この記事を人に教える

大阪市鶴見区中環沿い「中国人朝市」問題顛末 (3)

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

大阪・鶴見の中国人朝市レポート、その3。
2004年11月の取材の後、幾度となくマスコミに取り上げられてきた大阪市鶴見区の「中国人朝市」問題。
なんでもありの朝市
傍目から見て珍妙な、日本らしからぬ風景の朝市。ゲリラ的営業に実演屋台料理。本場中国そのまんまのリアルチャイナマーケットは一見魅力的で、メディアを通じてコアな観光客をある程度呼び込むことにも繋がったのだが、やはり現地に住む人々にとってはたまったもんじゃないという事情を知る事にもなった。
勝手に道路を占拠されて、路上駐車やりたい放題されて、道には食い散らかしの残飯やゴミまでほったらかしにされたら、誰でも怒る。


あれから2年4ヶ月経った2007年3月。再び中国人朝市を訪ねた。
中国人朝市2007
情報によると、2006年の「ザ・ワイド」による全国ネット放送で大きな波紋を呼んだことが警察や行政の重い腰を挙げることに繋がったそうで、地元の鶴見警察署の巡回が増えて、路上駐車の取り締まりも厳しくなったことで、警察が撤収する頃を見計らって遅めの時間に店を開く商店主が増えたと聞いていた。
すっかり規模縮小
朝10時半である。
とっくに朝市の時間にしては遅いのだが、現場の模様は2年前とはまるで違っていた。
まず中国人の数が少ない。朝市の規模もはるかに縮小していたのだ。
「ふくちあんラーメン」の敷地は中国人が店を広げないように店入口の全面をトラロープで防護。
中国人の店
その向こうの、かつては「食べ放題・バイキング」の店だった建物が、なんと中国人マーケットに変わっていた。
どうも話し合いの末、商店主が店を買い取ったのだろうか。豚さん生首から揚げパンから、カップ麺の店まで、建物の中に好き勝手に店が入っている。
中国語の注意書き
あと、これまでゲリラ朝市を展開していた歩道上は半分以上トラ柵で囲ってあり、中国人露天商の占拠を防いでいる。
まるで天王寺公園の青空カラオケみたいな風景で笑えるが、こうするしか手段はない。
中国人にも読めるように注意書きが書かれている。
あれだけ堂々と海賊版DVDやコピーブランド品の数々を売りまくっていた商店主達はどこへ行ったのだろうか。
中国人の身になれば、見知らぬ外国にやってきて、恥を恥とも思わず商売に明け暮れる図太い根性は感心させられもするのだが…

中国人朝市で長らく巡回をしている警察官のおじさんに、この地域の現状を聞くことが出来た。
やはり、ここ2年で急速に規模が縮小したとのこと。屋台は最盛期の2005年夏と比較しても10分の1に減ったという。
朝市は消滅するのか?
そこらじゅうに食べかすを撒き散らすわ、ゴミを放置するわ、生魚までほったらかしにして帰るわ、辺りに小便・ウンコを垂れるわ…周辺からの苦情が凄まじかったと。
迷惑を省みずに商売を続けることをいつまでも地元住民の感情が許すものではない。
現在、露天商などは時間をずらすなどしてさらにゲリラ的戦略のもとに出店を続けているらしい。
店舗フロアに入居している店だけが、細々と中国人朝市の痕跡を残すのみとなっていた。
このまま消滅を迎えるか、また別の場所が朝市会場と化すのか、それはわからない。
ただ言える事は、大阪には間違いなく中国人移住者が増えているということだ。
参考記事
@nifty:デイリーポータルZ:潜入!中国朝市 in 大阪
YouTube – 中国人不法朝市報道

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る