この記事を人に教える

【西成が原宿化】ドヤ街釜ヶ崎にスイーツ女子が群がる!謎のソフトクリーム屋「Pecca+pu」【インスタ映え】

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

今年も夏休みシーズン真っ最中ですが皆様如何お過ごしでしょうか。毎年恒例の盆休みも正月も、そんなもんワシらには関係ないわい、という地域が西成区にあるドヤ街「釜ヶ崎」というお土地柄なのですが、日本最大のドヤ街として名を馳せ、一部ではバックパッカー街として盛り上がりを見せるものの、未だに素人が迂闊に近寄れない、洒落にならないダークな一面を背負い続けている、それでも、この街は最近また別の方向へ変貌しようとしている。その変貌ぶりの一例を今回お伝えしよう。

問題の場所は太子交差点南側の堺筋沿いである。ここは地下鉄堺筋線動物園前駅の真上にあり、JR大阪環状線新今宮駅にも近い。ドヤ街釜ヶ崎の玄関口であるが、近年はバックパッカーや普通の一般観光客も多く、昔のエゲツナイ光景を知る人間からすれば拍子抜けするほど、呑気な街に変わってしまった。

スポンサーリンク

最近の西成釜ヶ崎はどうなっているのでしょうか

この一帯、数年前までは路上で「アレ」を売る業者が後を絶たず(詳細はnoteの有料記事を御覧ください)、警察の取り締まりが強化された現在では殆ど見かける事も無くなったが、未だに街の掲示板にこんな張り紙が貼ってある時点で色々「お察し」しなければならない、危険な土地でもある。

道端にはダンボールを敷いて座り込む宿無しのオッチャン達も相変わらず多い、それが釜ヶ崎で今も昔も見られる光景。酔っ払った末に露店の親父に食って掛かって「おんどりゃ、西成なめたらあかんど」と怒鳴ってる爺さんとかもいるし、日本一カオスな福祉の街です。

今の日本人には殆ど関係がない病気かと思いきや、西成では局地的に蔓延している「結核」。街中にはこのような結核健診の告知がしれっと張り出されているあたり、素人がふらりと来るだけでもそれなりのリスクは覚悟しなければならない事を物語っている。

一泊千円以下で泊まれるヤバげな簡易宿泊所も多く立ち並ぶ中、最近ではそんな場所に混じって「ニューワール堂」だの何だの、観光客向けのオシャレ仕様のバーを併設したゲストハウスなんぞも増え始めている。よもや現在の西成はタイのカオサン通りのような場所と認識され始めているのだろうか。

釜ヶ崎のど真ん中にスイーツ女子が群がる謎のソフトクリーム屋が!

オッサン臭成分99.9%で、女子供はすっこんでろ的雰囲気満載なはずのドヤ街釜ヶ崎のど真ん中で、何やら局所的にやたらと女子率が高い店舗が出来ているのを目にした。店の前には場違いにも程がある、白いヒラヒラのフリルが付いたスカートやら全体的に女子っぽいコーディネートで身を包んだ若い女性達がスマホを片手に溜まっている。何なんだここは?!

白とピンクを基調としたパステルカラーのデザインに統一された外観、そこにはソフトクリーム型の看板が置かれ、見るからにスイーツ(笑)女子向けの店である事をアピールしている。周りは完全にドヤ街なのに、ここだけが異質。オッサンタウンに女子向け店舗という真逆の成分が割り込んできたわけで、最近の西成はどうなってしまったんだ。

韓国ソウルで流行「ビストッピング」の日本版インスパイア店でした

このソフトクリーム屋、店名は「Pecca+pu」(ペッカプ)と読むらしいのだが、言葉の響きからして韓国語っぽいなと思ったら、どうもオーナーが在日コリアンで、韓国発の”インスタ映えするソフトクリーム”「ビストッピング」を”インスパイア”して日本に持ち込んで売り出している店、という事らしい。しかも2017年5月にオープンしたばかり。できたてホヤホヤである。ちなみに韓国語で店名を記すと「백합」(ペッカプ)、日本語では「百合」。店のトレードマークも百合の花。

店内もこの通り、完全に西成の一部が「原宿化」してしまっていて、なんとかぱみゅぱみゅ的な、スイーツ女子が思わず「かわいいッ(はぁと)」を連発しそうなデザインで統一されている。イートインスペースもあって、客の若い女性達が思い思いにデコレーションをしたソフトクリームを食べたり写真を撮ったりしまくっている。

客の女性達がキャッキャウフフとソフトクリームを並べて撮影の図。どうもこの手の韓国発ビストッピング系ソフトクリーム店、大阪以外にも増えているようで、名古屋の大須にある別の店舗では写真を撮るだけ撮って中身を殆ど食わずゴミ箱に捨てていて酷いみたいな事が書かれたバイラルメディアの記事を目にした。「インスタ映え」も一過性のブームなんでしょうけどね。

当方、この店に来るまで韓国でビストッピングなるインスタ映えするソフトクリームが流行っているとか、そういう店が日本に来ているとか全然知らずにオーダーしてしまったので、ただのソフトクリームになってしまいましたけどね、本当はここにハート型のキャンディやらプレッツェルとかを載せてデコレーションするのが正しいオーダーの仕方らしい。

お手本としてインスタグラムに投稿されているユーザーの写真。ほう、これが「インスタ映えするソフトクリーム」ですか。最近の若い子の趣味、良く分かりませんけどね、すみませんねオッサン成分100%で。

ピンク一色に彩られた店内のピンクのベンチに座って、そんなソフトクリームを口に運びながら窓の外を眺めると、そこにはいつもの西成のドヤ街釜ヶ崎の日常風景が広がっている。

あとでこの店舗が紹介されているWEB記事なんかを読んだら「大阪・天王寺のPecca+pu」だとか書かれていて、そこ全然天王寺じゃないですよ、西成ですよとツッコミを入れたいのもやまやまだが、店にやってきてソフトクリームを食って帰る女性客が何かを察したようにそのまま踵を返して駅にすごすごと戻っていく姿を何度も目にした。場所柄ですね。なんでこんなコアな土地に女子向けスイーツ店を作ったんですかね…

Pecca+pu

営業時間 [月-金]15:00-23:00[土日祝]11:00-23:00
大阪市西成区太子1-14-16

大阪市西成区太子1-14-16


The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る