この記事を人に教える

大阪の商業集積地・船場

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

大阪都心部、南北に碁盤の目状に広がる街路。それは古くからの「天下の台所」大阪の象徴でもある商いの中心地「船場」。江戸時代、豊臣秀吉が平野や堺、京都、伏見などから商人を強制的に呼び集め、城下町を作り上げ物流の集積地としてこの地を機能させた事に始まる。物資や武器の調達を簡便にするためだった。

街が碁盤目状なのはまさしく京都に見習っての事だ。現在でもその形はくっきりと残っている。

現在「船場」という地名を聞くと、繊維問屋の町であり、駅で言うと本町・堺筋本町のあたりを指すが、本来豊臣秀吉の計画で作られた「船場」は西は阿波座あたりにあった西横堀川、東は堺筋の東側にある東横堀川、北は土佐堀川、南は長堀通までの範囲を指す。この界隈は繊維だけではなく様々な物資の物流拠点であり、日本最大規模の商業集積地である事に変わりはない。

自動車も鉄道もなかった時代の移動・物流手段はもっぱら「船」である。船場では縦横無尽に堀川が築かれ、商人達が船で大阪港からやってきて、直接問屋街まで乗り入れる事ができた。「船場」の地名も「船着場」から来ているという説が有力である。現在堀川は殆どが埋め立てられ、大阪八百八橋、水の都と言ってもイマイチピンと来ないものがあるが。

船場センタービル

そんな船場のど真ん中、中央大通の中央(地名も中央区船場中央)を東西に貫く広大なビルがある。「船場センタービル」。東から数えて1号館から10号館まで、地下鉄中央線堺筋本町駅と本町駅の間をぶちぬくように作られた巨大ショッピングモールは大阪万博開催年である昭和45(1970)年完成。この時期の大阪ってイケイケドンドンだったわけですね。

上には高速道路、下には地下鉄

下には地下鉄、上には阪神高速と一般道が走り、高架道路と一体化したビルは、出来た当初は相当珍しい存在だったに違いない。地下鉄中央線の本町駅、堺筋本町駅が開業したのも、ビルが完成する前の昭和44(1969)年の事だ。

しかし、そんなイケイケドンドンだった時代からはや38年。約1000店舗が入居できる船場センタービルも「寂れちゃってるね」感が拭えない。高度経済成長の折、当初の船場は過密化の問題があり、大阪万博の開催の為の再開発も伴って作られた「新大阪センイシティー」や箕面市の「新船場」など、新たに造成した郊外の問屋街に移転した店も多いのだが、現在は3ヶ所とも見事に寂れてきてしまっているのがなんとも皮肉な所だ。

噂の激安下着屋

だがそんな船場センタービルも相変わらずアクの強い店が生き残っている。超有名な噂の激安下着屋は今も健在。
ケンカ商法」と呼ばれるこの店舗独特のスタイルは、一見すると大阪庶民に理解されにくいと思われるのだが、それが一応成功を収めているのは何故だと思います?

注意書きがいっぱい

店の表には注意書きがぎっしり。子供連れ、男性単独の入店はお断りですよと。荷物は店内に置いてからビニールバッグをもらって、それから買い物しなさいよと。丁寧に両手で扱ってくださいよと、見た品物はきちんと畳んでくださいよと。
レジは一人一日一回!それ以上は手間が掛かる!コストの無駄!包装も返品もサイズ交換も色の交換も一切しません!

すげぇ…

ぜひ大阪市長に就任してください(笑)

ビビる注意書き

「お客様は神様です」が当たり前のこの国にあって、180度違う営業方針。開き直って「客を選ぶ店」であるという事をアピールしている。

店の前に張られたでかいポスターに取引条件が延々と書かれているのだが、マナーが守れない客を消費者物価の大敵、ノータリン呼ばわりしているのが実に清々しい(笑)9番の日本語が不自由な日本人、外国人は日本語で話す努力をする事、というのも笑える。この店のご主人は人権屋に差別ニダと糾弾されたりした事ないのでしょうか。そして6,7,8番の省略が意味深です。

まあ、この店の主張するものは良く分かる。だいたい「激安衣料」なんて大々的に売り出すと群がる客はDQNばかりに決まっている。子供に売り物をくちゃくちゃにされたりくわえタバコで店に入られたり、下らん事でイチャモン付けられたり、ろくな事にならないのは火を見るより明らかだ。だからここのご主人は「客を叱り飛ばす」事に決めた。あえて店が客を選ぶ事で良質な「激安衣料店」のクオリティを保っている訳である。

船場だから成り立つのであって、私の地元の港区でこんな店を建てたらまず3ヶ月も持たないだろうな(笑)

アクの強い店が多いですね

他にも随分とアクの強いお店が多いのが船場センタービルの特徴である。行政主導で作られたテナントビルの中身ってのは市場原理とはまた違うベクトルが掛かる為に、店舗の種類も非常に個性的な所が多い。他にも、大阪駅前第1ビルから第4ビルだったり、天満橋のOMMビルだったり、阿倍野再開発地区のあべのベルタだったり、枚挙に暇がない。総じて寂れているのも大きな特徴。

船場心斎橋筋

同じ心斎橋筋でも船場の心斎橋筋は別世界。通行人の平均年齢が20以上高い。つまりオバハンだらけ。

卸問屋だらけ

この界隈は本当に衣料品の卸問屋だらけの町である。「一見さんお断り」「個人客お断り」などと書かれていてなんだか冷たい。まるで京都みたいだ(笑)そもそも船場は京都を見習って出来た町なので納得が行くんですが…

基本的に卸問屋なので個人の飛び込みの客が少量だけ買っていくのは煙たがれる傾向にある。しかし実際はそうでもなく、船場界隈にいくつもある一部のデパートのような身なりの大型卸店では個人客でも会員登録でき、買い物ができる店舗もいくつか存在する。元々は完全に小売店向けの卸だったものが個人客を対象に個人会員カードを発行するようになった。

市場原理からすると卸から個人が直に買える事をあまり末端の消費者に知れ渡るのはまずいので、テレビで大々的に広告を流す事もしない。だが昨今の価格破壊「中抜き」競争でそのようなタブーも年々希薄化している為、卸業者もやはり切羽詰っているのかも知れない。別に繊維問屋だけではなくあらゆる商品に「中抜き」が起きている。商都大阪の凋落はこんな所からも進行している。

そもそも大阪商人のシンボル的な街である船場が「卸」の街で、殊更大阪には「伊藤忠」「住友」などの商社が興った土地柄であり、商品を右から左に流してバックマージンを頂く事を生業としていた商人が、ネットの普及などで「中抜き」現象が起き軒並み駆逐されている事を背景として、なんとなく船場が「寂れちゃったな」という印象に跳ね返ってきているのかも知れない。

船場吉兆

で、噂の「船場吉兆」もこの場所に店を構えている訳だが(笑)

ともかく、閉鎖的で前時代的な権威は脆く崩れ去ろうとしているのかも知れない。食品産地偽装するわ消費期限ラベルを張り替えるわというのも情けない行為だが、先祖代々守り抜いてきた由緒ある「吉兆」の屋号をやすやすとよその作ったプリンやなんかに与えたりする時点で、破綻してしまっているよな。

「船場」は時代の変革が求められている。
このまま大阪が沈没するかどうかは、大阪の商業的中心「船場」の成り行き次第と言っても良いかも知れません。

参考記事
「街のイメージに関する調査(大阪周辺)」
橋爪紳也さんに聞く大阪再生の処方箋

参考になりそうな書籍

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る