全428件中 391〜405件目を表示

NO IMAGE

石切神社と参道商店街

石切神社と言えば、見逃すことができないのが、神社へ続く参道の商店街である。そこはまさに、関西スピリチュアルの聖地(笑) のっけから「ようこそ石切さんへ」...

>記事全文を読む

NO IMAGE

石切神社上之宮

生駒山の麓に広がるまるごと宗教タウン、石切。 その信仰拠点である「石切劔箭神社」からさらに山を登っていくと、石切神社の上之宮があるのはご存知だろうか。 ミステリ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

石切夢観音

生駒山の麓に広がるまるごと宗教タウン、石切。 そこは「でんぼの神様」として国内外に広い支持を得ている「石切劔箭神社」を中心に、参道には数多くの謎めいた宗教施設や...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪コリアタウン 島之内

年がら年中観光客だらけの道頓堀商店街から堺筋を挟んだすぐ東側の「島之内」エリア。中央区島之内2丁目を中心とした一帯が、新興コリアタウンと化していることはご存知だ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

道頓堀商店街

大阪の代表的な「観光地」になってしまっている、道頓堀商店街。あまりにベタすぎる場所なので今更このページで紹介するのもなんだが、一応はやっておこう。 ここ数年の間...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪市営渡船「落合上渡船場」

木津川と尻無川に囲まれた大正区、どちらの川も大型船舶が通る運河であるため、橋を掛けることができない。 そのために大正区には市営の渡船場が7つ存在する。 古くは明...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪市鶴見区中環沿い「中国人朝市」問題顛末 (3)

大阪・鶴見の中国人朝市レポート、その3。 2004年11月の取材の後、幾度となくマスコミに取り上げられてきた大阪市鶴見区の「中国人朝市」問題。 傍目から見て珍...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪市鶴見区中環沿い「中国人朝市」問題顛末 (2)

大阪・鶴見の中国人朝市レポート、その2。 毎週日曜日の早朝にだけ繰り広げられる、リアルチャイナ。 彼ら中国人露天商は、早ければ夜明け前、4時半頃から屋台の設営...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪市鶴見区中環沿い「中国人朝市」問題顛末 (1)

大阪市の東の端、鶴見区。1990年の「花の万博」で整備された鶴見緑地をはじめ、大阪市内では比較的閑静で、それでいて都心からも近い住宅街である。 そんな鶴見区の...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪市無駄物件図鑑「大阪市環境局舞洲工場」

大阪オリンピックの舞台となるはずだった、此花区北港の人工島「舞洲」の入口にそびえる奇怪な建物。 ラブホテルだとしても場違いであり豪華すぎる。 なんとその建物の正...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪市無駄物件図鑑「夢舞大橋」

大阪湾に浮かぶ、3つの人工島。それらを橋とトンネルで結び、新都心を作り出そうと大阪市が総額2兆2千億円もの公費を投じて推し進めた、世界に類を見ない規模のプロジェ...

>記事全文を読む

日本の朝鮮!大阪最強のコリアタウン生野区・猪飼野「御幸通商店街」 (全5ページ)

日本の朝鮮!大阪最強のコリアタウン生野区・猪飼野「御幸通商店街」 (全5ページ)

日本最大のコリアタウン、大阪市生野区。鶴橋駅から南東へ1キロほど離れた場所にも、もう一つのコリアタウン商店街である「御幸通商店街」が存在する。

>記事全文を読む

NO IMAGE

ネコ駅長「たま」 わかやま電鉄貴志川線

関西2府4県の中でもとりわけ過疎化現象の激しい和歌山県。多くの鉄道路線が廃線の危機に晒されているという。そんな中、一度は廃線の危機をしのいだ旧南海貴志川線、現在...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪府無駄物件図鑑「国際文化公園都市・彩都」

大阪府茨木市・箕面市の境に「彩都」というニュータウンが街開きしていることをご存知だろうか。 大阪府と茨木市、阪急阪神東宝グループ、独立行政法人都市再生機構などの...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大阪市職員福利厚生御殿「ヴィアーレ大阪」

大阪・中央区安土町。オフィス街の中にポツンと建っている「ヴィアーレ大阪」という施設。宴会場とホール、結婚式場、そしてホテルを備えた何の変哲もない施設だが、これが...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

大阪DEEP案内へようこそ

2007年7月からサイトを運営しております。関西二府四県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る