この記事を人に教える

西成の歩き方 (4) 飛田新地編

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

労働者の街「西成」に縦横無尽に広がる商店街。それは時を止めたまま佇む都会のパラレルワールド。

西成の歩き方レポートの続編です。初めからお読みの方はこちらからどうぞ

西成一番

ジャンジャン横丁から飛田新地へ抜ける、南北を貫く「飛田本通商店街」を歩く。
日が暮れると居酒屋以外はほとんど店じまいし、昼間は労働者で溢れかえる商店街は打って変わって閑散とした雰囲気になる。

西成一番

居酒屋の名前はその名も「西成一番」(笑)
労働者の街・西成にあっては店の値打ちは全て「安い!うまい!」に凝縮されてしまう。
それどころか「激安・めちゃ安・ほんまに安い」と「安い」の三拍子である。くどいぜ!

動物園前二番街

居酒屋も多いが、カップ酒やビールを売る自販機の多さも特徴的だ。そして個室ビデオルームも多い。路上生活者が人目を憚らず「抜く」ために重宝される店だ。完全に男のための街に特化している。

スーパー玉出

「激安」が何よりも支持される労働者の街は、ジャスコでもイズミヤでもなく、もっぱら「スーパー玉出」の天下である。

刺身198円、弁当も中心価格帯は298円から398円まで。異常な激安価格の惣菜は西成住まいの強力な応援団である。そこでいちいち食材がどこの産地なのかまで深く考えるのは野暮である。そして、肉類はとにかく安い。

元は名前の通り西成区玉出が本店のスーパーなので、西成区には9店舗もあるが、実にあいりん地区周辺に4店舗も密集しているのだ。

動物園前二番街

飛田本通商店街から西へ抜けると「萩之茶屋商店街」や例の「三角公園」などがあるデンジャラスゾーン。ここは夜間は本当に危険なのでやめておきました。なので、阿倍野再開発地区と飛田新地方面へ抜ける「新開筋商店街」へ入っていこう。

新開筋商店街

さらに時間が止まったかのような佇まいを残す「新開筋商店街」。

新開筋商店街

ここまでやってくると基本的には何の変哲もない、古びた住宅街だ。だが、そこらじゅうでダンボール紙を敷いて寝転がるオッサンの姿を見かけるのは、やはり生活圏としては「釜ヶ崎」と同一であることを表している。
今日明日の生活もわからぬ浮浪者の真横を、買い物帰りの子供連れの主婦が自転車で颯爽に走っていく。すこぶるハードボイルドな街である。

新開筋商店街

このまま真っ直ぐ歩くと阿倍野区の再開発地区だ。上町台地の段差がそのまま生活圏の壁となっている区境を跨ぐと全くの別世界となる新興団地の住民が、時折こちら側に買い物に来ることもある。

ここにも玉出が

何のことはない。ここにも「玉出」があるからだ。

西成の夜

午後8時ともなると、すっかり街は眠りについてしまう。

あの先にあるのが...

真っ暗となった街の向こうにひときわ輝く、オレンジ色のネオンが…

飛田新地

あの飛田新地である。
急に昼間になったけど気にしないでw

大人の社交場です

言わずと知れた大人の社交場です。ここでは詳しく話さないが。
店の写真撮影はご法度である。もしカメラを出して店の中を撮ろうとしたら、ソッコーでその筋の人が飛び出してくるそうです…

飛田新地は戦災を免れた部分も多く、モダン建築のシブイ建物もあるし、外観くらいなら…と思って一枚こっそり撮ったのだが、本当ならそれすらも危険である。

飛田大門跡

かつて遊郭としてあった飛田。遊女を外に出さないようにしていたのが、この大門の跡である。

鯛よし百番

飛田新地内で唯一、本来の「料亭」として営業している鯛よし百番
飛田遊郭が開かれた大正時代初期に建てられ、当時の建設技術の贅を尽くした豪華絢爛な建物である。
要予約だが、予算は5000円程度で済む。かなり人気は高い。

とりあえず、基本的にはおっかない場所なので早々に退散しました…

>次のページへ

SHINGO☆西成が案内する飛田新地


参考ページ
大阪の安い宿
飛田遊廓 – Wikipedia
鯛よし百番

参考になりそうな書籍

SHINGO☆西成

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る