「 大阪市西成区 」一覧

全41件中 16〜30件目を表示

NO IMAGE

西成の歩き方 (21) 梅雨の釜ヶ崎

引き続き、梅雨時真っ只中の西成釜ヶ崎からレポートしていきます。 今回、西成で暴動が発生しているという話を聞きつけて、急遽大阪へ戻ってきたのだ。 南海新今宮駅を降...

>記事全文を読む

NO IMAGE

西成の歩き方 (20) 暴動を煽る者

「日本で唯一暴動が起きる街」として、臭いものに蓋のマスコミを尻目にインターネット上でめきめき存在感を露にする、日雇労働者の街であり日本最強の貧民街・西成。 この...

>記事全文を読む

NO IMAGE

西成の歩き方 (19) ディスカウント人生編

僅か500メートル四方の土地に2万、3万もの人口がいると言われる西成釜ヶ崎。 東京都心ですら及ばぬ人口過密地域だ。 そんな釜ヶ崎には様々な衣食住のスタイルが存...

>記事全文を読む

NO IMAGE

西成の歩き方 (18) ドヤあれこれ編

数ある大阪DEEP案内のレポートの中で西成釜ヶ崎は最も多くのアクセスが今でもある。 これまで何度も現場に訪れて、そこに住まう労働者や身寄りの無い人間の暮らし、そ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

西成の歩き方 (17) あいりんセンター<後編>

引き続き、あいりん労働福祉センターの建物内をレポートする。 西成の歩き方レポートの続編です。初めからお読みの方はこちらからどうぞ。

>記事全文を読む

NO IMAGE

西成の歩き方 (16) あいりんセンター<前編>

日本最大の労働者の街・西成釜ヶ崎「あいりん地区」のシンボル的建物である「あいりん公共職業安定所」。釜ヶ崎に住んでいる3万人とも言われる日雇い労働者の仕事を斡旋す...

>記事全文を読む

NO IMAGE

西成の歩き方 (14) アングラ萩之茶屋編

「あいりん地区」「釜ヶ崎」という名はあっても、具体的にどこからどこまでを指すのか、いまいち分からない方も多いだろう。西成区萩之茶屋、太子、山王を中心とした、簡易...

>記事全文を読む

NO IMAGE

西成の歩き方 (13) ガード下の腐臭編

人間というものは不思議なもので、忌避したくなるような臭いものに特別な興味を示す事例が多々ある。臍のゴマの匂いや足の裏の匂いフェチというのもいるが、この西成という...

>記事全文を読む

NO IMAGE

西成の歩き方 (12) 萩之茶屋編

大阪の下町を舞台にした、ホルモン焼の店を経営する小学生の少女と、ろくに仕事もせずバクチに溺れて周りの人間にたかりながら暮らすだらしない父親との生活と、下町に生き...

>記事全文を読む

NO IMAGE

西成の歩き方 (11) 鶴見橋界隈編

西成区は大阪最強の下町だと言った。だがそれがどの界隈を指すのかという話になると、私は迷い無く「鶴見橋商店街」の界隈だと答える。鶴橋ではない。鶴見橋である。 鶴...

>記事全文を読む

NO IMAGE

西成最強100円ラーメン「大阪飯店」

もしも日本最強の下町はどこかと問われたら、間違いなく「西成」と答えるであろう。 あいりん地区に代表される特殊な街だというイメージが先行する西成区だが、その大半は...

>記事全文を読む

NO IMAGE

西成の歩き方 (10) 岸里界隈編

久しぶりに西成区に遊びに来ました。地下鉄に乗ってなんばを過ぎ、大国町駅から四つ橋線に乗り換えると、電車の中の空気がガラっと変わるのに気が付く。「大阪DEEP案内...

>記事全文を読む

NO IMAGE

亀田三兄弟の地元 天下茶屋 (2)

大阪でガラの悪い所と言えば西成区。西成と言えば亀田三兄弟。 その振る舞いはパフォーマンスを超越するDQNであり、見る者を不快にさせ、多くのアンチもといアンチファ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

西成の歩き方 (9) 西成公園編

日本最大の労働者の街「釜ヶ崎」を抱える大阪市西成区は、一言で一括りにはできない。 有名な釜ヶ崎と呼ばれるエリアは、萩之茶屋2丁目の西成警察署を中心とした半径50...

>記事全文を読む

NO IMAGE

西成の歩き方 (8) 釜ヶ崎バーチャルツアー

大阪・西成、日本最大の労働者街・釜ヶ崎。3万人の労働者人口を抱える街。ここには日本社会最底辺の日常がある。 西成の歩き方レポートの続編です。初めからお読みの方...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

大阪DEEP案内へようこそ

2007年7月からサイトを運営しております。関西二府四県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る