この記事を人に教える

大阪市消費者センターくらしのひろばエル&商い繁盛館

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

大阪市の赤字遺産でお金にまつわるエトセトラ
大阪最大の赤字遺産「アジア太平洋トレードセンター」ITM棟3階にある、大阪市の施設。「くらしのひろばエル」では消費者問題を学習でき、「商い繁盛館」では独立開業を目指す人のための情報を得ることができる。
しかしどっちもびっくりするほど閑古鳥が鳴いている。大阪市の施設だしお金も掛からないので、お財布に優しいデートや家族連れのお出かけの候補地によろしいかと思われます。お暇な方は行ってみましょう。
くらしのひろばエル」はATC・ITM棟3階にある、大阪市消費者センターの施設。悪徳商法など消費者問題に関する暮らしの知恵を学ぶ事が出来る。体験型施設になっているので暇潰しには面白いが、いつ行ってもお客さんの数は少ない。
マスコットキャラ、消費生活の番犬「エルちゃん」です。
エルちゃん
誰も遊んでくれる相手がいないので寂しそうです。


吉本新喜劇みたい
昭和の大阪の町並みをイメージした背景が描かれていて、今にも笑福亭仁鶴師匠か吉本芸人でも出てきそうな感じである。
悪徳商法
しかもご丁寧にこんな張り紙まで貼られている。
今の世の中、悪徳商法花盛り。こういう施設で市民に啓発するのもいいが、実は大阪人は「犯罪慣れ」しているので生活上の防犯意識はすこぶる高い。「全国で最も振り込め詐欺の被害件数が少ない」大阪府の数少ない名誉、ご存知でしょうか?
なんと、東京の10分の1以下!(→警視庁HPによる
パソコン学習
パソコンを使った消費者問題学習もできる。
図書コーナー
その他、図書コーナーも充実しとります。
さて、くらしのひろばエルのある3階の奥に、もう一つ「商い繁盛館」という施設がある。こちらは独立開業する人向けに様々な情報や厨房機器等の独立開業に必要なアイテムを揃えている。企業家のセミナーや独立支援相談なども行っている。
商い繁盛館
しかしどう見ても繁盛してなさそうな「商い繁盛館」。
独立開業に必要なアイテム
どこの飲食店でもたいがい置いている厨房機器やビールサーバ、そして食品サンプルの数々。
食品サンプル
ちなみに「食品サンプル」というもの自体、日本独特の文化で、海外では常識ではないらしい。外人さんが日本に来て、食品サンプルの精巧な作りにカルチャーショックを受けるそうだ。
発祥は一説に大阪千日前の道具屋筋という話もあるようだが、ロウ細工のシェア日本一と言われる岐阜県郡上八幡が発祥である。道具屋筋に行けばかなりの数の食品サンプルが展示販売されている。
「くらしのひろばエル」「商い繁盛館」どちらも職員さんがかなり暇そうにしているので、是非南港にお出かけの際は寄ってみてください。
くらしのひろばエル:年末年始を除いて毎日10時から6時まで営業。
商い繁盛館:水曜日定休、10時半から6時まで営業。

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

トップへ戻る