この記事を人に教える

西成の歩き方 (1) バックパッカー編

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

ほとんどの大阪市民は近寄らない、日本最大最悪のスラム「あいりん地区」こと釜ヶ崎エリア。

御堂筋線動物園前駅、JR新今宮駅の南側、西成区萩之茶屋・太子・山王の500メートル四方に囲まれた「労働者の街」は、20世紀初頭に誕生した。当時は日本橋電気街の辺りがかつてのドヤ街(長町スラム)だったのだが、明治36(1903)年に内国勧業博覧会が現在の天王寺公園付近で開催されたのをきっかけに、今の土地にドヤ街を強制移住させたのが「釜ヶ崎」の始まりである。

あいりん公共職業安定所

釜ヶ崎が労働者の街になってからおよそ100年。いかに時代が変化しようとも、ここには社会の最底辺に生きる者が住まう街として、何一つ変わることはなかった。昼間から酒を煽って道端で眠りこけるオッサン、冬には凍死するホームレス、炊き出しのボランティア、極左活動家、暴力団、ドライブスルーでヤクが買える街。それが「西成」。



あいりん公共職業安定所のビルは市営住宅

ところが、そんな「西成」に変化が訪れているというのだ。
労働者の街から、バックパッカーの安宿街への変貌である。

世界中から日本へ旅に訪れる「バックパッカー」がインターネットでのクチコミを元に、西成のドヤ街の評判を聞きつけて集まっているという。

ドヤの一例

「ドヤ」の一泊料金の相場は、2000円程度。トイレや浴場は共同だが、プライベートが確保された3畳ほどの部屋に布団、テレビ、エアコンが完備されている上、徐々に外国人旅行者に対応する宿が増えてきており、ロビーに無料で使えるインターネットパソコンが置かれたり、英語などで書かれた大阪観光案内があったりして、外国人旅行者には概ね定評があるというのだ。

西成・山王交差点

たいがいの大阪人なら、西成は危険地帯だから絶対に行くなと教育されるような場所である。
既成概念のない外国人には西成くらいのスラムでは何とも思わないのだろうか?
日本最強のスラムでも、やはり外国のスラムに比べればユルいものなのかも知れない。

西成・太子交差点

先入観を持たずに、コストパフォーマンスだけを見れば、確かに「あいりん地区」以上のお値打ちな安宿街は存在しない。
すぐそばの御堂筋線からはミナミにもキタにも行ける。JRで奈良、京都、神戸へのアクセスも一時間以内。
そして宿の周りには日本の下町文化全開のB級グルメの宝庫「新世界」もある。

作業着専門店

かつては「労働者の街」だった西成あいりん地区だが、高度経済成長期の最底辺を支えた労働者の高齢化は著しく、これまで労働者を相手にしていた「ドヤ」も、新たな顧客の開拓を迫られていた背景もある。そこでタイミングよく、インターネットの普及とともに世界的に「西成」の存在がバックパッカーの間に知られるようになった訳だ。

街角の看板も西成らしい

しかしここはやはり「スラム」。西成の街は暴力団の事務所がそこかしこにあり、そして薬物が蔓延している。
そういう危険に、外国人旅行者が巻き込まれない保証はない。
もっとも、外国のガイドブックにも「ここは日本最大のスラムで治安は悪いが、我が国ほどではない」と説明されているそうだが。

福祉住宅

福祉住宅

いくら外国人観光客が訪れて、様変わりの予兆はあろうが、ここは日本最低最悪のスラムであることに変わりはない。
「西成」の街にはそこかしこに生活保護受給者のみを対象とした「福祉住宅」の賃貸情報を載せたチラシが貼られている。
物件によっては、月の家賃が2万円を切るところも珍しくない。

貸しロッカー

しかしそこにすら住めない底辺層は、その日暮らしのドヤ生活か路上生活。労働者が持つなけなしの財産は、このような貸しロッカーに預けて、辛うじて財産保護のセキュリティを保つことになる。

労働者は朝4時半や5時という早い時間から「あいりん公共職業安定所」に行列し、その日の仕事をもらうことになる。どうしても早い者勝ちだから、こんな早い時間になる。

もし仕事にあり付けないと、雇用保険受給者の条件がある者は朝8時になれば窓口で「アブレ手当」を貰えるが、2ヶ月で26日以上働いていない者は給付対象から外れるため、仕事にありつけないままの人間に与えられる選択肢はもはや路上生活しかないのである。

もしもそれが真冬ならば、凍死の危険すらある。大阪市内では、釜ヶ崎を中心に分かっているだけでも年200人以上が餓死・凍死していると言われている。

仕事にありついた者でも、晩の6時や7時頃まで拘束されるのが普通だから、朝仕事に並ぶ時間から考えると、自由時間もほとんどなさそうな状態だ。まさに最底辺の暮らしがそこにはある。

そんな街の暮らしとはどんなものだろうか。

大阪DEEP案内取材班は、何度か「西成」の街を取材してきた。これから数回に分けて紹介していこうと思う。
ぜひ、西成暮らしの参考にどうぞ(笑)

>次のページへ

参考ページ
大阪の安い宿
特定非営利活動法人 釜ヶ崎支援機構
読売新聞:2006年回顧 あいりん 架空住民登録

参考になりそうな書籍

SHINGO☆西成


ILL西成BLUES -GEEK REMIX

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る