この記事を人に教える

南河内・富田林だんじり (2) DQN仕様

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

富田林で有名な祭りと言えば、大阪中のDQNを呼び寄せる事で有名なPL花火大会?いや、それだけではない。

知る人ぞ知る南河内・富田林のだんじり祭。
略して「とんまつり」(by みうらじゅん)

10月第三週の金土日、3日間の最終日である日曜の晩、富田林駅前では地元民にも非難轟々、深夜遅くまでのバカ騒ぎが延々繰り広げられるという。富田林市民である友人の案内のもと、10月21日日曜7時半から、富田林駅前にて張り込み取材を敢行した。

ここは地獄の...じゃなくて富田林市若松町一丁目

とりわけDQN度最強なのが、富田林駅東側すぐに位置する「若松町一丁目」(通称「若一」)と「新堂」の2つのだんじりである。早速若松町一丁目に行ってみたら、のっけからDQN仕様の原付バイクが出迎えてくれました。

南河内・富田林だんじり祭レポートの続編です。初めからお読みの方はこちらからどうぞ



富田林駅前

日が暮れてから、ぼちぼちとギャラリーが集まってくるのだが…どこを見回しても亀田兄弟と倖田來未もどきの少年少女がズラーリ。

夜7時半過ぎから、駅前の道路を封鎖して、いよいよ噂のDQN仕様だんじりがやってくる。

若一ひよこ会

えらい可愛らしいだんじりが…と思ったら、これは「若一ひよこ会」という、一回り小さい子供用だんじりだった。黄色い提灯がひよこをイメージしているのだろうか。見た目とは裏腹に、だんじりを引っ張る面々はコワモテ揃いだ。
そして次に現われたるが富田林だんじり最強、若一だんじりである。

あれが若一だんじりだ!

「いかにも」な風貌のデコトラ風電飾提灯、そこから時折強烈な光を放つフラッシュランプ、中央にはひときわ大きな七色に光る「若一」の提灯。だんじりの屋根の上では旗を振る男、だんじりを曳く男衆も他のだんじりとは明らかに違う!というか周囲のギャラリーも明らかに違う!

DQN仕様

DQNだんじり

だんじりの概念を根底から覆すデザインである。

レーザー光線機搭載ハイテクだんじり

写真ではやや見づらいが、前面上部には緑色のレーザー光線機までもが搭載されている。これはだんじりという名の暴走族車だ。

不良少年

ええと、これはどこの「氣志團」でしょうか?(笑)

若一青年團現る!

これが南河内狂祭一家

「若一青年團」や!!!!

紙吹雪

富田林駅前の道に入るなり、突然紙吹雪を舞い上がらせる若一青年團。

さすが富田林最凶のだんじり「若一」。掛け声すら狂っている!
狂祭!狂祭!狂祭!狂祭!

縦しゃくり

特攻ラッパの音とともに激しく縦しゃくりを繰り広げる若一だんじり。
さて、ここで迎え撃つはもう一つのDQNだんじり「新堂」である。

迎え撃つは新堂だんじり

こちらは「若一」のような点滅系の照明はないが、ひときわ明るい真っ赤な提灯の下に集うだんじり娘の一団が印象的だ。
若一が「氣志團」ならば、新堂は「DJ OZMA」といったところである。

ライブハウス状態

富田林駅前をたちまちライブハウス状態にしてしまう新堂だんじり。

若一も負けじと

暴走だんじり

すると若一も負けずに縦しゃくり・横しゃくりを連発!だんじりが壊れそうな程の勢いで前後左右に揺れるだんじりが地面を打つ度にコンクリートの響く音が足元に伝わる。

新堂も紙吹雪

若一に続いて新堂も紅白の紙吹雪を大量に空に撒き散らす。

紙吹雪

一年に一度、一世一代の南河内DQNの晴れ舞台、ここにあり。

若一は「タ●モトピアノ」のダンサーもどきを並べて「笑点」のテーマに合わせてダンシング。

下品

新堂も上半身裸の阿呆が出てきてパフォーマンス。やっぱりこいつらだんじり界のDJ
OZMAだ。
まだまだ富田林DQNだんじり祭は続くぜ!

>次のページへ

参考記事
南河内だんじり祭り

参考書籍


The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る