この記事を人に教える

神戸ディープ・長田区 (1) 神戸の履き倒れ

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

晩秋の三連休、私は大阪を少し離れ、神戸市長田区にやってきていた。

余談になるが、あちこち歩き回っているので靴の底の減り方がやけに早いのが前から気になっていた。靴を買おうと思ったら、これまでは大阪市浪速区の大国町に行き、地下鉄入口を出てまん前の所にある「靴のトミヤマ」でたいがい買い物を済ませていたのだが、あろうことか靴のトミヤマはとうの昔に廃業してしまい、あのシンボルマークとも思えるトミヤマのビルも長らく廃墟と化していた。

靴に限らず、ベルト・鞄など、大阪市内有数の皮革産業の街である大国町は随分と寂れ切ってしまい、一時期は違法風俗店が軒を連ね、難波の隣にも関わらず恐ろしくカオスで閑散とした街になってしまっている。

そこでわざわざ神戸市まで遠征し、日本最大のケミカルシューズの産地である長田区を訪れたのである。

新長田駅前

大阪からJR神戸線で約30分、新長田駅を降りて北口に出るとそこには大きく靴の街をアピールする看板と、赤い靴がトレードマークの「シューズプラザ」を案内する看板が掛かっている。

京の着倒れ、大阪の食い倒れ、そして神戸の「履き倒れ」と言われる所以が、長田の靴産業。

しかし12年前の震災で、古い木造家屋が密集していた長田区エリアは神戸市内で最大の火災被害に見舞われた。多くの靴製造工場が焼け落ち、そこで働く人の家も無くなってしまい、人口は激減した。

長田の町並み

見た目には綺麗に住宅が立ち並び、一見すると街は復興したかのように見えてはいるが、それでも長田区だけは神戸市の中でも人口の流出が止まらない唯一の区だそうだ。それほどまでにダメージは計り知れないのである。

シューズプラザ

新長田駅から少し離れた所にある「シューズプラザ」。巨大な赤いハイヒールが目印の建物だが、全国シェア8割を占めるケミカルシューズの一大産地として、シンボルマーク的な施設が欲しいという事で建てたのだと思うが、駅から離れた場所にある為か閑古鳥が鳴いている。どうもズッコケた感じがしないでもない。調べてみると案の定神戸市の三セクが運営している。

閑散とした館内

開業したのは2000年7月だそうだ。しかし開業初年度のみはよかったものの、それ以降は赤字続きという状態に。なんかフェスティバルゲートみたいやな。詳細は神戸新聞の記事にて。靴専門ショッピングモールとしても中途半端だし、アジア交流プラザとか、靴と直接関係のない施設までごちゃまぜに入居してて、結局何をやりたいのか分からないハコモノだといったところか。

靴工場マップ

シューズプラザ内にある靴工場マップ。基本的には長田の靴工場も、資本力の弱い中小零細企業の集積である。だから、大災害に見舞われて10年以上も経つ現在も元通りの活気を取り戻していない苦しい現状がある。長田区の人口は震災前の8割から全く増えていかない。

下の欄には長田区以外の業者の名前が書かれているが、大阪市の業者もある。何故か生野区ばかりである。

それにしても、いくらなんでも3連休なのにシューズプラザの閑古鳥ぶりは異常だと思ってはいたが、実はこの日、新長田駅前では「靴の街長田」らしく大きなイベントが行われていた。

くつっ子まつり

それが「くつっ子まつり」。長田区に本拠を置く日本ケミカルシューズ工業組合が主催して、年3回、JR新長田駅前で行われるイベント。靴工場直売のバザールがズラズラ~っと並んでいる。

靴大売出し

どこを見回しても靴だらけ。「1万円の靴が2500円でーす!」と大声を挙げる店員。そこに威勢良く群がるのはオバハンである。神戸も大阪も関係ない。オバハンパワーに国境はありません。

もちろん屋台料理コーナーもあるのですが…

ぼっかけカレーうどん

長田と言えば「ぼっかけ」。神戸のダウンタウン長田区のソウルフード。牛すじとこんにゃくを入れてグツグツ煮込んで甘辛く仕上げた保存食。これをうどんや丼、または豚まんの具などに自由に放り込むのだ。写真はぼっかけカレーうどん350円。うまい。

他にも神戸下町の味では「そばめし」が有名だが、これも長田区発祥の料理だという。

西神戸朝鮮初級学校

他にも朝鮮学校が出店してチヂミを焼いていたり。そう、長田区は兵庫県最大級のコリアタウンでもある。人口の1割近くが在日韓国・朝鮮人とも言われているのだが、意外に知られていない。次回は神戸長田のコリアタウン事情を少し案内するとしよう。

>次のページへ

長田名物・ぼっかけ

京の「着倒れ」神戸の「履き倒れ」



The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

トップへ戻る