この記事を人に教える

天神橋筋商店街

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

「くらしの今昔館」から見える、果てしなく続く商店街のアーケード。
南北2.6キロに連なる「天神橋筋商店街」は日本一長い商店街である。
そんな商店街のごく一部を紹介しよう。

天神橋筋商店街

アーケードの付いた商店街、南の端から「1丁目」、北の端は「6丁目」になる。電車の駅でふた駅分、歩けば片道40分。その間ずーっと店がひっきりなしに並んでいるというのは、この天神橋筋くらいだろう。

天神橋筋1丁目

けれども、その南端である「天神橋1番街」は、随分寂れ具合が進んでいる様子。交通便が悪い訳でもないけど、比較的ひっそりしてるので、賑やかな「4丁目」から「6丁目」の雰囲気とは随分様子が違う。

天神橋筋2丁目

次に「2丁目」。ここは大阪天満宮に一番近い商店街。

天神橋筋2丁目

入口アーケードには、天神祭の船渡御に飾られる巨大な「お迎え人形」をこしらえていて、どえらい派手な商店街です。

天神橋筋2丁目

まだこのへんの雰囲気はごくフツーの大人しい商店街です。

有名なコロッケ屋とか、魅力的な店もいっぱいあるんですが、取材時間の都合上、さらっと通り抜けるだけの手抜きレポートになってしまってます。後日また立派に作り直すので待っててください。

天神橋筋3丁目

さてさて、「3丁目」から商店街の雰囲気もガラっと変わってくるんですよ。パチンコ屋とか出てきましたね。
ここまでで、およそ半分。阪神高速の高架下を跨ぐと、次は「4丁目」です。

天神橋筋4丁目

「4丁目」に入ると、いよいよ商店街も歓楽街っぽく変わってきました。
JR大阪環状線の高架下を跨ぎ、さらに北へ続く。
その横には天満駅もある。

天神橋筋4丁目

商店街のど真ん中で歩きタバコなんて、いけませんねえ。
天満駅前は、京橋や鶴橋のそれと同じように、パチンコ屋だらけで空気の淀んだエリアになっている。

国際都市大阪の名に恥じぬよう

いやいや「国際都市大阪の名に恥じぬよう」…って言うても無駄ですわ。

天満の駅前にはお好み焼き「菊水」のような有名店もあるのだが…
大阪のお好み焼き屋では代表格だが、生憎私は店に入ったことがないです。
どんなに店が忙しくても「絶対客には焼かせへん」のがこだわり。

天満駅前

天神橋筋商店街から少し外れて、天満駅の北側に広がる古びた市場へと入っていく。

天満駅前

そこにはまるで懐かしいような、闇市の名残のような、独特の雰囲気がある一角が残っている。

天満駅前

この近くには「天満市場」という大きな市場がある。天神橋筋だけでも十分お買い物スペースがあるのに、こんな所にもごっつい市場があるなんて。天下の台所やな。

ちなみに、昔あった「天満青物市場」も、江戸時代の大坂三大市場として隆盛を極めたのだが、場所はこことは随分違ってて天満橋北詰付近になる。今でも石碑が建っています。

天満駅前

裏路地にはひっそりと占いの店まであったりする。意外に侮れない街、天満。

東側の駐輪場をご利用くだちい。

これ、絶対わざと残してるやろw
冗談もほどほどにしてくだちい>JR天満駅長

この先の「5丁目」からは随分道幅も狭くなって、歩きづらくなってくる。大阪人はこんな所でも自転車を降りずに走ってくる。うかうかしてると自転車で体当たりを食らうおそれがあるので注意が必要だ。

5丁目の途中で西へ抜ける「天五中崎通商店街」もある。天神橋筋から中崎町方面に行く道だ。「宇宙家族」という有名な店があるが、店主が高齢で病気のためだろうか、営業休止状態になっている。

天神橋筋七丁目?

そして、アーケード付き商店街の北限である「6丁目」を出ると、もう終わりかな?と思いきや、まだまだ商店街は続くのだ。「天神橋筋七丁目」。でも、真夏の暑い時期だったし、疲れたのでレポートはこのへんで終わりです。

参考ページ
天神橋123商店街
4丁目商店街
5丁目商店街
6丁目商店街
天神橋筋界隈ウロウロ日記

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る