この記事を人に教える

海上自衛隊舞鶴地方隊 自衛隊桟橋見学 (2)

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

舞鶴自衛隊レポートの続編です。初めからお読みの方はこちらからどうぞ

「あたご」と「みょうこう」

今、「はるな」の艦上から目の前に見える二隻の船、世界最強クラスの防衛性能を誇るイージスシステム搭載護衛艦「あたご」と「みょうこう」の2つである。真夏の紺碧の海に映える十六条の旭日の旗。日本の海の守りは万全なり。



艦上

しかし、くっそ暑いわ!
この日は舞鶴が近畿の最高気温で第一位で、36.5度もあった。日傘か帽子でもないと熱射病が怖いくらいの猛暑で、間抜けなことに帽子を持ってくるのを忘れてしまった。

救命浮輪

艦上は全て鉄板で出来ているので、直射日光の照り返しがきつい。サンダル履きでやってきた人にとっては地面の熱が足に伝わってきて、結構辛そう。履物には注意である。

艦橋

艦橋

「はるな」の艦橋と、その構造物。残念ながら今回の一般公開では艦橋内部の司令室にまで上がることはできなかった。とりあえず進路を先に行くと、室内に案内される。

室内へ

結構わくわくする瞬間だ。中に入ると、間もなくヘリの格納庫へと向かう。

ヘリ格納庫

「はるな」のヘリ格納庫には3機ものヘリが格納できる。これだけ巨大な護衛艦でありながら、もう既に34年もの長きに渡ってバリバリ現役。昭和48(1973)年就役だから、そろそろ数年以内に引退するかも知れません。

「はるな」格納庫内部

アングル的に広さが理解してもらえるかな?って感じで一枚撮ってみましたが…

ところで、先日大阪天保山で行われた呉地方隊の展示訓練でも、高い競争率の中から選ばれた体験航海の参加者はこの真夏の暑い時期に船の上では日陰の奪い合い状態で、長い人は汗たらたらで6時間くらい乗船していたという話を聞くと、参加するにもかなり覚悟が要りそうである。

虚弱体質の私は10分くらいでバテました。それに比べて海の男は屈強である。

自衛隊活動の写真

格納庫内ではご覧のように自衛隊活動の写真がたくさん飾られています。

自衛隊活動の写真

海兵は男の世界?ノンノン、女性隊員だって立派に活躍している。
「はるな」には無いが、別の護衛艦(名前忘れた)には女子専用ルームも用意されているそうだぞ。
>次のページへ

参考になりそうな書籍

参考ページ
海上自衛隊舞鶴地方隊
イージスシステム – wikipedia

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

トップへ戻る