この記事を人に教える

天王寺レトロ最後の聖域「天王寺駅前阪和商店街」 (2)

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

「あべの銀座商店街」が消えてしまった今、天王寺駅前に唯一残る昭和の残滓「阪和商店街」の内部を引き続き散策する。
106-146.jpg
谷町筋方面から入ると南北二本のアーケード街が50メートル程並行している。現役の店はすべからく居酒屋ばかりだが、本来は菓子問屋や玩具問屋が多い商店街である。


106-205.jpg
戦後から続くという玩具・菓子問屋の一つ。まさに時代に取り残されたという表現しか思い浮かばない。買い物客の姿もなく、それぞれの店舗も総じて商売っ気がない。
106-206.jpg
それでも店先に大量に並べられた駄菓子や玩具などの商品の数々を見ると、ここが商店街として栄えていた面影を感じさせる。鶴橋に行くと似たようなノリの店がまだ残っているが、天王寺の阪和商店街は一足先に消えてしまいそうな予感がする。
106-144.jpg
南北二本のアーケード街の間は時折こうして通り抜けが可能となっている。天井が低くなっているが建物が繋がっているからだろうか。天王寺の路地裏に潜むプチ九龍城砦。
106-148.jpg
店の脇に大量の一斗缶が置かれたままになっている。夜は人通りも消え、ただでさえ怪しい雰囲気がさらに濃密になる。
106-149.jpg
別の店先にも陳列棚に錆び付いた一斗缶が積み上げられていた。もう何年もこのままで放置されているので、おそらく店主も居なくなってしまったのかも知れない。
106-208.jpg
一応公衆トイレも用意されているらしく古びた案内看板が掛かっている。使うのにはちょっと勇気が要りそうだけど、トイレのドアにはピースボートのポスターがベッタリ貼りつけられていた。
106-153.jpg
現在この商店街で現役の菓子・玩具問屋は3、4軒程度だそうだ。昭和30年代くらいのリアルな風貌の菓子問屋ワタナベ。
106-154.jpg
建物はもちろん外装や営業スタイルも、どう見ても当時のままである。
106-151.jpg
戦後の食糧難からようやく砂糖が出回った頃、ここに沢山の飴屋・菓子屋が出来た事が阪和商店街の始まりで、奈良や和歌山方面から買い出しに訪れた人々で繁盛したという。
どうしても天王寺と存在が被る東京上野のアメヤ横丁と似たような経緯だが、安物買いの庶民でごったがえすアメ横とはどえらい違いだ。
106-204.jpg
ちなみに、天王寺駅北口を降りた目の前にあったはずの老舗キャバレー「サロンタイペー」もいつしか消えてしまいダイコクドラッグに姿を変えている。建物はそのままだが大きく改装されてしまい面影は残っていない。
106-201.jpg
在りし日のサロンタイペー。(2008年10月撮影)駅前でのっけからコレがデフォルトだったのがかつての天王寺だった。
そして谷町筋を挟んだ先の天王寺公園には将棋を打ってるオッサンの集団やホームレス小屋が団地のごとく並ぶ光景、そして年がら年中青空カラオケの歌声が聞こえているというのも、かつての天王寺の風景だった。だがそれは全て姿を消した。
106-202.jpg
求人広告に出ていた18~35歳の女性も今ではすっかりお婆さんだろうな。
近所の路地で夜な夜な立ちんぼで稼いでる外国人ババアもその年代くらいですが…
「リッチなレジャーショッピングを」の文言が戦後ど真ん中直球な価値観を反映させている。
106-203.jpg
既に廃墟寸前でフレッシュレディなど出てくる気配も露ほどもない訳だが、静かにその幕を下ろしたようだ。急速に”浄化”されていく大阪ディープサウスの玄関口の将来に激しく不安を感じる。

Sprout
Sprout

posted with amazlet at 11.04.13
Libra Record (2010-12-15)
売り上げランキング: 3244
I・N・G
I・N・G

posted with amazlet at 11.04.13
SHINGO★西成
昭和レコード (2010-11-10)
売り上げランキング: 13751
The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る