この記事を人に教える

大阪市営渡船「落合上渡船場」

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

木津川と尻無川に囲まれた大正区、どちらの川も大型船舶が通る運河であるため、橋を掛けることができない。
そのために大正区には市営の渡船場が7つ存在する。
古くは明治時代から労働者の集まる街、大正区の庶民の足として使われてきた。乗船は一切無料。
落合上渡船場(大正区側)
その渡船場の一つ「落合上渡船場」は、木津川を跨いで大正区千島と西成区北津守を結ぶ。


落合上渡船場(西成区側)
そこは都会の中の盲点、失われた時間が存在する、港の下町。
基本的に通勤通学者が多い。両区に高校があるため、時間帯によっては学生だらけになる。
教育がどないなっとるのか、人前で平然とタバコをふかすような学生なのだが、これは昔からの話。
乗船口
西成区側から乗船した。
こちらも「津守村」というほどの都会の田舎、南海電鉄汐見橋線(高野線)というこれまたとてつもない都会の田舎ローカル鉄道が走る秘境地帯だったりするのだが、ここの紹介はまた後日にしよう。
渡船
木津川を渡る船。大阪市の市営渡船は全て自転車持込可能。
船頭は市職員
渡船の運転業務は全て大阪市建設局の正規職員が行っている。
木津川水門
すぐ北側に大阪府が設置した「木津川水門」があり、高潮や津波発生時に防潮堤としての役割を果たす。
しかし気になるのがその向こう…
あの小屋は何?
バラック小屋みたいなのがズラリと並んでいるのが見える。
運河の岸壁沿いに建つ倉庫にしては用途がよくわからないし、数も多すぎる。
あまつさえ、ゴミ箱やテレビのアンテナなど、生活臭を感じさせるアイテムも置かれている所を見ると、どうやら西成名物「ホームレス小屋」のバラック群だということがわかった。
ホームレスのおうち
ある意味、日本社会の最もアンダーグラウンドな側面を背負う西成ならではの風景だ。
どうして、こんな場所で生活を余儀なくされているのだろうか。
小屋の住人?
あんまり気になる物件なので、国道43号の歩行者用連絡橋の上から再びバラック群の様子を眺めた。
近づいてみると、小屋のどれもがご丁寧に扉まで付いていて、雨風を凌げる構造になっているのだ。
時々、人の出入りもあることからして、これは住居に違いないだろう。
これも大阪の現実
こういう人がいるという現実を誰も直視しようとしないことが、大阪の深刻な問題点の一つであると言わざるを得ない。
シリアスな街、西成区の日常の一コマでした。

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る