「 奈良県 」一覧

全37件中 16〜30件目を表示

NO IMAGE

生駒宝山寺新地を訪ねる (3) ここは大阪奥座敷

生駒ケーブルに乗って生駒山地の中腹・宝山寺駅まで足を延ばすとそこはもう日常から隔絶された世界だ。 正月には初詣客が忙しなく行き来する宝山寺駅。臨時の駅員なども...

>記事全文を読む

NO IMAGE

生駒宝山寺新地を訪ねる (2) 生駒ケーブル

生駒の街の麓から生駒山地の中腹に位置する宝山寺を経て生駒山上遊園地に至るケーブルカー「生駒鋼索線(通称生駒ケーブル)」に乗り、しばし下界を離れる事にする。 ケ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

生駒宝山寺新地を訪ねる (1) ぴっくり通り

大阪難波から奈良行きの近鉄電車に乗ると、たちまち市街地を離れて生駒山地めがけて電車は登って行く。山の中腹に造られた石切駅を過ぎると電車は新生駒トンネルの中を突っ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

天理教教会本部・宗教都市「天理」巡礼 (7)

天理教キューピーや天理教キティなどの宗教キャラクターや様々な土産物にうつつを抜かしながらもアーケード商店街をくぐり抜け天理駅方面に向かう。 再びアーケード商店...

>記事全文を読む

NO IMAGE

天理教教会本部・宗教都市「天理」巡礼 (6)

天理教総本山、宗教都市天理のメインストリート「天理本通」には聖地おぢばを訪れる参拝者向けに沢山の土産物屋が軒を連ねている。 お世辞にも繁盛しているとは言えない...

>記事全文を読む

NO IMAGE

天理教教会本部・宗教都市「天理」巡礼 (5)

天理駅から天理教教会本部までを結ぶ全長約1キロのアーケード商店街「天理本通商店街」に沿って天理駅方向に歩いて行く。 天理本通の中でも天理教教会本部に近い三島町...

>記事全文を読む

NO IMAGE

天理教教会本部・宗教都市「天理」巡礼 (4)

天理教教会本部の施設を一巡してきた訳だが、せっかくこの地にやってきたのであれば信者達の祈りの場である神殿・教祖殿だけに限らず神殿南側から眺める景色を是非とも堪能...

>記事全文を読む

NO IMAGE

天理教教会本部・宗教都市「天理」巡礼 (3)

天理教教会本部の中心、神殿・教祖殿を見た後は周囲の施設もどんどん見て行く事にする。 ひたすら広大な信仰空間であるが普段は見ての通りガラーンとしている。これが毎...

>記事全文を読む

NO IMAGE

天理教教会本部・宗教都市「天理」巡礼 (2)

江戸時代末期に成立し、現在も公称220万人の信者を抱え日本を代表する新興宗教団体の一つである天理教の本拠地、奈良県天理市を訪れた。古くは丹波市町の地名だったが市...

>記事全文を読む

NO IMAGE

天理教教会本部・宗教都市「天理」巡礼 (1)

新興宗教百花繚乱な日本各地の都市には様々特徴あれど「宗教団体」を中心に街が成り立っているというような場所はそれほど多くはない。某三色旗教団の本拠地である東京・信...

>記事全文を読む

NO IMAGE

奈良・飛鳥坐神社 天下の奇祭「おんだ祭り」 (4)

奈良県明日香村「飛鳥坐神社」で毎年2月第一日曜日に行われる「おんだ祭り」では、お田植え神事に加えて「夫婦和合」の儀式が公衆の面前で繰り広げられる。言わば公開フ○...

>記事全文を読む

NO IMAGE

奈良・飛鳥坐神社 天下の奇祭「おんだ祭り」 (3)

明日香村の風景を一通り堪能した後に飛鳥坐神社に戻ってくると、既に神楽殿の前は黒山の人だかり。足の踏み場も無い程の混雑を見せていた。 観客席となる神楽殿と本殿の...

>記事全文を読む

NO IMAGE

奈良・飛鳥坐神社 天下の奇祭「おんだ祭り」 (2)

日本建国の紀元、神武天皇を祀る橿原神宮より東へ2キロ。古代日本のロマンが息づく奈良県高市郡明日香村にある飛鳥坐神社では、毎年2月第一日曜日に五穀豊穣を願って執り...

>記事全文を読む

NO IMAGE

奈良・飛鳥坐神社 天下の奇祭「おんだ祭り」 (1)

当DEEP案内の興味の対象は日本全国のDEEPタウン見物だけに限らない。日本各地に点在する土着文化が生み出したけったいな祭の数々にもスポットを当てていきたい。 ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

関西学研都市ダメポツアー (1) 国立国会図書館

大阪だけじゃなくて、関西2府4県にお住まいの方々へ。 「関西文化学術研究都市」には、行った事はございますでしょうか? 茨城県つくば市にある「筑波研究学園都市」...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

大阪DEEP案内へようこそ

2007年7月からサイトを運営しております。関西二府四県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る