この記事を人に教える

万博公園エキスポランド (3)

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

エキスポランドレポートの続編です。初めからお読みの方はこちらからどうぞ

いま日本中でテーマパークの閉鎖が相次いで、西のUSJ、東のTDLと、東西二強時代の様相を呈している中で、既存の遊園地が生き残りをかけて力を入れているのが「絶叫マシーン」系の乗り物を充実させることである。

大観覧車

遊具製造メーカー「泉陽興業」直下にあると言ってもいい「エキスポランド」では、先見性なのかメーカーの意地なのか、早くから「絶叫マシーン」の拡充に力を入れていた訳だが、その一つが今回事故を起こした「風神雷神II」だった。

この他にもエキスポランドには様々な絶叫マシーンが存在する。それらを案内する。



ダイダラザウルス

これは万博開催当時からあった「ダイダラザウルス」。派手なコース設計ではないものの、万博開催当時には5つのコースを備えていて、それぞれ違う特徴を持っていた。

ダイダラザウルス

そのうちの2つのコースが残っていて、それを改修工事を行った上で1つのコースに合体させたため、長さが2340メートルに。現在では世界最長ジェットコースターとして記録されている。

ダイダラザウルス

ジェットコースターも、全てこの日から営業再開。

「ダイダラザウルス」のザウルスは分かるが、ダイダラって何だ?と思ったら、日本の昔話に出てくる巨人「ダイダラボッチ」だそうです。35年前のネーミングセンスを感じさせるぜ。ちなみに関西じゃないけど東海ローカルの「浜乙女」のCMに出てくる巨人の坊主は「デエタラボッチ」ですが、同一人物です。

スペースサラマンダー

他にもスペースサラマンダーという、やや小ぶりだがスクリューとループのあるコースター。

ロトシェイク

この「ロトシェイク」というのは見た目にもうだめだ。

ロトシェイク

タテヨコ多重回転。てっぺんで逆さのまま止まる。もうダメ。

子供

そういえば、自分がこのくらい小さな子供だったときも、この空中ブランコに乗った思い出があった。

長い間使っていれば、朽ちるのは当然。事故を起こす前にメンテナンスをしていればよかったのに、人が死んでしまってからでは遅すぎる。今回の事故から営業再開するに当たって、老朽化したり、検査で不適合となった乗り物については、全て撤去される予定になっている。

「風神雷神II」の他に、2つの乗り物が撤去対象になっているのだ。

フリッパー(撤去予定)

そのうちの一つが「フリッパー」。回転系マシーンである。乗ると絶対に酔えると評判。

レインボーロード(撤去予定)

もう一つが「レインボーロード」。これはエキスポランド創業当時からある。スキー場で見かけるリフトと同じだ。
エキスポランド園内を一周する「ビスタライナー」の上から、「昭和47年製・泉陽興業」と書かれてある年季の入ったプレートが見える。

幽霊屋敷

エキスポランドの幽霊屋敷。不謹慎にすら思えるのだが、それはそれ。続ける気満々らしい。

>次のページへ

関連記事
エキスポランド – Wikipedia
livedoor ニュース – 「大阪エクスポランド・ジェットコースター事件」記事リンク集

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る