のような路地にぎっしりと店が集まっているのだ。鶴橋あたりもカオスだけど、こっちは戦前から残っている路地だからな。
105-112.jpg
地元民は相変わらずこんな路地でもスイスイ自転車で通り抜けて行くが、土地勘がないと迷子になる事必至である。火事でもあったらえらい事になりそうだが、奇跡的にもそういった災害には無縁のようだ。
105-115.jpg
千林駅方面から通り抜けてきた路地を振り返ると、さらに二叉に分かれていた。路地のY字路には建物全面を覆い尽くすクリーニング屋の看板を掲げた家がある。狭い路地の間に家を建てたのもあるのだろうが、通路の確保を勘案して2階部分がせり出しているのだ。
105-113.jpg
さらにその先の道も二叉に分かれている。こんな場所に車突っ込んだらパニックになりそうやがな。ちなみに手前にももう一本路地が商店街の方に伸びているので、言うなれば路地裏の五つ叉か。
105-114.jpg
古臭いパチンコ屋の看板が味わい深い。看板だけ残っているが、肝心の店がどこにあるのか探してもわからなかった。ネオンサインの矢印の先には何にもありませんぜ。
105-117.jpg
バリバリ昭和の佇まいを残す路地のスナック、軒先にはお決まりの公明党ポスター。そうかそうか。
105-118.jpg
この二叉には古めかしい喫茶店やらバーが密集している。どこか大人の街といった風情。だがピンサロとかそういった如何わしい系の店はどこにも無かった。
105-116.jpg
京橋あたりの勢いには負けるが、それでも夜ともなれば賑やかに赤提灯が灯る千林のじゃんじゃん横丁。アダルト系の店はどこを見回しても無いのだが、そういえば近所には知る人ぞ知る滝井新地があった。
105-119.jpg
迷路のような路地だが、どこを通っても結局千林商店街のアーケードに辿りつけてしまう。それだけ大きな商店街な訳だ。
105-120.jpg
さらに路地の脇道に入るとこっそり質屋なんぞもあって、細かい一軒家がずらりと並ぶ住宅街もある。
路地裏迷宮ゾーンはまだまだ続くようだ。

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る