この記事を人に教える

今宮戎神社・十日戎 (4) 福娘

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

今宮戎神社レポートの続編です。初めからお読みの方はこちらからどうぞ

福娘

吉兆と呼ばれる縁起物を取り付ける「福娘」のオネエチャン。総じて美人ぞろいである。


福娘

大阪にもこんな育ちのええ女の子がおるんや、と感心するほどである。
なにも大阪市内出身だとは決まっていませんが。

福娘

実は「福娘」になるためのハードルはかなり高い。2005年の十日戎では競争率88倍の難関なのである。
容姿端麗で育ちもよろしいお嬢様ばかりが福娘に選ばれるわけだ。それはそれは選りすぐりの大阪美人。
関西では履歴書に福娘の経験ありと書くだけでも、一発採用になるくらい「就職に強い」そうだ。

ところで、あの藤原紀香も昔はここで福娘の経験があったそうです。

歴代福娘コーナー

若い女の子が好みではないという方のためにも、一回り年上の歴代福娘コーナーもございますので、そちらをご利用くださいませ。

おみくじコーナー

まだまだ熟女をお好みの方は、おみくじコーナーもございますので。

お神楽舞い

お神楽舞い

こちらはお神楽舞いコーナー。より一層の福を授かるために熱心な参拝客が巫女様のお神楽舞いを受ける。


念入りの壁たたき

行列を作って、鉄板に向って平手をバシバシ叩きつけてる参拝客のみなさん。

これは「壁たたき」といって、えべっさんに願いを掛けた参拝客が再度念を押して「わての願い聞いてくれてまっかー、ボンボン」と言ってるかどうかわからんが、この鉄板を叩く訳である。

でかい福耳を持ったえべっさんは耳が遠いそうで、念押しに壁たたきをやってから帰らないとえべっさんから福を貰えないのだそうなのだ。ついでにドサクサ紛れにステッカーも貼っていく人もいるようである。


名立たる関西企業

関西経済の象徴的祭事であるが故に提灯には名立たる関西企業の名前がずらーり。
地元の企業や銀行もたくさんあるが、その傍らではパチンコ屋やラブホテルの名前まで見かけられる。いやはやなんとも。

パチンコ

中小企業の破産、銀行の破綻・統合が激しかったのも、やはり関西だった。
そして、そんな関西で勢いを挙げているのがパチンコ業界だったりする皮肉。
ギャンブルは不況になるほど景気がよくなるとも言うが、ここまで露骨なのは関西くらいではないのか。

大阪経済の地盤沈下が叫ばれて久しいが、関西にいると情報が入らないから、人材が東京一極集中するから、関西はヤクザが多すぎるから、色んな理由で大阪生まれの企業が東京などに逃げ出している現状の中で、それでも中小企業の多くは今でもムダなハコモノや怠慢行政のために他の自治体より割高な税金を納めながらも大阪に根を下ろして頑張っている。

関連記事
今宮戎神社

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る