この記事を人に教える

西成・岸里に鎮座する三色旗系下町喫茶「珈琲館蒲公英」がコスパ最高過ぎで大勝利!

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

大阪市西成区、この住所を見るだけでも充分過ぎるくらいにドスの効いた街であるには違いない。ドヤ街のイメージを一身に背負っている感がある西成区だが、生活保護受給率全国ワースト記録ぶっちぎり、毎月一度はナマポ受給者が大行列を成す事で有名な西成区役所がある岸里付近はごく普通の(それでも普通っぽくない箇所は若干あるが)住宅地で、昼間歩く分には治安の危険はそれほど無いはずの場所だ。

西成区 岸里

以前とある方からのタレコミで、この岸里駅近くに創価学会の三色旗を全面にあしらったキョーレツな外観の喫茶店があると情報を聞いて、現地をストリートビューで確認したところ三色旗フェチの我々が行かない訳にはいくまいと思いやってきたのだ。

西成区 岸里

さて、岸里と言えば国道26号沿いにあるスーパー玉出岸里店。すっかり西成名物として定着した感のある激安スーパーだが、この岸里店は玉出直営のボウリング場「玉出ボウル」を併設しているので建物がでかい。相変わらずド派手な外観やな…

西成区 岸里

しかしよく見れば西成天下茶屋が産んだボクシング亀田三兄弟が大写しになったボクシングジムの看板がデデーンと壁一面に貼り出されている。元のボウリング場から営業形態が変わったらしい。一時期東京にも進出していた亀田一家だが、実質的に国内ボクシング界から追放される事態となり、今ではこの場所でボクシング兼フィットネスジムを経営しているのだそうだ。

西成区 岸里

地下鉄岸里駅前を東西に走る松虫通を西へ、南海汐見橋線の高架下を跨いだ先に伸びる狭い車道の商店街を10分近く歩くと「大阪シティ信用金庫岸の里支店」の建物が現れる。これが目印。

西成区 岸里

その信用金庫のすぐ真隣にそびえるこの喫茶店。店の外観だけでも既に出オチ確定なのだが、どこかで見た事のあるドギツイ三色カラーを施した派手な外観の「珈琲館蒲公英(たんぽぽ)」。

西成区 岸里

この、もうこれ以上ないくらい清々しい程にも堂々とした「三色旗」をあしらった店の看板!!!!

西成と言えばひまわりマークの激安スーパー玉出の牙城でもあるのだが、そんなナマポ貧民ひまわり畑の中に一輪のたんぽぽの花が咲いている格好だ。店の前に地元のおばちゃんのチャリンコがずらりと止められており、ご近所の集会所としての役割を果たしているらしい。

西成区 岸里

やはり西成区と言えば大衆政党の牙城でもあり、選挙の時は公明党か共産党の候補どちらかを選ばなければならないお土地柄。この喫茶店に来る道すがら、もうずっと公明党ポスターだらけである。

西成区 岸里

意を決して入店すると、玄関の目立つ所に池田大作SGI名誉会長の写真や学会がらみの表彰状がが誇らしげに飾られていたりする事を除けば、どこにでもある下町の喫茶店といったところ。しかし店員のおばちゃんも客の中年集団もみんなテンションが高い!どうでもいいが卓上に置かれた扇子が鶴橋のキムチ専門店豊田商店のものだ。もはや役満状態。

西成区 岸里

向かいの席にギッチギチ寿司詰め状態になりながら仲良く座るおばちゃん6人組グループの会話を聞けば婦人部がどうこう、ポスターがどうこう、日々の「功徳」を積んでいる満足感からか皆様にこやかで、さぞかし西成の治安はこうして保たれているのかと感心せずには居られない。これが常勝関西、学会パワーの真髄か。

西成区 岸里

そして、この喫茶店も西成らしく気前が良く一日中モーニングサービスを実施しているらしい。フード系メニューも焼きそば定食(炭水化物×炭水化物)まであって充実しているのだが、壁に貼り付けてある書道用紙に筆書きされた「モーニングのダブルは300円」の意味がすぐに呑み込めない。モーニングの中身が倍出てくるという事だろうか。きっと西成だけにドカチン労働者向けなんでしょうね。

西成区 岸里

結局ホットコーヒーとモーニングをオーダーしたのだが、するとやってきたのがこれ。ドリンクの値段だけでサラダとサンドイッチ3つ、ゆで玉子がドーンと付いてくるこの充実ぶり。そうかそうか!コスパ最高過ぎるな!

コーヒー自体一杯380円でこのボリュームだもの、そりゃ年金orナマポ暮らしのご近所さんでも毎日ここに朝ごはんを食べに来られる事を思えば、地域にとっては有難い喫茶店なのではなかろうか。

西成区 岸里

ちなみに同行者はミックスジュースを注文したが、なぜか「樽ハイ倶楽部」のロゴが入ったグラスでやってきたのは西成らしいご愛嬌。このサイズのグラスに表面張力ギリギリまで入れてくれるサービスの良さも好感が持てる。

西成区 岸里

喫茶店オリジナルのマッチにも信仰心を示す三色のラインが引かれていて見るからに有難そうな一品となっておりました。ああ、珈琲館蒲公英。南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経。

西成区 岸里

フード系メニューもご覧の通り大阪下町デフォルト「炭水化物×炭水化物」系が勢揃いで胃袋も満たせる事請け合いなので西成散歩の際は是非利用してみては如何でしょうか。店のおばちゃんも愛想良いし一見さんを突然折伏したりする事もないのでご安心下さい。


The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

トップへ戻る