この記事を人に教える

滋賀県大津市長等・柴屋町遊郭跡を歩く (1)

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

滋賀県の県庁所在地大津市には柴屋町という遊郭跡がある。それは現在の地名で言う所の大津市長等三丁目付近。浜大津駅に加えて三井寺にも近い住宅地の一角だ。

鄙びた風情の長等商店街のアーケードを北に抜けた所の路地を入る。この辺りまで来るとひたすら古い住宅ばかりが並んでいて普通に歩いているだけでも旅情気分に浸る事が出来る。



この道沿いに真っ直ぐ歩けば京阪石山坂本線の三井寺駅に辿り着くのだが、その途中に遊郭跡は残っているらしい。柴屋町は江戸時代から続いていた宿場町・大津における花街で「大津絵踊り」という伝統芸能の発祥地でもある。

現在は遊郭跡が残っているだけでただの住宅地と変わってしまっているのだが、まだ結構色街の名残りが強かったりする。例えばこの廃業した薬局らしき店舗跡の建物。一見すると何もなさげに思えるのだが…

建物左側の壁に埋め込まれた自販機が…よくよく見ると「高級スキン自動販売機」と書かれているのね。うわーきましたね。この手の自販機にすればかなりの旧式であるがそれ以上に壁の方を自販機のサイズに合わせて綺麗に凹みを作ってあるという点に惹かれた。ただならぬ店主のこだわりを感じる。

路地をそのまま北上していくとそのうちこんな四つ角が現れる。ここから北側のブロックがかつての遊郭跡のようだ。それにしてもモダンな和洋折衷建築である。二階建てで一階部分が飲食店舗という感じだが今も綺麗に使われている。

現在この一帯はかつての色街らしく住宅地の中にスナックや飲食店が密集する、どこか艶っぽい街並みが広がっている。

これだけ見ても分かるように大津市の中心市街地は戦災を免れている。そのため戦前建築が当たり前のように残っていて、遊郭跡も未だに見られるという貴重な場所なのだ。

この柴屋町の遊郭は厳密には上馬場町、下馬場町の二町を指しているようだが、他にも上柴地、下柴地と記述されていて、柴屋町遊郭、馬場町遊郭、柴地遊郭とどれが正しいのか今ひとつ分からない。長い年月の間に色々な呼び方をされていたのかも知れんしな。

戦後は当然ながら赤線に移行しており、そっち方面のスナックやバーが乱立し遊客で溢れかえっていた。売防法施行後はどうなっていたのか知らんが、さっきの前衛的な高級スキン自動販売機があったりするのを見る限りは色街としての歴史は細々と続いていたのかも知れないと想像する。

そう言えば以前はこの一角に「大津スチームバスセンター」という古めかしいソープ店舗があったのだが廃業して更地になってしまった。このスチームバスセンターという名前で営業しているのは栃木県の足利とここ大津以外に知らない。

遊郭跡のブロックを一周してみると、こんな感じの建物が結構残っている訳である。現在は一般住居及びたこ焼き屋になっているが、建物の造りから見てもかなり妓楼っぽい。これは北東側に外れた一角に建っている。

さっきの四つ角に戻った2軒隣にもこんなレトロモダン家屋がデデーンと鎮座している。色街の栄華を示すものだろうか、建物の無駄な豪華さがたまらない。

建物の2階部分の装飾もこれまたハイレベル。昔はこれらの建物もバーとかスナックだったらしいですよ。三井寺参りの参拝客達の精進落としといった感じの場所だったろうな。

外灯に描かれた「疏水」の文字。どうやらこの辺一帯は疏水商店街という名前がついているらしい。勿論疏水というのは有名な琵琶湖疏水の事ですよ。三井寺の近くから琵琶湖の水を流す為のトンネルが京都方面に通されている。

赤線跡を歩く―消えゆく夢の街を訪ねて (ちくま文庫)
木村 聡
筑摩書房
売り上げランキング: 10909
遊女の文化史―ハレの女たち (中公新書)
佐伯 順子
中央公論社
売り上げランキング: 205636
The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

トップへ戻る