この記事を人に教える

現存する大阪砲兵工廠の建物

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

大阪城公園にはかつて、第二次世界大戦が終結するまでの間、アジア最大の兵器工場「大阪砲兵工廠」が存在していた。大村益次郎の構想により、明治初期からこの地に建てられ、戦争の激化とともに工場を拡大、末期には
土地596万平米を有し、およそ6万人もの人々が働いていたと言われる。

終戦の前日、昭和20(1945)年8月14日に、米軍による一トン爆弾を用いた猛烈な爆撃によって徹底的に破壊され、その跡地は膨大な鉄くずに混ざり不発弾などが大量に紛れ込み、あまりに危険すぎて20年間手付かずのままだった。

それが今になって、大阪城ホールや天守閣などが広がる、市民の平和な憩いの場として公園が整備されているのだが、その大阪城公園にも、現存する「大阪砲兵工廠」の痕跡がたくさんある。それらを見に訪れた。



主に現存する建物は「大阪砲兵工廠化学分析場」「表門」「守衛詰め所」の3つ。
それらは全て大阪城公園京橋口のあたりにまとまって残っている。

明治天皇行幸の碑

表門の前には「明治天皇行幸の碑」が建っている。

守衛詰め所

「守衛詰め所」として使われていた建物は、トラ柵で囲まれ立入りできない状態で放置されている。

階段

その横の階段は、大阪城の構造物だったのか、砲兵工廠のものなのか、よくわからない。

旧化学分析場(廃墟)

最も大きな建物がこの旧化学分析場。その名の通り、弾薬や化学兵器の開発に使われていたのだろう。

大正8(1919)年に建造された。戦後は自衛隊の大阪地方連絡所が入居していたが、今はただの廃墟。全ての窓という窓がベニヤ板で塞がれ、全く使われていない。

旧化学分析場(廃墟)

赤煉瓦に絡まる蔦の葉、そこにあるのはただ年月の流れだけ。朽ちるに任せるといったところか。
ちょっと勿体無い気もするのだが。

煉瓦の壁

ここらへんの壁も、随分年季が入った感じがします。

中は駐車場

で、建物の周囲の敷地は現在暫定的に月極駐車場として利用されている。月25,000円。土地の事情を考えたらそんなもんだろうか。

反対側から

大阪城の北側を流れる寝屋川の方から建物を見ると、びっしり緑で覆われて、建物の姿を伺う事は出来ない。

鉄の塊

公園内には、かつて砲兵工廠で使われていただろう巨大な鉄の塊が置かれている。中央部がくり貫かれていて水が溜まって、そこに鉢植えが置かれていた。

鉄の塊

戦後20年間、あまりに危険で放置されたままの砲兵工廠跡地に、この鉄くずを求めて夜な夜な警備をかいくぐり侵入する金属泥棒、通称「アパッチ族」が大勢現れた。その多くが正業にありつけず貧しい暮らしをしていた在日朝鮮人だったという。

周辺の桜ノ宮や鴫野には、そのアパッチ族の末裔と思われる人々が今でも住んでいる。

参考記事
大阪砲兵工廠 – wikipedia
読売新聞:戦後の混沌―アパッチの時代<1>
アパッチの疾駆 今は幻…大阪(大阪府)

参考になりそうな書籍

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る