この記事を人に教える

天王寺ホームレス事情 (2)

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

市民というよりは、ホームレスの憩いの場となっている「天王寺公園」の日常。

天王寺公園レポートの続編です。初めからお読みの方はこちらからどうぞ

天王寺公園入場ゲート

1987(昭和62)年に「天王寺博覧会」が開催されたのをきっかけに、公園自体を柵で取り囲みゲートを設け有料化した「天王寺公園」。天王寺駅側の入場ゲートは毎朝9時30分に開くまでは外部の人間が立ち入る事が出来ない。昔、ここに自由に出入りできた頃の公園を想像すると、どんな状態だったのかはなんとなく予想がつく。

ここからの写真は2006年4月に訪れた時のものです。

ホームレステント

公園の外にはご覧の通り、野宿者の住む小屋がズラリと並んでいるのだ。

天王寺駅前

JR天王寺駅に面する公園入場ゲート前の広場も、常日頃からこうして多くのオッサンがたむろして、思い思いに時間を過ごしている。ベンチで一日中座ってるオッサンオバハン連中は多分ホームレスだろう。中には飼い犬を連れたオッサンも多い。

本来は市民の憩いの場だが、怖くて近寄れないのか、一般の家族連れの姿はほとんど見かけない。

将棋広場

やはり特徴的なのはあちらこちらで将棋の勝負をしていることだろう。新世界にある将棋クラブでお金を払って打つ余裕のないオッサンらなのかは知らんが、傍から見ると異様な光景に映ることには違いない。

真剣勝負です

将棋の駒を持つ方も見る方も、その目は真剣。それはいいけど…犬…

公園横の通路

さらに天王寺公園横の南側、歩行者通路沿いにはまた沢山のホームレステントが並んでいた。

とある野宿者の小屋

一般市民はホームレスに対して様々な偏見を持ってしまいがちになるものだが、彼らの多くは自立したいと願っているし、その暮らしぶりも決して怠惰なものではないということが、この綺麗に整頓された小屋の姿を見ても分かる。

階段を下りた先も...

その先も、公園の端までテント群は続く。

テントがズラリ

使用禁止のテープが...

この通りのテントは電車の窓からも良く見えてしまうので、景観上の理由からか行政の監視の目が厳しいようだ。本来なら全て不法占有物で撤去されても仕方がないテントなのだが、いたちごっこで仕事が間に合わず、どうしても目に付きやすい場所を優先的に…ということかも知れない。

ホームレス詩人・春バージョン

あの「ホームレス詩人」テントの詩集は春バージョンになってました。
でも、天王寺公園の春も、この人にとってはこれが最後の年となったわけである。

飼い犬?

なぜか知らぬが大阪のホームレスは飼い犬を所有している者が多い。どこでどう暮らしてきた犬かもわからんやつに、噛まれても知らんぞ。天王寺公園に居る奴らは比較的大人しいですけどね。

テントが消えていた

結局、公園南側の通りも、2007年になってからは全て工事の為に野宿者を全員立ち退かせてしまっていた。

きれいさっぱり

これもそれも、わずか9日間の「世界陸上大阪」のため。それが終わると、どうせまた元通りなんだろうけど。

参考ページ
天王寺・青空カラオケ - 2ちゃんねるのコテ「ロンメル銭湯兵」氏による天王寺公園レポート。

参考になりそうな書籍

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る