全428件中 61〜75件目を表示

「尼崎連続不審死事件」の現場・尼崎市杭瀬を訪ねる

「尼崎連続不審死事件」の現場・尼崎市杭瀬を訪ねる

大阪市のすぐ隣「兵庫県尼崎市」は戦前から工業都市として栄え全国から労働者及びあまたの有象無象を受け入れてきた街である。2012年秋、この地でかつてない規模の大量...

>記事全文を読む

桜宮高校の闇寮に次いで歩行者も渡れる鉄道橋「赤川鉄橋」も閉鎖されそうです

桜宮高校の闇寮に次いで歩行者も渡れる鉄道橋「赤川鉄橋」も閉鎖されそうです

今年2月頃に大阪市都島区を何となく訪ねて、体罰事件がらみであれこれ騒ぎになった「大阪市立桜宮高校」の様子を見に行ったのだが、その近くに、淀川に架かる「赤川鉄橋」...

>記事全文を読む

NO IMAGE

阪急十三駅前「喫茶なにわ」がレトロで渋過ぎてすごく落ち着ける件

何度か十三の街を訪れている我々取材班だが、その度に十三駅西口にある「喫茶なにわ」が渋過ぎて気になってしょうがない。改札の真ん前にあって待ち合わせにも便利そうな...

>記事全文を読む

NO IMAGE

阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (9) 渋すぎるホテル群

駅前から淀川通りを越えて南側、淀川沿いの一帯は...まあなんというかここもアレですね。いささか年代物のホテルが密集していて味わい深い一画である。国道176号線...

>記事全文を読む

NO IMAGE

阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (8) 十三ミュージック

阪急十三駅東口の駅前商店街を抜けて、その先をどんどん歩いて行きましょう。チャリンコのオバチャンが行き交う下町風景が続いております。さすが大阪だけに行き交うババ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (7) 東口商店街

これまで計6編に分けて十三のしこたま胡散臭い街並みをレポートしたがすっかり堪能してもうお腹いっぱいとは言わせない。だいたいこれまで十三駅の西口しか見てなかった...

>記事全文を読む

NO IMAGE

阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (6) 高架下商店街

十三筋の西側に伸びる「十三フレンドリー商店街」。数ある商店街の中でも目抜き通り的存在で、割りと小綺麗なアーケード街になっている。すぐ脇には栄町商店街が並行して...

>記事全文を読む

NO IMAGE

阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (5) アルサロふうりゅう

阪急十三駅西口、栄町商店街の南側一帯は、かなり昭和の香りが残った歓楽街の街並みが見られる。先日大阪公演中だったエアロスミスのスティーブン・タイラーがお忍びで遊...

>記事全文を読む

NO IMAGE

阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (4) サカエマチ商店街

やはり十三で一番の繁華街と言えば駅前から十三筋を跨いだ向かい側に広がる「十三栄町商店街」(サカエマチ商店街)の存在であろう。んもう、昼間っからギラギラしまくっ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (3) 波平通り

大阪十三発のパクリキャラ「サザエボン」が一世を風靡した1990年代も既に遠きにあり。パクリキャラの聖地であるかつての十三のシンボル、鉄腕アトムと磯野波平が合体...

>記事全文を読む

NO IMAGE

阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (2) しょんべん横丁

十三駅西口トミータウンから「旧波平通り」の反対側、北側の路地を入っていくと「しょんべん横丁」と呼ばれる飲食店街が広がっている。ここいらにある居酒屋は駅至近距離...

>記事全文を読む

NO IMAGE

阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (1) トミータウン

梅田から淀川を挟んで目と鼻の先にある「十三」。ここは阪急電車の主要路線である神戸線・宝塚線・京都線の三線が一同に集うターミナル駅「十三駅」を中心とした繁華街が...

>記事全文を読む

NO IMAGE

相変わらず異国過ぎてヤバい!再訪・大阪鶴見の中国人朝市2013

大阪市鶴見区安田の中央環状線沿いの一画に、毎週日曜日朝だけ開かれる「中国人朝市」の存在については当サイトでは以前から取り上げてきた。近くの門真団地や関西一円か...

>記事全文を読む

NO IMAGE

全長1キロ巨大高架下建築「船場センタービル」とケンカ商法の激安衣料店はいま

  「天下の台所」「東洋のマンチェスター」「商都大阪」などと日本の代表都市として大阪はその時代ごとに誇らしげな異名で呼ばれ続けてきたが三セク行政による財政危機や...

>記事全文を読む

韓流バブルで観光地化が進む鶴橋コリアタウン観察・2013年版 (全3ページ)

韓流バブルで観光地化が進む鶴橋コリアタウン観察・2013年版 (全3ページ)

数年ぶりに訪れた大阪のコリアタウン鶴橋。思えば我々DEEP案内取材班の街歩きの原点ともなった場所である。戦後の闇市時代から残る駅前の濃密な市場はこの街のアイデン...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

大阪DEEP案内へようこそ

2007年7月からサイトを運営しております。関西二府四県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る