「 東大阪市 」一覧

全11件中 1〜11件目を表示

近鉄布施駅前に残る廃墟と化した私娼窟「寿三郎横町」があまりに壮絶でした

近鉄布施駅前に残る廃墟と化した私娼窟「寿三郎横町」があまりに壮絶でした

東大阪市の布施という場所は、昭和42(1967)年に合併して東大阪市になる前は「布施市」という単独の市でもあり、その街の中心が近鉄布施駅周辺という事になる。この...

>記事全文を読む

NO IMAGE

東大阪市石切・旧生駒トンネルを訪ねて (4)

生駒山地をぶち抜き大阪と奈良を最短距離で結ぶ近鉄奈良線、旧生駒トンネルの入口と旧孔舎衛坂駅の遺構が残る石切駅北側の日下町は生駒山の中腹に位置する閑静な住宅街とな...

>記事全文を読む

NO IMAGE

東大阪市石切・旧生駒トンネルを訪ねて (3)

旧生駒トンネルの入口が見える孔舎衛坂駅ホーム遺構、大阪方面ホームの傍らに小さな神社がある。石鳥居の額に「白龍大神」とだけ書かれた以外、この神社が何を示すものか一...

>記事全文を読む

NO IMAGE

東大阪市石切・旧生駒トンネルを訪ねて (2)

生駒山地をぶち抜き大阪と奈良を最短距離で結ぶ近鉄奈良線の「生駒トンネル」。今も石切駅北側の住宅地の突き当たりに廃止された孔舎衛坂駅の遺構とともに残る。このトンネ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

東大阪市石切・旧生駒トンネルを訪ねて (1)

大阪難波から鶴橋を経て大阪平野を突っ切り生駒山地をぶち抜いて古都奈良までを最短距離で結ぶ大都会の山岳鉄道「近鉄奈良線」。その類稀なる鉄道路線の誕生には様々に隠さ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

石切ミステリー・阪本昌胤 (2)

石切大天狗の横にある一角には、やはり何を思って置いたのかよくわからない怪しげな石碑が置かれていて「個人の生命は短く民族の歴史は永い」とか書かれている。 旧和...

>記事全文を読む

NO IMAGE

石切ミステリー・阪本昌胤

ところで、石切参道内を巡っていて、何よりも"怪しい石切ワールド"の電波を発信していた存在が、占いの館でももぐさの店でも健康食品の店でもなく、「阪本昌胤」という人...

>記事全文を読む

NO IMAGE

よもぎ料理大和屋のよもぎうどん

関西スピリチュアルミステリースポット「石切」のグルメと言えばここ。 よもぎ料理で有名な大和屋は、テレビで紹介されてます!と店の表に自慢たらしく書かれてい...

>記事全文を読む

NO IMAGE

石切神社と参道商店街

石切神社と言えば、見逃すことができないのが、神社へ続く参道の商店街である。そこはまさに、関西スピリチュアルの聖地(笑) のっけから「ようこそ石切さんへ」...

>記事全文を読む

NO IMAGE

石切神社上之宮

生駒山の麓に広がるまるごと宗教タウン、石切。 その信仰拠点である「石切劔箭神社」からさらに山を登っていくと、石切神社の上之宮があるのはご存知だろうか。 ミステリ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

石切夢観音

生駒山の麓に広がるまるごと宗教タウン、石切。 そこは「でんぼの神様」として国内外に広い支持を得ている「石切劔箭神社」を中心に、参道には数多くの謎めいた宗教施設や...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

大阪DEEP案内へようこそ

2007年7月からサイトを運営しております。関西二府四県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る