この記事を人に教える

天下茶屋の聖天さん 聖天山正圓寺

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

阪堺電車北天下茶屋駅前の路地をさらに進むと、「聖天山公園」がある。ここが阿倍野区との境になっている。

聖天山公園

あの「あいりん」からは2キロ程度しか離れていないというのに、西成のイメージとは程遠い閑静な住宅街。(一応阿倍野区だが)そのど真ん中に、聖天山という小さな山があって、山は地元で「聖天さん」と呼ばれる正圓寺という寺の境内になっている。



寺へ向かう道

公園側から入ると、こちらが寺の入口になる。

正圓寺

地元では「天下茶屋の聖天さん」と親しまれている「聖天山正圓寺」。「聖天さん」というのは実はインド神話のガネーシャ神と同じ。

聖天山正圓寺

この寺が建つ聖天山の頂上は、天保山などと並んで「大阪五低山」(別名・大阪アルプス 笑)の一つに数えられている。

寺の由緒

このお寺も歴史は古く、天慶2(939)年に光道和尚が現在の松虫交差点の付近に開基した「般若山阿部寺」が最初と言われる。元禄年間にこの場所に移築再建されたものである。公園部分には古墳も残されている。

正圓寺境内

私が思うに、大阪も長い歴史のある町、そのルーツである上町台地界隈を歩き回るのも、京都や奈良と同じくらい意義のある観光コースだと考えているのだが、そこんところのアピールが下手糞なのが大阪市クオリティ。

鳥居

「正圓寺」も、やはり寺なのに鳥居がある、こちらも生駒聖天・宝山寺と同じく神仏混合の様式だ。同じ境内には「聖天神社」もある。

せっかくの由緒ある寺のある、聖天山公園内は、すっかりホームレスのテント村と化していた。

ホームレステント

相変わらずここでも大阪市はトラ柵をバリケードにホームレスの小屋掛けを邪魔するばかりである。

ホームレステント

やっぱりここは西成だった。さしずめ「聖天山野宿労働者野営基地」といったところか。

ホームレステント

目の前がお寺なので、住職が気を利かせているのか、諦めているのか知らないが、本当にフツーの街中の公園が野営基地と化している、そんな様相の場所である。

ホームレステント

ここで生活できている者はまだまともな部類だろう。自立支援センターのキャパシティが圧倒的に足らない今の現状では、彼ら野宿生活者は危険な大通りの中央分離帯や河川敷、はたまた木津川の岸壁のような危ない場所に小屋掛けする他ない。どうにも進歩がありません。

参考記事
鉄道沿線ぶらり旅 天下茶屋駅 – 大阪日日新聞
森琴石と歩くおおさかの町 聖天山 - 大阪日日新聞

お寺萌えな書籍

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る